2年ぶりの帰国 その2

6月13日(水)   雨

2012 日本 ゲーテ
<Goethe-Institut Tokyo 図書室>

東京は、私たちが香港に戻ってくる日に入梅宣言されたんですが、香港もやっぱりこの時季は雨が多いです。肌寒くなったりすることはなく、暑いまま、雨のせいで湿度だけは更に高くなるのが香港式…とは言え、気温の上がり方は緩やかになるので、この時間はまだ27度とかですけれども。(今日の予想最高気温は30度。)

さ、面倒になる前に東京日記の後編です。

6月4日(月): 殿のお誕生日
今日は新宿であれこれ買い物だ!と思っていたのですが、金曜日にかけてもらったパーマが、日曜日の朝に髪を洗ったら襟足の方だけ明らかにゆるくなってしまったので、美容院に電話をしてやり直してもらうことになりました。
3年ぶりのパーマですし、私はカラーリングもしていないので、髪が比較的健康でパーマがかかりにくいんだそうですよ。やり直してもらうことがときどきあります。特に、襟足の方の髪の毛というのは、血行の関係で誰でも頭頂部の髪に比べると元気がいいらしく、かかりにくい(とれやすい)んだとか。

2時からの予約になったので、それじゃついでに先日行かれなかったゲーテ・インシュティトゥート東京(ドイツ文化センター)の視察に行こうじゃないか。(美容院は明治神宮前なので、九段下からだと半蔵門線で同じ方角。)美容院のあとはクレヨンハウスで友人の出産祝いの絵本を買うことにしよう。

青山一丁目で下車。地上に出たところすぐに郵便局があったので、絵葉書を送るために郵便局で切手を買いました。
郵便局を出て、地図で確認しておいたとおりに道を進んでいきます。カナダ大使館を通り過ぎて、公園の角を曲がって(正確には公園の中を通り抜けました。だってその方が気持ちがいいんだもん。)、迷うことなく到着しました。
ドイツ語学校だけの建物ではなく、ドイツ関連の機関がいくつか入った建物らしく、香港のゲーテよりも立派です。立地もいい。ま、香港もアートセンターですから、そう悪くはありませんけれども、東京の方が断然いいなぁ。

用があるのは図書室ですので、まっすぐ図書室に向かいます。香港のゲーテの図書室だと、あるのはドイツ語、英語、中国語で書かれた本ばかりなんですが、日本のゲーテなら日本語の本があるだろうと思いまして。もちろん、たくさんありました。中でも、ドイツ語名詞の性について書かれた本がけっこう面白かったです。

美容院の予約の時間が迫っているので、後ろ髪引かれつつゲーテをあとにしました。地下鉄の駅に向かいながら、そう言えば、この辺ってツイン・タワーのある辺りじゃなかったかしらネェ…などと、少女時代の記憶を掘り返していたら、地下鉄の出口のあったその建物がそれでした。ああ、やっぱり。
地下鉄に乗る前に本屋さんでオール読物を買って、いざ美容院へ!明治神宮前が最寄り駅なんだけれど、表参道で乗り換えるのも面倒だし、表参道から歩けないわけでもないので(明治神宮前から歩くよりも5分くらい遠い程度)、表参道から歩いたわけですが、この日は暑くて、やっぱり明治神宮前からにすれば良かったかなぁなんてちょっと後悔しました。実際には200mくらいしか変わらないんですけれど、美容院へ行くにはあっちからの方が歩きなれているので、心情的にもっと近い感じがするんですよね。しかしそれでもこの日は風もけっこうあったので、アチー!と思いながらもときどき吹く強い風が気持ちよかったです。

美容院では襟足だけやり直してもらったのですが、それでも2時間くらいかかりました。お昼を食べていなかったので、クレヨンハウスに向かう途中、帰ってきたWendy'sでチリビーンズを食べました。おいしー♪

クレヨンハウスでは色々迷ったけれども5冊選び、お店を出たのが6時少し前。クレヨンハウスは椅子とテーブルが用意されていて、本をしっかり吟味することができるので時間がかかっちゃいます。

私がホテルに戻ったのは6時半~7時の間くらい。殿は8時過ぎにやっとホテルに戻ってきて、これからトニーロマに行こう!と言うじゃありませんか。私はこの日はなんだか疲れていてそこまでの食欲がなかったので、ええー…と不満を漏らすと、「だって僕の誕生日だもん。トニーロマに行きたいんだ」とおっしゃる。誕生日、そうだった。それなら仕方がないわと思っていたら、どうやらよっぽどお腹が空いていたらしく、トニーロマに行くまで待てないから、今日はやっぱりホテルのレストランで済ますと言い出しました。あら、そりゃ良かったわ。


6月5日(火):
今日は新宿で買い物!
都営新宿線に乗ってもいいけれど、ちょっと思うところがあって飯田橋に向かいました。新宿では紀伊國屋がメインなので、その前に飯田橋のブックオフでほしい本が売られていないか確認するためです。残念ながら、私が欲しい本はここにはありませんでしたが、それでもなぜか他の本を3冊ほど買ってしまいました。ブックオフ、恐ろし店…!(白目)
飯田橋から中央線に乗って新宿へ。今日は東急ハンズにも用事があるので、東口の紀伊國屋本店ではなく、南口の更に先の高島屋の向う(っていうか、ここってもう代々木じゃん?)の支店に向かいます。東急ハンズの方が手前にあるので、まずは東急ハンズへ。ここでは予想に反して微妙に用が足せませんでしたが、まあ仕方がありません。隣の紀伊國屋に向かいます。

紀伊國屋では、ドイツ語の学習書を買うのです。何冊か欲しい本があって、大体のものは置いてあったのですが、実物を見ながらいろいろ考えているうちに、辞書以外のものはあまり必要ないように思えてきてしまいました。
結局、NHKラジオのドイツ語講座のテキストが半年分まとまったものがあったので、リストにはありませんでしたがそれと、初級ドイツ語でも読めるように書かれたドイツ語エッセイの本と、買おうと思っていた辞書の3冊を購入。
それから、ガラスの仮面48巻と、来月行くマドリッドのガイドブックも買いました。これで、最初のブックオフと合わせて本が8冊。ああ、買い物袋が重い…。
今日は一眼レフも持っているので、なんだかすでに肩が痛いです。

お腹が空いたので、高島屋の11階催事場で行われていた「大学は美味しい」という催しに向かいました。そこで、信州大学の開発した、ルチンが通常のそばに比べて3倍もあるというお蕎麦を食べました。あー、美味しいわぁ。

腹ごしらえと足休めが完了したら、今度は薬局と電気屋さんへ。
ソンバーユが欲しいので、龍生堂に向かいました。ソンバーユに加えて、(週刊文春で広告を見た)胃薬、(最近流行の)ロキソニン、生理痛の薬(エルペイン)、殿のアフターシェーブ(いつも使っているものが切れてしまったため)、歯ブラシ(超コンパクトヘッドが欲しい!)、ビオフェルミン(香港で買うよりも安いだろうし)などなどを購入。ああ、重いわ…。

電気屋さんでは、一眼レフのレリーズと、顔用の電気かみそりと、デジタル放送に対応した録画用DVD-RWを買うのが目的です。どこでもいいんですが、大きいヤマダ電機ができていたので、そこに入りました。
まずは顔用のかみそり。色々悩んだけれども、結局は値段優先で安いのにしました。剃れればそれでいいんだ。
それからDVD-RW。最初に向かったコンピューター周辺用品を売る階にはなくて、聞いたら録画用はAV機器売り場だと。腕も肩も痛いけれど、頑張ってそっちへ向かって無事購入。

さあ、あとはレリーズを買えば終了だ!カメラ用品売り場に向かいました。もう疲れちゃったので、売り場に着くとすぐに店員さんを捕まえてレリーズのありかを聞きます。私のカメラ(Pentax K200D)を見て、純正品はないけれどそれなら…とレリーズを色々と見てくれましたが、どれもパッケージ上では対応機種にK200Dの文字が見つかりません。あっちいったりこっちいったりして調べてくれたんですが、どうやらないっぽい?
いくつかある中の一つはペンタックスには対応していて、ペンタックスのほかのモデルが対応機種として挙げられていたので、「これ、ダメですかネェ?」と訊ねると、「試してみましょう!」と、店員さんがパッケージを開けて私のカメラに接続。シャッタースイッチを押すと、カシャ!っとシャッターが下りました。「あ、大丈夫ですね!」と二人で声を揃えて笑顔になり、それも無事購入。純正品よりも安いし、あー良かった。

さー、疲れたからもう帰るぞ!とエレベーターに向かう途中、魔のデジカメ展示ゾーンを通り抜けるのですが、そこでコンデジって最近はどれくらいのお値段なのかしら…なんて目を向けてしまったのが運のつき。
1万円以下のものがけっこうあるじゃありませんか。ほほぉー…と思って近づき、手に取り、売り場に表示されているスペックを確かめる。1万円以下のものだと、こんなもんかー(大したことない)と思いながら、いくつか見ていると、店員さんが近づいてきてしまいました。「何かお探しですか~?」と言うので、正直に「いや、安いなーと思って…。( ̄∇ ̄*)ゞ」と言うと、「あー、この辺のは安いんですけど、理由があるんですよねー。例えば…」と、安いわけを色々と教えてくれました。
ああ、そういうことかぁ。それじゃあなんだな…などと考えていたら、「1万円以下で今お買い得って言ったら、ルミックスのあれですネェ」と、隣の列にあるのを指差しました。
そっちを見せてもらうと、確かにあっちにあった1万円以下のモデルのものよりも良さそう。根掘り葉掘りスペックの確認をして、あーでもないこーでもないとお兄さんと話し、そしてついに買ってしまいました…。
ち、小さいのが欲しかったんです!安かったし、いいんです!…でも、しばらく殿には伏せておこうと思って、現金で買いましたけれど。

納得した上とは言えカメラを買ってしまったことをちょっと反省しながらホテルに戻りました。
8時半ごろ、殿がひどく疲れた顔で戻ってくると、さあごはんを食べに行こうと言いながらも、疲労困憊でそのまま服を脱いでベッドに入って寝てしまいました。昨日、ちっとも眠れなかったそうなんです。そりゃまあ気の毒に。
ホテルってのはこういうところが不便ですね。スィートに泊まっていれば別ですが、普通はベッドのある部屋しかありませんから、一人が寝たらもう一人も電気を消して寝ないといけません。私は軽く夕食をとりたいし、まだ眠れるほど眠くもないし、外で2~3時間ほど時間を潰すことにしました。
飯田橋に方面に歩いて、はなまるうどんでおうどんを食べ(美味しい!)、またブックオフに行きました。時間をかけてじっくりまわり、欲しかった漫画が105円コーナーにあるのを発見したのでそれらを購入。すぐ近くにあるプロントに入って、タバコの煙と戦いながら漫画の一冊を途中まで読み、もう時間も良さそうなのでホテルに戻りました。

あー、今日は買い物に次ぐ買い物だったなぁ。



またしても長くなりすぎたので、残りはまた後日。ちゃお☆

Comment

ナマステ―。 おつかれでした。
やっぱり殿に随行してらしたのね。
あたくし、仕組みがよくわからないんだけどあのSBフォンに
今メールを送ってもそちらでは受信できないのよね??
  • 2012/06/13 15:12
  • ひょっと子
  • URL
■ひょっと子ちゃん
ナマステー!
そうなの、くっついてったのです。
おかげで便利な場所のホテルに滞在できました。笑
あのSB電話は、日本にいるときだけ使えるプリペイドの契約なので、
今はメール送ってもらっても届きませぬ。
(あれは電話番号が日本のだし、そもそも通信信号の違う香港では
日本の携帯電話は使えないしね。)
普通のメールアドレスの方によろしくぅ。
  • 2012/06/13 16:04
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。