ジェニファーちゃんと無線LAN

11月27日(火)   曇りときどき雨
寒い!

11月27日 2012 天気
<気温が低いが湿度は高い>

こんにちは。みなさま、いかがお過ごしですか。香港は天気が悪いです。11月はベストシーズンなんて言われてますが、今年ばかりはその限りにあらず。ここんとこ、毎日冴えない空模様で、今日はおまけに寒いです。
天文台の週間予報もご覧のとおり。気が滅入りますねぇ。

さて、ところでジェニファーちゃんですよ。けっこう快適に使っていたんですが、PCとの接続に問題がありました。今日はそのことについて書くので、そういうのに興味のない人はつまんないと思います。
しかも長いので、時間のない人もやめておいた方がいいと思います。


PCとの接続はBluetoothで行ってましたが、なんだかそれもとても不安定。できる日もあればできない日もあり、さくっとつながることもあれば、どうやってもつながらなかったり、携帯からPCに送信できても、その逆ができなかったり、とにかく必要なときに必ず使えるというものではありませんでした。これに関しては、ジェニファーちゃんではなく、PCの方に問題があるんじゃなかろうかとにらんでいるんですが、解決策が分からないので(Lenovoに電話するのも面倒だし)、別の手段をとることにしました。

USBケーブルを使うのは面倒だし、SDカードを抜き挿しするのもあまりにも面倒なので、あとはWi-Fi接続のみ。
ということで、それに取り組み始めたんですが、これが長かった。ああ、長かった。(´Д`)

使用したアプリはこれ。
WiFi File Transfer
smarterDroid
価格:undefined  平均評価:4.5(4,997)
サイズ: 409k



私の環境は以下:
PC= Windows7 64Bit
携帯= Sony ST26i(Xperia J) Android 4.0.4
無線LAN(有線なし)


+++++ここから先は、私が別所に記した日記です。
問題解決に至った記念に、こちらにもアップしておきます。+++++


ジェニファーちゃん(我が携帯電話)とレノボン(我がPC)のWiFi通信がちぃっともできません。
昨夜、二人の優しい友人から、私が直面している状況から予想される問題点の示唆を受け、今朝はそれを検証することに時間を費やしております。



1 Pingコマンドで携帯電話のIPが正常に通らないことを確認
(アンチウィルスソフト、ファイアウォールOFFで再挑戦、失敗) ←9時半



2 携帯に上記アプリを入れ、試すが失敗



3 両者の結果から、無線LANの問題の可能性が浮上



4 子機どうしの接続…無線LANの設定の問題?  ←11時半



5 PCのネットワーク画面で
Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapterというアイコン発見 ←12時



6 発見したアイコンの機能を有効にして、やっと開通!  ←14時20分




1) なつかしのDOS画面を開くコマンドプロンプトで、携帯電話のIPでPingってやつが通るかどうか検証。→正常に通っていない。
Reply from が、入力したのとは違うIPになり、結果は Destination host unreachable となる。
アンチウィルスソフトやファイアウォールが通信を邪魔することもあるそうなので、両者をOFFにして再度挑戦するが、結果は同じ。

2) 上記アプリをインストールし、試してみるが、上手くいかない。
(これはPCのブラウザに指定されたURL=携帯電話のIPを入れてSDカードの中を見るというもの)
URLを入れても、ページが開けない状態。FirefoxでもChromでもダメ。
アプリのヘルプに従い、指定されたURLを携帯電話のブラウザに入れて、ちゃんとつながるか見てみると、ちゃんとつながる。アプリ開発者によれば、この場合はアプリは正常だけれど、ネットワークに問題がある、と。

3) そこでない脳みそを絞るように考えをめぐらせ、やはり無線LANとの接続にどうも問題が生じているのではないかという結論に至る。

PC ⇔ 無線LAN ⇔ インターネット は正常

携帯 ⇔ 無線LAN ⇔ インターネット も正常(だって、FB投稿とかできるもん)

携帯 ⇔ PC が異常

…と思っていたけれど、もしやこれって

携帯 ⇔ 無線LAN ⇔ PC が上手く行かないってこと?


つまり私は、携帯電話とPCが両者の電波を直接受信しているのかと思ってたんだけれど、家の中で同じネットワークに接続されているという状態では、それはやっぱり間にルーターさんがいての接続ってことなのかと、今さらになって考え始めたわけです。

4) で、じゃあルーターさんを親として、PCは子機とすると、携帯電話も子機になるので、子機どうしの接続の問題…というところに思い至り、それでそう言えば、昨夜友人の一人にその可能性を示唆されたよなぁと思い出しました。
同時に、もう一人の友人にはアドホックモードというものを示唆されたなぁと思い出しまして、結局はなんかその面倒な設定をしないと行かんのか…?というところまでたどり着きました。



で、今日のこの数時間で新たに得た観点を踏まえ、改めてPCとスマホのWifi接続ができないことについて検索すると、アドホックモードの他、アクセスポイントの設定という手があることが分かりました。(←11時半)

両者の違いが分からんので、それぞれ何なのか調べます。嗚呼。



<12時>
5) コンパネからネットワーク関連をもう一度確認すると、おや?Wireless connection 2として、Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapterというアイコンがあるぞ。「接続されてません」になってる。

こりゃなんだ?ということで、調べました。

『Wireless Hosted Network 機能を使うことで、1 つの物理的なワイヤレス アダプターを仮想化し、複数の無線ネットワーク アダプターとして機能させることが可能です。また、Wireless Hosted Network 機能を使用するソフトウェアにより、Windows 7 をインストールしたコンピューターを無線アクセスポイントとして機能させることができます。』

マイクロソフトはそう言ってます。

と、いうことは?これを設定するとジェニファーちゃんの問題が解決されるのではないか?と思ったのですが、接続の設定がなにやら厄介で、やる気が起きません。

もう少し検索を続けます。



<14時20分>
6) 難しそうなのでさんざん迷ったけれど、あちこち何度も何度も読んで、件のMicrosoft Virtual WiFi Miniport Adapterを有効にし、携帯のWifi接続先を、今までの家のネットワークから、PCに変更して、改めてWifi File Transferを起動したら、やっとつながったぁ~!\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/
ああ、長かった。頭が疲れました。

+++++苦節5時間+++++


さて、問題解決の鍵となった Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter というものを有効にするためには、これもやはりコマンドプロンプトで黒いDOS画面を開かないといけません。
こちら http://www.akakagemaru.info/port/internet-softap.html
こちら http://ww24.jp/パソコン/windows-7でアクセスポイント化
こちら http://juliekou.com/2390
を、参考にしました。

私のPCは、前述のように最初からアイコンが見えている状態だったので、
netsh wlan set hostednetwork mode=allow ssid=任意の名前 key=任意のパス keyusage=persistent
を入れるところから始めました。

で、このバーチャルWiFiミニポートアダプター(MVWMA)が接続されたところで、携帯のWifi接続先を変更しました。今まではPCが接続されているのと同じネットワークだったのを、(MVWMAを有効にしたことでPCがアクセスポイント化されたので)PCにつなぐようにしました。
つまり、今までは

    [インターネット]
       |
       |
  □-----●-----△ 
(PC) (ルーター) (携帯)

だったのを、

  [インターネット]
   |
   |
   ●-----□-----△
(ルーター) (PC) (携帯)

という感じにしたってことなんじゃないかと思ってます。

そもそもそうしないと使えないアプリなのかどうかは分かりませんが、とにかく私の場合はこれでやっとつながるようになりました。もしもこういうWifi系のアプリでPCとつなげない!という問題をお持ちの方がいたら、参考になるかなーと思いつつ、したためております。


<追記>
このMicrosoft Virtual WiFi Miniport Adapterというものの接続は、PCがスリープモードになったりすると切れるのがデフォルトらしい。つまり、PCが目覚めるたびに機能を有効にしないといけないということで、これがちょっとのことなんだけれど、けっこう面倒くさいです。

そこで、いちいちコマンドプロンプトを開かなくても機能のON/OFFが簡単にできるようにしました。前述のリンク先にもあったことですが、他のサイトも読んでみたりして、やっとなんのことだったのか解りました。
接続用のバッチファイルというもんを作ります。

ここまで書いた手順を踏んだ上で…

1)何でもいいので、テキストエディタ(例えばノートパッド)を開く
  ↓
2)netsh wlan start hostednetwork と書く
  ↓
3)適当な(start_wirelessとか)名前をつけて保存
  保存先はデスクトップとか、行きやすいところでいい(どこでもいいようだ)
  名前のあとにすぐ「.bat」とつけること (例:start_wireless.bat)

同じように、切断用に netsh wlan stop hostednetwork というのも別に作っておく。名前も適当につけてね。
保存した場所(例えばデスクトップ)に、歯車が重なったような絵のアイコンができます。

Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapteを接続するとき
接続開始の方(start)のコマンドを書いたファイルを右クリック>「管理者権限で実行する」>たぶんなんか注意のメッセージが出るので、「はい」>一瞬コマンドプロンプトの窓が開いて、接続が開始される

Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapteを切断するとき
切断の方(stop)のコマンドを書いたファイルを右クリック>「管理者権限で実行する」>たぶんなんか注意のメッセージが出るので、「はい」>一瞬コマンドプロンプトの窓が開いて、接続が切断される


このコマンドが自動的に実行されるようにするには、タスクスケジューラーで設定できるようですが、私はとりあえず二つのファイルをデスクトップにおいて実行することで、コマンドプロンプトを開くよりもずっと楽になり、それで充分満足しているので、スケジューラーに組み込むかどうかは後々考えます。

組み込みたい人は、こちらを参考にしてはいかがでしょうか。
  →Windows7 無線アクセスポイントを起動時に起動する設定
  →Windows7のタスクスケジューラの設定方法

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。