衝撃の事実

  • Day:2005.05.17 16:04
  • Cat:食房
5月17日 (火)   曇りときどき晴れ

■衝撃の事実、その1
それは、先週の土曜日、青い衣と書く場所で「世界小麦粉親善大使」(そんなものありません)のF教授の非常に有意義な講義を拝聴した際、われわれ迷える子羊たちに知らされました。
小麦粉は、強力粉だった。


不幸にもその場に居合わせなかった迷える子羊たちにも分かるように平たく言うと、それがね、奥さん。香港のパークンとかウェルカムという地元密着型スーパーで、広く一般的に「麺粉-Plain Flour」と書かれて売られている粉は、日本で言うところの「強力粉」なんだそうですのよ。厳密に言うと、中力粉から強力粉の間くらいなんですって。ご存知だった?もう私なんか驚いて、前後不覚になっちゃったくらい。
それじゃ、日本で言うところの「薄力粉」はないのかと教授に聞いたらね、ないんですって。あらあら、どうしましょう。

さて、焦ったのもつかの間、賢明な私はすぐに、薄力粉だろうと強力粉だろうと大して変わらないということに気づいたのでした。いや、あくまで私の生活の中ではですのよ。私が小麦粉(として使ってきた麺粉)を使うものって、魚のムニエルやソフトトルティーヤや、あとはホワイトソース(ベシャメルソース)くらいなものですし、この4年と少しの間それで全く問題なかったのですもの。まあ、もとが大雑把な性格ですから、それを大した問題とも思わないのでしょうが。

日系スーパーへ行くと、粉売り場に日本の薄力粉や強力粉が割高な値段で並んでいますが、F教授によると、世界中で、小麦粉が薄力だの強力だの一般家庭のレベルにおいてまでクラス分けされているのは、日本くらいなものなのですって。どうりで欧州滞在中にピザを作ろうと思って、ピザ生地のために強力粉をスーパーで探したのですが見つからないはずね。メモしていったのが日本人が日本語で書いたレシピだったので、薄力粉と強力粉とそれぞれ使うことになっていたのでしょう。

土曜日、帰宅してから英語のお料理サイトやイタリア語サイト(暗号解読に近いけれど)にざっと目を通してみたところ、どれもこれも粉は粉、小麦粉としか書かれていませんでした。そうか、そうだったか。日本人て、こういうところを見ても几帳面なのね。

どうやらね、薄力粉とか強力粉って、たんぱく質をはじめいろいろな成分の含有率が違うらしいんですけれど、因みにうちにあるウェルカムで買った「No Frills-特惠牌」の麺粉は、100グラムあたりのたんぱく質は10gでした。皆さんもお台所へ走ってこの表と比べてみて。なんだかこういうの、面白いわねぇ~。

小麦粉について理解を深めるサイト、小麦粉のおはなし


■衝撃の事実、その2
さて、衝撃の事実はそれだけではありませんよ。香港一!と言われているエッグタルト屋さんが、家賃の値上げで閉店に追い込まれそうなんです。いくら景気が回復してきているったって、一挙に110%、8万ドルの値上げだなんてねぇ。無茶な話にもほどがあるっつーの。私がこのニュースを新聞で読んだのは先週でしたけれど、土曜日の講義の帰り道にご一緒したお友達に話したら、彼女もここのタルトがお好きだということで、中環まで足を伸ばしてきました。

私は、ここのタルトを食べるのはこれが初めてなのですが、お店の近くまで行ったら行列ができていました。みんな、ニュースを聞いてやってきたのでしょう。20分か30分、文字どおり額に汗して並び続け、やっと手にしたタルト。焼き立てで熱々でした。お店の外の張り紙には、家賃の値上げで5月25日で閉店と書かれていました。新聞の記事によると、香港の議会議員が間に入って家主と交渉したり、新しい店舗を探すことなどに協力しているらしいですが、今のお店は閉店しても、どこかに移転してくれることを心から願わずに入られません。だって、美味しいんだもの。一つ3.5ドルとやや高級ではありますが、美味しい!

私がシンセン大学の留学生だった頃、まだ香港の返還前の話(パークンショップが赤かった頃の話)ですが、尖沙咀にも一軒美味しいエッグタルトを売る店がありました。あの頃、ひとつ1ドルで、やや小振りではありましたが、タルト生地(エッグタルトだってのにパイ生地にしている店、好きじゃありません)もカスタードも甘すぎず、香港に来るたびに舌鼓を打ったものです。そのお店も、いつの間にか閉店。香港は美味しいお店が何の前触れもなくあっさりと閉店してしまいます。家主は一ドルでも多く家賃を払ってくれるテナントが入れば嬉しいのでしょうが、これって「都市の魅力」という観点から見ると、すごく残念なことじゃないかしら。

今回の議会議員の仲介は、これと同じような考え方から行われている模様です。エッグタルトは香港の文化の一つであるから、ましてやこのような歴史が長く評判も良い店をみすみす閉店させるなんて、香港にとって大きな損失となるという考えらしいです。これには私も大賛成。

とにかく、今のところお店は5月25日までの営業となっています。今のうちに食べだめしておこうかな。揚げドーナツも食べたいし…(土曜日は売り切れでやんした)。

二つ買ったエッグタルトの一つを殿にあげようとしたら、エッグタルトはあまりお好きではないんですって。殿は先入観のようなものが強い傾向があって(要するに頑固)、例えばインドカレーが好きではないのですが、(名称上)同じカレーということで日本のカレーも嫌なそうです。日本のカレーは食わず嫌いです。料理にカレー粉が少し使ってあるようなのは、美味しいとか言って食べるのに、変なの。エッグタルトは、以前食べたのがあまり美味しくなかったそうで、もうそれ以来食べてないらしい。以前どこで食べたのか聞いたら、台湾だって…。プリンとかシュークリームとかは好きな殿が、エッグタルトは嫌いだなんて、よっぽど不味いのを食べたのか?
そりゃ、香港で寿司を食べたら美味しくなかったから、寿司の本場、日本のお寿司も美味しくないはずだと言って嫌うのと同じことですがな。と、そう言ってやりましたが、それでも聞かないのが殿です。さらには、香港には15年くらい住んでいながら、香港・大陸・台湾・マカオの文化の違いをあまりよく分かっていないことも判明しました。
いいもん、独りで食べるからさ。

泰昌餅家」  32,Lyndhurst Terras Central(中環 擺花街32号)

Comment

わたしも プリンだのシュークリームだのは好きですが、香港のダンダッはキライです(殿に一票w)
bonbon嬢が行かれた中環のお店のも、パッテンさんの顔写真に惹かれて数年前に食べましたが、やっぱり好みではありませんでした。
あのタルト部分がいやなので、マカオ式のパイ生地のは好んで食べます。
4ー5年前、雨後のたけのこのごとくあった「マカオ式エッグタルト屋」は今や一軒もなくなりましたね
流行る前からあったお店も とばっちり(?)で閉業してしまいました(涙;;
  • 2005/05/17 16:55
  • うらら
  • URL
■うららさん、
おおっ!そうですか。なるほどねぇ~。
やっぱり、人の好みって様々ですね。
私はタルト生地が好きなので、パイだとガッカリなのですよ。
マカオ式エッグタルト屋、なくなりましたねー。どこへ行ったんでしょうか。あれは焦げ目がついているというのも特徴でしたが、うららさんは焦げ目も好きなのね。前は澳門餐廳とかいうチェーンのレストランで売ってた気もしますが、もう売ってないのかな。
  • 2005/05/17 19:24
  • bonbon
  • URL
  • Edit
マカオ式も香港式も好き派です。泰昌のは香港のデザートの特徴である、「ちょっと甘味が足りないんでねえの?」系のほのぼのとした甘さが好きです。
夫はパッテンさんと違ってこれ苦手です。それは学校で出てきたカスタード(卵・牛乳)系のデザートが滅茶まずかったのが生涯あとを引いているようです。
  • 2005/05/18 09:35
  • メラ
  • URL
■メラさん、
そう、あの中途半端な甘さが良いですね~。
メラ家の夫君も、エッグタルトは苦手ですか。なるほど。
そもそも、エッグタルトって欧米人には人気があるんでしょうかね。アフリカやアラブ・インド系の人たちに言わせると、パンチ(甘さ)が足りなさそうだけれど、欧米のケーキもめちゃくちゃ甘いから、やっぱり甘さが足りないと思うのかなぁ。
  • 2005/05/18 10:50
  • bonbon
  • URL
  • Edit
えっ~!そんなぁ~。今まで薄力粉だと信じて麺粉を使っていました。
bonちゃんと同じで揚げ物やホワイトソースにつかっていました。私も全く違和感なく食べていました。
粉に細かくこだわるからこそ、美味しいケーキとかパンが日本にはたくさんあるのかしらね?

麺粉が薄力粉じゃないと知っても、私も大雑把な性格ですから、今まで通り使っちゃうと思います。
今日は、勉強になったなぁ~。
以前、家の近所にも美味しいダンタッを売るお店がありました。1個3ドルと、家の近所の相場からすると高いのですが、甘さ控え目で美味しかったです。(うちのダンナはそこのダンタッが香港1と言っております。)
でも、ある日突然店じまい。
香港って、美味しくて人気があっても突然閉店してしまうから寂しいですよね。
  • 2005/05/20 22:14
  • Hachi
  • URL
そうかーそうだったのかー!
ピザを作るときは、青目率の高い地域のウエルカムとかでパン用のを買ってたよ。
くそぉ、家にあったのでできたのか!

エッグタルト、ラードを使うと聞いてからちょっと苦手になりますた・・・
■Hachiさん、
えっと、二人のHachiさんが同じ人物と思って返事します。
違ったら教えてください。ごめんなさい。
そう言えば、香港の洋菓子屋さんはどうしてるんだろう?ケーキ作るのに、麺粉でやってるんだろうか。スポンジ部分が美味しくないなぞを解くカギはこれだったのかな?
香港は本当に人気のお店でもあっさりと閉店するのが寂しいね~。そこのタンタも食べてみたかったなぁ。

■ちょいさん、
そうでしょう、そうでしょう。悔しいでしょう。
高いお金出して特別なものを買う必要などなかったのですね。
えっ!ラード使ってるの?太りそうだな。どこにラードを?タルトの部分?それともカスタードにラード?
  • 2005/05/22 11:55
  • bonbon
  • URL
  • Edit
2人のHachiさんは同じ人物です。(笑

姪が生まれてから1歳までは毎月お祝いに地元のパンやのケーキを食べさせられていたので、すっかり地元ケーキのスカスカのスポンジに慣れてしまいました。
慣れって恐ろしいですな~。
  • 2005/05/22 16:24
  • Hachi
  • URL
■Hachiさん、
あ、やっぱり同一人物でしたね。安心しました。
香港のケーキ屋さん、やっぱり麺粉を使ってるのかしら。スポンジがふわっとしてませんよねぇ。なんかずっしりしてるというか。粉も悪いけれど、作り方もあまりよく分かってないのかな?スポンジは混ぜるのが難しいですからね。
  • 2005/05/23 10:29
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。