Visual Dictionary

  • Day:2011.11.18 14:54
  • Cat:書房
11月18日(金)   曇りのち晴れ

本 Visual Dictionary 2011
<水の生物と昆虫のページ>

久し振りに香港の本屋さんで本を買いました。ここでいう香港の本屋さんというのは、トマトとか写楽のような日本語書籍店ではなくて、中国語の本を売っている、香港の普通の本屋さんのことです。

ドイツ語学校の図書室でみかけた「英仏徳日漢図解詞典」という図鑑のような本。さまざまなジャンルの物事が、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語の5ヶ国語で紹介されているものです。日本語が母国語で、今は英語を話す生活をしていて、フランス語と中国語はそれぞれ留学経験があり、今ドイツ語を勉強し始めた私にとって、この上なくピッタリの本です。
大陸で出版された本ですが、香港でも手に入らないものかと調べたら、けっこうあっさり見つかりました。

(上の写真は、少しだけど拡大できます。不快な部分は塗りつぶしてあります。ご了承ください。)

紀田順一郎さんという人が日本語の翻訳に関わっているようなのですが、ところどころ素人目に見ても翻訳が間違ってます。間違いを発見してしまうと、全体の信憑性も疑いたくなってきてしまうんですが、まあおおむねは正しいものなんだと思います。思いたい。

本 Visual Dictionary 2011

例えば、冒頭の写真のページにあるこちら。これはどう見ても「ウナギ」ではないでしょうねぇ。体の模様や頭の形からいって、「ウツボ」が正しいのではないかと思います。
しかしこれは、全ての言語が間違っていますので、紀田さんの責任とは言えないでしょう。本を作る手順がどうだったのか知りませんが、おそらく単語の翻訳は写真と照らし合わせることなく行われたのではないかと思います。だって、写真と照らし合わせてたらこれがウナギじゃないってことくらい分かりますものね。


本 Visual Dictionary 2011

これは紀田さんの間違いだろうと、私は考えます。なじみのない人には確かに難しいところであろうと思いますが、この舞踊のバレエは、一般的には「バレエ」。バレーと伸ばすのは、バレーボールの方です。残念です。


本 Visual Dictionary 2011

そしてこれ。これはどうなんでしょうか。肩紐のない洋服の紹介ですが、これは現代で私たちは一般的に「ストラップレス」と呼びませんか?ベアトップという言い方もありますが、英語でストラップレスになっていますから、ここはやはり「ストラップレス」が無難だったのではなかろうかと、私は思います。
隣のドレスは「袖なし」だし、そっちに合わせてカタカナ(外来語)ではなく日本語でということであれば、せめて「肩紐」にして欲しかったですね。「肩紐なし」と。


本 Visual Dictionary 2011
<拡大できるよ>

今のところ見つけた間違いはこれくらいですが、そんな小さいことに惑わされずに、じっくりこの事典を楽しみたい。なんたって本当にいろいろなことが載ってます。こんな配管のことなんか、果たしていつか必要になる日が来るのか甚だ疑問ですが。でもね、ヨーロッパって、けっこうこんなことも自分で対処しなくちゃいけなかったり(それがけっこう普通だったり)しますから、そのときはこのページが大いに参考になることでしょう。
他にも鉱物とか大工道具とか、とにかく大体のことはなんでも載っているという印象です。


こんな素敵な本が、香港ではたったの174ドル!内容からしたら本当にお買い得だと思います。
漢字が大陸仕様の簡体字なので、そこはまあ好き好きでしょうけれど、図解事典系の本がお好きな方にはお勧めです。品薄(もともとあんまり仕入れていないんでしょうけれど)ですので、本屋さんへ行く前に、まずは電話で、在庫の確認をすることを強くオススメします。

ISBN: 756003831X
http://www.dkchina.com/per/view_book.asp?id=A20098271727406286083

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。