本格四川担担麺

  • Day:2005.06.02 19:44
  • Cat:食房
6月2日 (木)   晴れ

るるるん るん るん♪ るるるん るん るん♪
るるるん るん るん るん るーん♪

(名作「花の子ルンルン」の節で)


今日はとっても美味しい担担麺2回目っ!!
前回はあまりの美味しさと辛さに頬を赤らめやや放心状態になってしまった私ですが、今回はどうかしら。期待を胸に家を出発したわけですが、待ち合わせに遅れました。ごめんなさい。

ありがたいマダムMが事前に注文を通してくださっているので、お店では待つだけ。
ああ、出てきた出てきた。この、一瞬拍子抜けするような真っ白の麺。しかしこれを混ぜると(カーソルで写真に触れてください)、下に隠れていたジャン(醤)が麺全体にからんでやや赤黒くなるのです。と同時に、それはもう素晴らしく魅惑的な匂いを放つようになります。(四川の担担麺は汁なし)

念入りによく混ぜたところで、さぁ、一口!大変美味しゅうございます。
やっぱり四川料理はただ辛いだけではないんですね。辛さの奥にいろいろな味というか香りがする。辛さにとても深みがあって、食べるものをその深い深い穴の中へ落とすのです。そこはとても居心地が良くて、なかなか出てくることができませんが、心配御無用、出てくる必要もないのです。

と感慨に耽っていると(お喋りは止まりませんが、実はその裏でいろんなことを考えて味を分析しています)、おや、もうこんなに食べてしまったわ。第一回目は感動とその辛さのあまり、果たして食べ切ることができるだろうかと危ぶんだものでしたが、今回はわりと平気。もちろん、興奮に頬をバラ色に紅潮させてはおりますが、お箸は止まりません。実は目の前に、副菜として頼んだ紅油抄手(雲呑のラー油がけ)も到着しているのですが、もう担担麺が美味しくて、そちらに手が伸びません。すると、お店のお姉さんがやってきて「こっちも食べなさいよ」と注意していきました。はい、食べます。

素直な私たちはお姉さんの命令に従って雲呑を食べ始めました。アラ、美味しい!餡も良いんですが、私は特にちょっと厚みのあるその皮が気に入りました。つるっとした食感で、滑るようです。皮がいいネェ、皮が。
それから少しして、副菜のもう一品であるジャガイモ料理が到着。どうやらこれは「土豆泥」というものです。茹でたジャガイモを潰して、バターみたいな油と塩とネギのみじん切りと混ぜたもの。見た目はシンプルな一皿ですが、これが美味しい。辛いものの間に、ほっと一息です。
(これら副菜の写真は、本日のもう一人の担担面戦士団員のブログでご確認ください)

炭水化物のオンパレードで満腹になった私たちが次に向かうのは、天后の甘味処。ここもマダムMに2度ほどお連れいただいておりまして、それぞれ黒ゴマプリンとマンゴープリンに舌鼓を打ちました。今回は、香港のデザートのポピュラーな一品、楊枝甘露をいただきました。あー、美味しい♪

今日も大変有益な会話を楽しませていただき、私たち担担麺戦士団の午後は幕を閉じたのでありました。

四姐川菜」(私房菜です。要予約)
Unit 289, 2/F, Kowa Building, 285-291 Lockhart Rd, Wanchai

昌昌甜品
香港天后電気道7号

Comment

朝っぱらから、強烈なものを見てしまったおもいでございます。困った・・・困った・・・・
これで・・きっと本日は、いや、多分1週間ほど、担担麺に悩まされ、イタリアでは、どこでもお目にかかることなど出来そうにない、この事実に果てしない苦悩が始まるものと思われます・・・
あぁ・・・せつない・・

それでは・・本日も・これにて失礼をいたします。
  • 2005/06/03 12:42
  • ihoko
  • URL
こんにちわ。
お天気がよろしゅうございますNe。
お、美味しそう・・・(じゅうるルルル~
お口に運んで味わいとぉございます。(笑
予約が必要なんですね?ご一緒に(とんでもないですね。自分の性分をわきまえます。すみません・・・)とは恐れ多いので、Tel番号お分かりでしたらお教え願えますか?
  • 2005/06/03 13:13
  • 10ha10ha
  • URL
■ihokoさん、
申し訳ありません。(笑
ああ、イタリアで担担麺は想像しにくいですね。ないでしょうね。
わかったわっ!!一時帰国の際に、香港経由(または本場四川経由)にするってのはどうでしょう?

■10ha10haさん、
えっと、夜は予約が必要なそうです。昼間は、飛込みで行っても担担麺は食べられるそうです。
ちょっと普通のレストランではないので、見つけにくいとは思いますが、それでも食べる価値があります。本当に美味しい!
電話番号など、メールしますね。
  • 2005/06/03 13:25
  • bonbon
  • URL
  • Edit
旨かったズラッ♪
またいくべぇ~っ!
一緒にいってね、何と言っても、永久に行きなり行ってタンタンメンしか食べられないとうことになりまつ・・・。

それにしてもお姉さんの用をたしてる姿が脳裏から離れません、、、
うきょぉぉぉ~!!
>第一回目は感動とその辛さのあまり、果たして食べ切ることができるだろうかと危ぶんだものでしたが、今回はわりと平気。

あのね・・今回のは馬迷基準では“中の下”辛だと思います。ほら、辛さをどうするか今回聞かれなかったでしょ?でも馬勝ったね。

>るるるん るん るん♪ 
るるるん るん るん♪
るるるん るん るん るん るーん♪
(名作「花の子ルンルン」の節で)

あ、「夜明けのスキャット」の節じゃないのね。
(最近「逆鯖」読みに走るのが快感。)
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/yoakenosukyatto.html
  • 2005/06/03 19:20
  • 馬迷
  • URL
おいしそう~~~。ぜひ食べてみたいです。偶然にも私も今日ランチの後のスイーツタイムに、タンタンメンを五人でシェアして食べる、といった事がありまして、あら?タンタンメンっておいしいのね~~~って思ったところでありました。タンタンメンを極めるなんてのもいいかもですね。こんなサイトもありましたし。http://www011.upp.so-net.ne.jp/hktantanmenking/
■がー子ちゃん、
うんうん、美味しかったわネェ。今回アロワナの餌付けショーは見られなかったけれど、きっとお姉さんのそれは、ショーの代わりだったのよ。サービス精神旺盛な店だわ。(感心

■馬迷さん、
あ、やっぱり?私も実はひっそりとそんな風に思ってました。だって、本当に平気だったんですもの。ま、私にはあれくらいがちょうど良いとも言えなくもないんですが。前回は「大辣」でしたっけ。馬勝ちましたね。

ところで、ルンルンといえば私の中ではこれ以外には存在しません。この「夜明けのスキャット」も好きですけれども。(鯖読みをかわす作戦)

■ichikiさん、
美味しいのですよ!そりゃもう本当に!!
ご紹介のサイトは、もうかれこれずいぶん長く私のPCのお気に入りに登録されております。担担麺への愛を感じるサイトですよね。
ここの担担麺は文句なしに第一位ですが、普通の麺屋さんで食べられるものでは、好好上海小館の担担麺が私は好きです。
  • 2005/06/04 11:58
  • bonbon
  • URL
  • Edit
>るるるん るん るん♪
>るるるん るん るん るん るーん♪

幸せをもたらすといわれてる
どこかでひっそり咲いている
花を探して 花をさがしていますぅぅぅ~♪
(名作「花の子ルンルン」の節で)

うひっ♥

>馬迷さん
やっぱりアレはさほど辛くなかったのですねッ!
だってGarden全然へへへのへっちゃら出ゴザイマシタから♪
今度は是非、激辛を注文して対決勝負挑むッ(笑)
BonBon嬢、MsGarden。

ルンルンといえばこれかな・・・あと林真理子かな

http://www001.upp.so-net.ne.jp/meisaku/meisaku/other/kasi.html#1978-1

・・・よくぞおっしゃってくださいました、MsGarden。その挑戦受けて立ちましょうぞ。馬迷、逃げも隠れもせぬゆえ、さぁ、いざいざ!
  • 2005/06/04 12:17
  • 馬迷
  • URL
■がー子ちゃん、
あ、ルンルンファンがここにもっ!

んだ。また行くべ。

■馬迷さん、
ああんっ!ペリーヌじゃありませんか。
春の風が やさぁしくぅ~♪
今BS2で再放送中で、ほとんど毎日見ております。ああ、ペリーヌ。強い子。
マルクールに着いてしばらく経ちますが、冬が近づいてきました。少しずつ、おじいさんの信頼を勝ち得ています。孫の名乗りを上げる日も近い!

えっと、それじゃ私はその対決の審判員を務めさせていただくということで、話がまとまりましたね?
  • 2005/06/04 15:58
  • bonbon
  • URL
  • Edit
坦々麺美味しそう!
まずはランチから今度行ってみようかな。
このデザート屋さんはお散歩がてらよく行きますよ~。
■chicさん、
どうぞどうぞ、お行きになって。
もう美味しいのなんのってね。
このデザート屋さんも、いろいろ美味しいですね。ゴマプリンがお気に入りです。
  • 2005/06/04 16:38
  • bonbon
  • URL
  • Edit
湾仔に行く用事があったので
さっそく行ってきました。(辛いの大好き!)

私房菜だったのですね。
・・・坦々麺にはお会いできず(涙)
一人$150のセットランチでした。
(それはそれでおいしゅうございました。)

土曜がそうなのかもしれませんが、
予約を入れれば麺類も応じると言われてしまいまして。
次回はぜったいに坦々麺食べるぞ!!

花の子ルンルンと言えば、
MTRの中で大音量でこの歌の着信音を
エンドレスで聞いているオタク系若者がおりました。
寒い車内がもっと寒くなったことは言うに及びません。
■けりさん、
おおっ!なんてフットワークが軽いんでしょう。
やっぱりセットのものも美味しいですか。
週末は昼間でもセットなのかしら…
次回は是非、担担麺を!
あ、そう言えば私房菜だと書いてませんでしたね。書いておきます。

花の子ルンルンがMTRで…!
かなりマニアックなオタクですネェ(オタクってみんなマニアだけれど)。
着信音に設定できるってのが驚きです。
  • 2005/06/04 19:16
  • bonbon
  • URL
  • Edit
やっぱりbonbonさんもおきにいりの坦坦麺のHPでしたね~~。当然です。今日はいろいろあり、Menuを選べる状況ではなかったのですが頭から坦坦麺が離れません。月曜日自由時間にワンチャイまで繰り出す予定です。
  • 2005/06/04 21:22
  • ichiki
  • URL
■ichikiさん、
このお店は、あのサイトの私房菜カテゴリーでも紹介されてますよね。そこにも書かれているとおり、要予約です。が、昼間はだいたい飛び込みでも担担麺だけは食べられるそうです。が、やっぱり基本は予約だそうです。因みに、広東語か普通話しか通じませんので、もしも言葉のほうが問題でしたら筆談のご用意をおすすめします。(笑
ところで、Menuとは?
  • 2005/06/04 23:13
  • bonbon
  • URL
  • Edit
え??bonちゃん、今ペリーヌ物語の再放送してるの??
それをいってよぉ~(笑)
それって、ハウス食品提供だったあのシリーズ全部してる??
トムソーヤとラスカルとラッシーの再放送をするときはおせーてください。
放送日はbonちゃん邸に終結しまつ。(迷惑極まりないw)

>馬迷さん
おぉ~挑戦状受けていただけたのですね。
楽しみじゃぁ~(笑)
負けませんよぉ~(笑)
■がー子ちゃん、
ハウス名作劇場の全シリーズをやっているかは知らないけれど、
ペリーヌの前はフランダースの犬だった。
月曜日から木曜日まで、毎朝11時半くらいからやってます。
トム、面白いよネェ。大好き!ラスカルはずいぶん前にやってたような…。ラッシーって、名犬ラッシー?それは見たことないなぁ。
  • 2005/06/05 09:18
  • bonbon
  • URL
  • Edit
こんにちは。先日 Bonbonさんが予告されてたWANCHAIのお店はやはり
四姐川菜でしたか。
今や本場流の汁無しが食べられるのはここぐらいになってしまった悲しい現実。
けっこう Bonbonさんは山椒&辛子がバリバリの超刺激的麺がお好きなんですね。
日本の担担麺のような甘辛をイメージしている
方は本格派の味にびっくりしてしまうかも
しれません。

私房菜にしては値段もリーズナブルだし
オススメの店ですよね。
でもご指摘通り 広東語&中国語的世界なん
で覚悟&度胸を持って臨む必要あり。

さらにもう一人の担担麺戦士より

PS ichikiさん
香港担担麺 ご利用いただいているようで
有難うございます。これからもよろしく
お願いします。



■担担麺マスターmacchiさん、
戦士だなんて、macchiさんはマスターの称号に値します。
だって、四川まで食べに行っちゃうくらいですもの。
あ、こちらには初めてですよね。歓迎光臨☆
そうなんです、私、花椒が大好きなんです。
http://srtabonbon.blog3.fc2.com/blog-entry-116.html
やや熱く語ってみました。
辛いものもけっこう好きですが、そんなに強いというわけでもありません。
前回一時帰国のときに日本でちょっと食べた担担麺の間の抜けた味と言ったら!
中国人のやっている店でしたが、全くダメでした。あんなの、担担麺じゃなーい!

私はあそこ、普通話が通じるので平気ですが、言葉が出来ないとちょっと難しいですよね。まず、ビルのドアを開けてもらうのが…(笑
  • 2005/06/05 19:42
  • bonbon
  • URL
  • Edit
行ってきましたよ!
二時過ぎに行ったので、貸し切り状態でした(なので店内は暗かった・・・)。
わたくし、玉のような汗が額から首筋から流れ落ちるのを拭き拭き、堪能させていただきました。
お店の看板お姉さまは、わたくしたちを横目に見つつ、瓜子をパチパチと爽快にたてながら暇をつぶしておりましたよ。(笑
次回はコースで訪れてみようと心に決めました。
  • 2005/06/07 17:53
  • 10ha10ha
  • URL
私もマダムMにご案内いただいて、行ってきました。MaQが閉店して以来、久々に山椒の醍醐味を堪能。おいしかった!山椒はぴりり、お口の中は麻痺状態。これがたまりません。
そういえばMaQを知ったのはSCMP紙だったのですが、当時、英吉利人の女性がフードライターで彼女の大のお気に入りだったんです、この山椒ギンギンの坦々麺。

macchiさんのHP拝見しました。すごいです!荷李活道のあそこも、頼めば坦々麺食べられるのですね!
  • 2005/06/07 18:29
  • メラニン
  • URL
■10ha10haさん、
とても辛いけれど、美味しかったでしょう?
私もいつか、夜のおまかせコースを食べてみたいものです。

■メラニンさん、
美味しいですよねぇ~。今回は、夜ややお腹が痛くなっちゃいましたが。(笑
中環にあるほうも、昼間ひょっこり行っても大丈夫なんでしょうかね。macchiさんのところの解説ではダメそうだな。そっちのも食べてみたい!
  • 2005/06/08 00:47
  • bonbon
  • URL
  • Edit
全日本花椒普及促進会 会長様

日本人でここまで純粋に花椒にはまっていらっしゃる方
は珍しいですね。さすが会長です。

日本の山椒とは香りや味が全然異なりますよね。
きっと四川省に行かれたらはまりますよ。
ぜひ成都にいってくだされ。

もしかして
my花椒を携帯されてる?





■Macchiさん、
そうなんですよ、山椒と花椒は匂いが全く違いますね。
でね、この粉末のものはとても便利なんですが落とし穴があるんです。それは、辛くないこと。多分、挽きたてのコショウと、元から挽いてあるコショウの違いと同じだと思いますが、香りはあれど、あの舌がしびれるような辛さはないんですね。となると、丸のままの花椒を探しに街市に繰り出そうかしらなんて考えも頭をもたげてきます。
成都は遠いなぁ。中国内陸部の旅ってどうも…
My 花椒は、持込の食品と思われると嫌なので携帯してませんが、家ではいろいろ使ってます。
このお店、美味しいですよね。
私も大好きです!TBしましたのでよろしくです。
■mori2hkさん、
美味しいですよね。あの担担麺は何度食べても飽きません。
mori2hkさんの方がこのお店に関する記事でしたので、ここだけはTB残してあります。悪しからず。
  • 2005/08/28 11:57
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
坦坦麺の前にひれ伏す
あづいぃぃぃ~!(-_-;)まだ6月なったところですがぁ??気分は既に7月。余りの暑さにいかれポンチGardenです。ブログランキング、まだ貼り付けて数日ですが、順調に順位UPしてます。もしや…返り咲きなるか??10位以内。
  • 2005/06/03 15:28
  • URL
香港グルメの旅-四姐川菜(四川料理の名店)で坦坦麺を食す
香港で四川料理(坦坦麺)を食べるならココ!以前、湾仔道にあったお店が移転して、プライベートキッチンスタイルで再オープン。お昼は、ランチセットか坦坦麺。夜はコースセットとなっている。プライベートキッチンスタイルなので必ず予約が必要。ビルの中にあるので、ちょ
  • 2005/08/28 09:22
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。