Basa蒸し焼き

  • Day:2005.05.23 11:18
  • Cat:厨房
5月23日 (月)   晴れ

健康のために、肉ばかりでなくて、

もっと頻繁に魚を食べるべきである。

という信念を持って生きてまいりましたが、これがなかなか難しい。
何故というに、私は調理された魚以外の海の幸が苦手です。潮の匂いもあまり好きではありません。よって、スーパーなどの魚コーナーや、魚屋さんの生臭い匂いが好きではないので、幼少の頃からそれらの場所は避けて生きてまいりました。手が臭くなるという理由から、生の魚に触るなどということもあまり好ましいこととは考えなかったので(動物の死体の解剖とかは嬉々として行っていましたが)、家でも魚料理の手伝いは避けてきました。
それでも、何の不便もありませんでした。そう、実家に暮らしている間は。

香港で暮らし始めて、それと同時に台所担当の生活が始まり(パリ時代も子守+台所+家事全般担当だったけれど、それどころじゃなかった)、自分の健康と殿の健康がこの私の肩にかかっているのだと意識して初めて、自分が魚を使った料理をさっぱり作れない(作ったことがない)ことに思いが至りました。
Soleという白身魚の切り身を使ってものすごい当てずっぽうのムニエルもどきなどは作れるものの、この魚以外でのメニューが思いつかない。臭いのを我慢して魚コーナーを徘徊しても、見慣れぬ魚たちばかりが並んで、さっぱり私の脳内豆電球を光らせない。嗚呼、お母さん…。魚料理を手伝わなかったツケがこんなところで回ってくるとは、よもや思いもしませんでした。未熟な私をどうぞお許しください。と、月明かりの下ひざまずきたい衝動に駆られましたが、メニューが思い浮かばない理由は、何も私がお手伝いをすすんでしなかったからだけではないということに、ふと気づきました。(ポジティブ思考)

さてその理由とは?それは、私が想像する魚料理というのが全て日本料理であったという点です。つまり、魚を使った洋食のメニューが思いつかないのです。因みに、bonbon亭の食卓では日本料理はお蕎麦くらいなもの。日本料理に欠かせない調味料も醤油くらいしかありません。

そんなこんなで4年が過ぎました。殿は、自分の好きなものが出されている限り食べ物に特にうるさくはないうえ、変化よりも安定を好むタイプなので、新メニューの開拓を要求されることもありませんでした。私のほうはと言えば、機会があるたびに魚コーナーをうろついてきましたが、見慣れない魚を買って失敗に終わることを恐れ、いつの間にか、まるで殿のように安定を望むようになってしまっていたのです。

しかしどうしたことか、最近また貪欲に挑戦する精神がむらむらと湧きあがってきました。この機会を逃してなるものかとばかり、最近は以前よりも熱心に魚コーナーを回るようになりましたが、ああ、新たな挑戦がこんなに勇気のいるもんだったなんて!意気地のない私は、やはりいつも最後の勇気を出せずに何も買わないか使い慣れたSoleを買うかに止まっていました。

けれど、失敗を恐れてばかりいては前進することができません。勇気を、神様、私に勇気をお与えください!と、祈るような心で、半ばやけっぱちになって今まで買ったことのない魚を手にしました。(と言っても、手に負えるような見かけの魚を選んだことをここに正直に告白しておきます)

さ、前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。というか、新しい魚を使った料理のレシピです。今回は、調理法よりも、新しい魚を使うことに意義があります。
DSCF1272-2.jpgDSCF1273-2.jpg

新しく買った魚とは、Basaというベトナム産の魚。なんだかよく分かりませんが、白身のようです。肉厚で、脂がのってます。香港の魚の相場が分かりませんが、これ(定価)は安いのか高いのか?大体こんなもの?(写真はクリックで拡大できます)


bonbonのBASA蒸し焼き

20050523100722.jpg


DSCF1275-2.jpg

用意するもの:
魚(今回はBasa)、トマト、玉ねぎ、ネギ(野菜は好みで)、ニンニク、塩、コショウ


作り方

         
DSCF1274-2.jpg0) 魚に塩を振って20分くらい室温で放っておきます
   20分後、表面に出てきた水分をキッチンペーパーでとって、コショウを振ります
   (写真は皮の様子を見せるために一切れ裏側になってますが、本当は身を上にしておいておきます)


DSCF1276-2.jpg

1) その間に野菜を切ります

DSCF1277-2.jpg

2) ニンニクを炒めます

DSCF1278-2.jpg

3) ニンニクが香ってきたところでネギを投入します

DSCF1279-2.jpg

4) ネギが香ってきたところで魚を投入
   (海の魚らしいので、身から焼きます。川魚は皮から。川魚でした!皮から焼きましょう。)

DSCF1280-2.jpg

5) ひっくり返して皮の方も焼きます
   (このあと蒸すので、大体火がとおっていれば良し)

DSCF1284-2.jpg

6) 魚の上に残りの野菜を載せて、塩コショウと、水を少量(50ccくらい?)
今回は忘れましたが、水の代わりに白ワインを入れればもっと美味しいはず!

DSCF1283-2.jpg

7) 蓋を閉めて、弱火で20分蒸し焼きにします
   (玉ねぎとトマトがしんなりするまでは蒸し続ける)

DSCF1285-2.jpg

出来上がり。今日は、ブロッコリーとご飯を付け合せに。スープは、レタスとコーンとグリンピース。で、合計ちょうど10品目。


Comment

うちも和風の魚(干物とか切り身に塩振ってグリルするまたは煮付ける)以外で魚といえば中華の蒸し魚くらいだなぁ~ 洋風の魚料理は白身をソテーにするくらいしか思い浮かばない・・・・・(フィッシュ&チップスのフィッシュを除く) 

ひろちゃんの手抜き料理(定番)の一品としてはぶつ切りにした魚の白身に塩コショウして、適当に野菜を切って(火が通りやすい大きさ) アルミホイルに切り身を並べ野菜を乗せて香草類ものっけてバターを落としてちょっと白ワインなんかもふりかけてそのまま包んでオーブンで焼く ってのがあります あんまり変わりばえしてなくてごめんなさい
  • 2005/05/23 13:14
  • hiro
  • URL
はじめまして・・・
イタリア風のような・・・中華風のような・・
でもおいしそうですねぇ・・家は、シンプルで、焼くか・・揚げるか・・・煮ちゃうか(あっ・・・良く考えたら全部でしたね。生はフィレンツェでは食べられませんので・・ふるい)
殿のご感想は、いかがでいらしたのでしょうか?
それにしても、この金魚。よく見てたら、目が回ってまいりました・・

検索したらこんなんあった
http://www.g-boc.com/vbt/j/search/detail.php?NO=13205&VBT_NO=731&zone=2&keyword=&from=non_ipn1

なまず科の魚だそうです
  • 2005/05/23 13:45
  • 詠み人知らず
  • URL
■hiroさん、
ホイル焼き…、したい。簡単だし洗い物は少なくてすむし、いいよネェ。オーブンがあったころは、私もよくやりました。
ね、洋風の魚料理って、あまり思い浮かばないでしょう?しかも殿はサーモンステーキがお嫌いなご様子なのよぅ。私は好きなんだけれどもネェ。

■ihokoさん、歓迎光臨☆
いらっしゃいませぇぇェ~~~!
やっぱりネギを入れちゃったあたりが中華風ですかね。魚が臭いかもしれないので、臭みが取れるかと思って。
…はっ!今思ったんですが、水の代わりに冷蔵庫にあった白ワインを入れれば良かったんだ!そうすればネギを入れずとも臭みが取れたかも!ま、私はネギが好きだし、ネギは美味しかったですが。
殿も大変ご満足のようでした。

イタリアでは、どんな風にお料理しますか?もっと詳しく知りたいっ!

またのコメント、お待ち申し上げております。
  • 2005/05/23 13:55
  • bonbon
  • URL
  • Edit
■読み人知らずさま、
って、これhiroさんでしょう?
ありがとう!私も検索してみたのですが、これは見つからなかった。キーワードが悪かったのね。
川魚であることが判明。皮から焼くべきでした。
  • 2005/05/23 14:02
  • bonbon
  • URL
  • Edit
princesa bonbon

魚料理に白ワイン。フライパンでの野菜料理にも白ワイン。
イタリアでは欠かせません。
お肉の時は赤だけど・・・私はお肉も魚も匂いが駄目なので・・入れるわ入れるわ・・・
家のブログも、リクエストにより、珍しい野菜の調理法(例)を載せますので。また見てくださいね。


  • 2005/05/23 14:31
  • ihoko
  • URL
■ihokoさん、
ああ、こんなにお早い再来とは!(感動
今、ihokoさんのところにコメントしてきたところです。

なるほど、イタリアではどぼどぼワインを使ってお料理するのですね。香港もなぁ、ワインがもう少し(高くはないけれど、もっと欧州並みに)安かったら、私も心置きなく料理に使うんだけれどなぁ。今は限られたものにちびちびとしか使えません。
  • 2005/05/23 14:45
  • bonbon
  • URL
  • Edit
ホイル焼き、わたしはフライパンでやっちゃいますよ。
ま、焼きではなく「蒸し」ですけどね。
あとはフライパンの上にクッキングシートを敷いて焼き魚(網焼きより煙が出ない)
油で焼くよりヘルシーだと思います。
(殿のお気に召すかどうかは別として)

bonちゃんちの近くのウェルカムは鮮魚コーナー(パック売りでないコーナー)ありませんでしたっけ?
うちの近所のパークンにはあるんですけど、あそこは 海魚と川魚のコーナーに分かれているので、海コーナーで買っておけばそれほど生臭いのには当らないと思いますよ<一般的に川魚のほうが生臭い
  • 2005/05/23 15:01
  • うらら
  • URL
■うららさん、
あのウェルカムは、肉類は充実してますが魚はだめです。鮮魚コーナーはあってもなくても良いんだけれど、パックのお魚も種類が少ないです。魚は近所のパークンで買います。
しかし、同じSoleでも、臭いときと臭くないときがある。どうしてだろう?日本の魚はだいたい臭くなくて美味しいですよねぇ。
中国・香港の中華料理屋でも、魚はどうも生臭い気がするんですが。

クッキングシートの焼き魚。それってソース次第で洋食にできるってことですよね?焼いた魚に醤油をかければ和食だし、オランデーズソースとかをかければ洋食ですよね?
クッキングシートで電子レンジで蒸したことはあります。美味しかった。あれは殿も気に入ってました。
  • 2005/05/23 15:13
  • bonbon
  • URL
  • Edit
ごめん ごめん 名前入れるの忘れてた 汗

クッキングシートはいいアイデアだ!グリルがなくてもフライパンで焼き魚ができる!油いれなくても表面カリッ!となるかも あとはソースを工夫して・・・・・・

  • 2005/05/23 21:35
  • hiro
  • URL
■hiroさん、
うふふ、言わなくたって分かっちゃったもんね~。

ところで、バサってベトナム語で「ナマズ」って意味なんですね。なにやらアメリカ向けの輸出で、米国産のナマズとこのバサとの価格差でちょっと問題があったのか?とにかくそれで、Catfishって表示はやめて、Basa(またはTra)としたらしい。
そうか、これはナマズだったのか。アニメ「トム・ソーヤーの冒険」で、トムとハックがよくナマズ釣に行ってるんですが、釣ったナマズを「美味そうだなぁ~」と言うんですね。幼い私は「ナマズって美味しいのか?」と疑問に思っていたんですが、Basaに限って言えば美味しいということが悠久の時を超えて判明しました。
  • 2005/05/23 22:02
  • bonbon
  • URL
  • Edit
うんうん 最初写真見てSABAかいな?とおやでぃギャグをとばしちまいました。

どうやらBASAちゃんはCatfishの安価代替品としてアメーリカに輸出されている模様 ということはBASAちゃんは安くて美味い! 100円寿司の代替ネタと同じ感じだね

天気悪いね 美黒はもうちょっとまたないとダメね
  • 2005/05/24 09:45
  • hiro
  • URL
こんにちは、Hachiさんに聞いてやってきました。何度か覗かせていただいてます、みぃと言います。
家でも、この魚買ったのですが、日本名(というか、何の魚かが)判らなくて、なまずの一種だったんですね。
脂がのってたので、私は単純塩焼きにしました(ちょっと水分なくてぱさぱさっぽかったので焼く1時間前に塩と料理酒して冷蔵庫へ)。
最近、soleは、スティック状にしてから味付けしてフライ(ずるしてから揚げ粉も使います)にしてます。
■hiroさん、
そうそう、安くて美味いのが、アメリカの漁業関係者には気にくわないんでしょうね。でもさ、この二切れで約25ドルって、肉に比べたら高いなと思ったんですが、魚はこんなものか?いや、肉が安いのか。

■みぃさん、歓迎光臨☆
いらっしゃいませ+はじめまして。
そうそう、この魚はナマズでした。脂がのっていて美味しいですよね。
簡単に塩焼きが美味しそうなんだけれど、うちは和食はほとんど食べない+作らない+作れないので、こんな風に料理してみました。殿は、魚にソースがかかっていないと、どうも食べにくいみたいですね。今回はこの蒸したお野菜をソース代わりになさいと行って食べさせました。(笑)
Soleは、蒸すのとムニエルにするの以外では、一口大に切って野菜と一緒に炒めたりもします。
魚をもっと開拓しようと思います。
  • 2005/05/24 10:24
  • bonbon
  • URL
  • Edit
25ドルは高いか安いか意見が分かれるかもしれませんが

姐さん 13ドルならお買い得でっせ (拡大写真参照 笑
  • 2005/05/24 12:37
  • hiro
  • URL
あたしは焼き魚が一番好きなので、
とりあえず、いけそうなのはパークンで買ってきて焼きます。
オーブンをグリルにして、網のほうに乗っけて、鉄板に水いれて・・
なんちゃって、お魚グリルぅ~~~
洋風ものは作りません、ってかできないし。(笑)
レッドスナッパーは塩焼きにするとうまいっす。
西洋には塩焼きってお料理はないんですか?
ってか、殿が嫌いなのかな????
なんてったって、白ぶどうソースだし。(笑)
■hiroさん、
ええ、13ドルだから買いました。
失敗してもあんまり悔しくないと思って。(笑

■めぐさん、
レッドスナッパーってのもイケるんですね。φ(..)メモメモ
もしやそれってめぐさんちで鯛と呼ばれているやつ?
洋食では魚のグリルってあるけれど、だいたい何かソースをかけて食べる気がする。ので、塩焼き+ソースかな。味が嫌いというよりは、殿は、肉や魚を食べるときにソースがないと何かが欠けているような気がするらしい。私たち日本人で言うと、冷奴を醤油なしで食べるような気分?または、焼きナスを醤油なしとか。秋刀魚に醤油も大根おろしもなしとか。
  • 2005/05/24 15:31
  • bonbon
  • URL
  • Edit
そうそう、我が家では鯛を呼ばれてます。
あーーーでも、爆笑。しょうゆ無しひややっこーーーー!
そか、味覚の違いか?文化の違いか?
秋刀魚に大根おろしないと許せないもんねー
殿も気持ちも分かるわーーー(笑)
■めぐさん、
お、鯛ですね。
今度買ってみます。
そうそう、醤油なし冷奴とか言われると、ちょっと理解できる気もするでしょう。(笑
  • 2005/05/24 19:20
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。