2年ぶりの帰国 その3(これで最後)

6月15日(金)   曇り

2012 日本 代々木八幡 銀杏
<代々木八幡の銀杏の芽>

台湾の方は大雨・洪水で大変なようですが、香港は全然平気。今も台風が台湾方面に進んでいるようなので、また被害が大きくなるのかなぁ。

面倒にならないうちに、残りの帰国日記を書き上げます!えいえいおー。

6月6日(水):
今日は実家に行って、私室の整理。
午後1時ごろに到着する予定でホテルを出発し、ほぼ予定どおり実家に到着。祖母や伯父と少し話した後、自分の部屋に向かいました。
もう必要のない服、靴、カバンなどなどを片っ端からゴミ袋に入れていきます。それだけの作業なのに、長時間やっていると大変疲れました。大体、いらないものを右から左へというだけの作業なのに、それに3時間以上も費やすなんて、一体全体私はどれだけ要らないものを溜め込んでいたのか…!と。おかげで、クローゼットの中はだいぶ整理できました。
しかし、いらないものはまだまだたくさんあります。この一日では到底全ての整理はできないので、次回帰国のときに残りの分に手をつける所存。

私の家は漫画がたくさんあるので、新しい漫画の一冊でも読む時間が欲しいなーと甘い期待をしていたのですが、甘すぎました。そんな時間はありませんでした。ああ、残念。
しかし母がSWANの続編の2巻を持たせてくれたので、帰りの電車の中でそれを読みました。いやー、最後の部分を読んでいた東西線の中では驚きの展開に涙がチョチョ切れて、どうしようかと思っちゃいましたよ。リリアナー!(TдT)

この日は、お昼ごはんは4時ごろ実家で母の作ってくれたおにぎり(しらすと昆布)と、インスタント味噌汁。晩御飯は、しっかり食べている時間がなかったので、母の作ったトン汁を一杯。どちらも懐かしく美味しかったです。


6月7日(木):
やっと何の予定もない日がやってきました!\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/
私は帰省中はのんびりすごしたい派なのです。買い物や友人に会うために外出するのはいいのですが、毎日それが続くのはイヤ。家でボーっと漫画を読んだりテレビを見たり、それだけの日というのがどうしても欲しいのです。(香港では毎日そんなですが、やっぱり日本とは気分的にちょっと違うしねー。)
しかし、これまでのように盛りだくさんではないというだけで、まだ少し用事がありますから、やっぱり外出しました。

まずは、代々木八幡にお参り!都営新宿線で新宿へ。小田急線に乗り換えて代々木八幡。
神社のネコに挨拶したり、お参りしたり、写真撮影したりしている間に3箇所も蚊に刺されました。そしてその蚊は3箇所目を刺しているときにバッチリ仕留めました。思い知ったか!かなり痒かったのですが、白花油的なスーッとする油を持っていたのでそれを塗布して乗り切りました。

代々木八幡のあとは、まあここまできたので渋谷にでも行くか…ということで、バスに乗って渋谷へ。日本のバスは、香港のバスと違って超安全運転ですね。遅い!ゆれない!
東急本店のところで下車して、センター街にあるBook・Offへ。ええ。また行きましたよ。だって、欲しかった本をまだ全部手に入れていないんですもの。ここは大きいお店なので、期待が高まります。
ジェーン・エア上下、ありました!いぇーい。各350円。105円のコーナーにも下巻はあったんですが、こっちはページが焼けて黄色っぽくなってる。350円の方はまだ白っぽくきれい。私は古本は好きなので、ページが焼けているのは気にならないし、場合によってはむしろ好ましいのですが、上巻の方は350円のしかないので、上下で本の状態がちょっと違ってしまうんですよ。それがどうもイヤで(変なところにこだわるんですネェ、私は)、350円の方で揃えました。
レジへ向かう途中で、は!( ゚д゚ )と思い出したのが三島由紀夫。「複雑な彼」と「お嬢さん」が欲しかったんだわ!!と、また文庫本の棚に引き返し、三島由紀夫のところで「お嬢さん」をはっけん!!いぇーい。もう一冊の方はありませんでしたが、満足です。念のため105円コーナーの方も見てみましたが、こっちにはありませんでした。

そろそろお昼を食べるころなので、大戸屋と五右衛門と迷った末、五右衛門へ。なんか豚しゃぶののったスパゲティーにしました。予想した味とちょっと違ってあれだったんですが、美味しいからいい。しかし五右衛門は、あの角ばった割り箸を角の丸いものに替えてくれるといいのになー。だんだん指が痛くなるんだよね。

それから色々なお店や300円ショップ?とか100円ショップとかをダラダラ覘いて、漫画喫茶で1時間足休め。読みたかった漫画がなくて不満ですが、足は休まったのでヨシとしよう。

早めにホテルに戻って、時代劇など見ながらダラダラしました。


6月8日(金):
今日も用事のない一日!\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/
朝食後、北の丸公園を散歩して、ホテルの部屋に戻ってテレビを見ていたらだんだん頭が痛くなってきました。それがどんどん痛みが増していって、仕方がないのでロキソニンを服用して、果たしてこのロキソニンってやつはどれくらい効くんだろう…と楽しみにしてみたんですが、私の場合というか、頭痛の種類にもよるのか知りませんが、今回はゆるく効いた感じでした。薬を飲んでから1時間くらいで痛みはなんとなく弱まったんですが、まだ痛いというか違和感があるというか。

そう言えば小川軒のレーズンウィッチを買うんだったと思い出し、夕方、着替えて新橋へ。新橋へは、まず東西線で大手町へ行き、東京駅から山手線。
新橋には小川軒カフェというのがあって、そこのオムライスを食べたいと思っていたのですが、このカフェが2年前くらいに閉店しちゃったらしく残念に思っていたところ。
カフェは閉めてお菓子だけにしたのかーと思っていたら、レーズンウィッチのお店で、あのカフェをやっていた小川軒(代官山のレストラン、小川軒)と、このレーズンウィッチの小川軒(目黒と新橋の巴裡 小川軒)は、まったく別の会社なのだと教えてもらって驚きました。同じ名前で同じビルの中に入ってるもんだから、てっきり同じ会社かと思っていましたよ。因みに、鎌倉の小川軒も別なようです。
調べてみたら、どうやらこういう歴史なんですねー。元は一緒。今度は食べ比べてみよう。御茶ノ水にもあるんですね!

それから、気になっていたサングラスを買いに有楽町へ。サングラスの製造元に問い合わせたら、有楽町のビックカメラと丸井で売られているというので、まずはビックカメラの言われた売り場へ。
ちょっと探しても見つからないので店員さんに訊ねたら、なが~く待たされたあと、その店員さんが非常に申し訳なさそうな顔をして戻ってきました。取り扱ってないそうです。(´・ω・`)
仕方がないので丸井へ。しかし有楽町の丸井ってどこだったかしらネェ?駅前の地図を確認するも見つからず。駅で聞いてみるかーと、ガードをくぐって駅の反対側の方へ歩いていったら、あった!そして、無事サングラスを発見し、購入に至りました。

ホテルに戻ってからは、少しずつパッキングを始めてしまおうと思って、洋服をまとめたりしながら殿の帰りを待ちました。が、いつまで経っても帰ってこないじゃありませんか。もーお腹がすいた!これ以上は待てん!と、財布を握ってコンビニへ行こうとしたところ、携帯電話に電話がかかってきて、「もうごはん食べた?あ、今買いに行くところなの?そりゃ良かった。ぜひそうして。僕はもう食べたから」と。食べる前に連絡を入れろー!と思いつつ、コンビニでおにぎりと小さいうどんを買ってきて、東京滞在最後の晩餐を済ませました。


6月9日(土): 香港に戻る
チェックアウトの時間を遅くしてもらったので、部屋でのんびりパッキングを済ませ、バスを待ち、リムジンバスで空港へ。
殿とは違う便だったので、先にゲートへ向かう殿を見送って、まだもう少し時間があるので私はお店をあれこれ覘いてお菓子などを買いました。
殿とは10分違いくらいで香港に到着したので、香港の空港でまた落ち合って一緒に帰宅。11時ごろ、ただいまー。やっぱりうちが一番だわぁ。



というわけで、あわただしい日々を送って、家族以外には誰にも会わず、香港に戻ってきました。次の帰国はもっとゆっくりしたいなー。やっぱり3週間は欲しいですね。

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。