謹賀新年

  • Day:2012.01.03 10:33
  • Cat:本堂
1月3日(火)   曇り

2012 年明け

あけましておめでとうございます。

このあいさつ、どんなに文字を大きくしても足らないくらいめでたい気分にしてくれますよね。お正月、大スキー!
香港は、昨日2日も1日(日)の振り替え休日でお休みでしたが、3日の今日から通常どおりです。皆様のお正月はどんなでしたでしょうか。

うちは、以下のような理由からちゃんとしたお節調理は作りません。
 1、そもそも作れない(作り方を知らない)ものが多い
 2、私自身がお節料理はあんまり好きじゃない(偏食ゆえ)
 3、殿もお好きじゃなさそうなものがけっこう多い
 4、ありていに言うと準備が面倒くさい

正月 2012

というようなわけで、あんまり正月らしくない食卓です。お餅も私は好きじゃないので食べません。そのかわり、めでたいのでお赤飯です。
ま、食事としてはきちんと成り立っているし、お雑煮とお膾と黒豆が正月っぽいので満足です。(私は、自分のすることに関しては合格点が低いのです。)お腹も一杯になるしね。
しかしこれが日本の正しい正月料理だと思われては困るので、殿にはちゃんと、立派な友人の作った立派なお節調理の写真を見せて、本当はこういうもんなんだということを伝えてあります。


正月 料理 2012
<2012年のメインのお皿>

これが今年のお皿の内容。上から、ちっちゃいローストビーフ(しょうゆ味)、お膾、ごぼう、スモークサーモンのマリネ、黒豆です。
ごぼうと黒豆はCスーパーで買いました。ローストビーフは2本作って、これは一本目なんですが、2本目のほうが中心の赤い部分が残っていて、よりローストビーフらしい姿でした。お膾はゆず茶のあのジャムにお酢とお塩を足して作るんですけれど、もうちょっとお酢を入れても良かったなー。マリネは、玉ねぎの辛味を抜くためにいつも以上に手間をかけたら(水にさらして、塩もみして、洗って、さらに絞る)、本当に辛くなくって美味しかったです。


正月 料理 お雑煮 2021
<2012年のお雑煮>

今年のお雑煮は、鶏の胸肉を使いました。うーん、ももで作るほうが私は好きだなと思ったので、来年はまたもも肉にします。それから葉っぱは小松菜ではなく豆苗にしました。香港では豆苗の季節ですからね。
里芋のイキが良くって、皮を剥くときも切るときもあっちこっちへ逃げようとして大変でした。落ち着け、里芋!
そして、あまり考えずにどんどん野菜を切っていたら、明らかに大根とニンジンの量が多く、結局切った量の半分しか使いませんでした。(余っている分は、今夜、お味噌汁にします。)どおりで切っているとき、なんか今年は大変だなーと思ったわけだ。

この他、私はこの機会を逃すと他に着るときがないので着物も着ました。衿芯が行方不明だったので衿芯なしで着たら(代用できる紙もなかったの…。)案の定いろいろうまくいかず、とりあえず着物で食事をして、記念撮影だけして、さっさと脱ぎました。あんな着付けでは外へも出られませんからね。
着物の上に割烹着を着るのが夢だったのですが、これも達成され、まあ最終的には非常に満足です。


今年もボチボチのんびり更新をつづける所存です。どうかよろしくお付き合いくださいませ。
生活全般での今年の抱負は、元気はつらつ、ファイト一発を目標に、いろいろなことをあまり深く心配しすぎず、気楽に日々をすごしていくこと。しかし同時に去年に引きつづき、脇しめて、顎引いていく所存です。えいえいおー。
それから、私の周りの人たちみんなにとって良い一年となりますように。みんなが元気に、幸せに過ごせますように。世界も、少しでも平和な年になりますように。(と言っているそばからイランが怪しいですね…。)

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。