香港の春

  • Day:2012.04.07 10:33
  • Cat:本堂
4月7日(土)   曇り
「受難日の翌日」という名の祝日

自動販売機 2012
<冷たいコーンスープ>

サボってたせいで、もう最後に更新してから一ヶ月も経っちゃったのですね。怠け癖が出ちゃって、嫌なことです。

さて、春節を過ぎて少ししたころから香港は春真っ盛り。日本の春は冷たかった空気が暖かくなってきて、花のつぼみもほころび、サクラの満開で気持ちの上でも雰囲気の上でもピークを迎え、だんだんと初夏に向けて進んでいくという感じですが、香港の春はちょっと趣が違います。


暖かくなるのは同じです。なんたって春ですからね。こちらでもやはり三寒四温を繰り返して徐々に気温の高めの日が多くなっていきます。花のつぼみもほころび、そこここで花が咲いているのを見かけては、ああ春だなぁ…と思います。
ここまではいいのです。日本と同じ。これだけなら、「わーい、春だ、春だ♪」と喜んでいられます。
三月と2月の終わりの日記にも書いてありますが、香港は春になると湿度がググッと高まってきます。日本と同じ感じで春は雨も降りますが、そのせいもあってかとにかく湿度が高い。また今年は特にひどかったように思うんです。90%台後半の日が多かった。体も心もダル~い日が、私にも幾日かありました。
ここんとこもまた曇り+ときどき雨などという空模様がつづくので、気持ちが萎えがちです。腹踊りとドイツ語のときだけはなんとか奮い立てて家を出ますが、それ以外の日はもうなるべく閉じこもってダラダラしています。…あれ?天気がどうあれ私はそんな感じかも。えへ。

ここまで湿度が高いのは好きじゃありませんが、気温も高くなってきてくれたのは嬉しいこと。そろそろ衣替えをしようかな…などと考えないでもありませんが、面倒だし、まだあと一回くらいはグッと気温が下がることが毎年あるような気がしないでもない(油断させておいて、多くの在留邦人に衣替えをさせておいて、あざ笑うかのようにガクッと下がることが毎年ある気がする)ので、もうちょっと待ちます。4月も後半に入ればいよいよ大丈夫でしょう。

こういう季節の変わり目というのは、気温の高低に関わらず風邪を引きやすいものです。私もなんだか鼻風邪なのか、鼻水とくしゃみが最近つづいています。いわゆる花粉症の皆さんほどひどくはないし、窓の開かない家の中でそうなので(外に出るとそうでもない)、ただの軽い風邪ではなかろうかと考えております。あれ?ハウスダスト…?

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。