欧州王室情報(6月、7月)

7月30日 (土)   

数日前に華々しく香港携帯電話族に仲間入りしたワタクシですが、殿がテストのためにかけてきた以外の一番最初の電話は、自動音声の広東語がまくし立てるコマーシャルでした。別にかかってくるのを取る方はお金がかからないから良いのですが、海外にいると取る方にもお金がかかるので、プリペイド組の私は海外では電源を切っておこうと思います。

さて、ロンドンの自爆テロ、エジプトの自爆テロ、それに先駆けてフジテレビの菊間アナの大失態、ハッキリ言ってどうでも良い若貴の確執など、暗いニュースばかりの昨今、欧州王室は明るい話題に溢れております。
マキシマさん、第二子出産 (6月26日
おまけ その1
おまけ その2

maxima-dop1a-2.jpg

Imagen7.jpg欧州王室メンバーの中でも私の一番好きなマキシマさん(オランダ)が、第二子を無事出産したようです。わーい、おめでとう!二人目も女の子で、名前は王太子である夫のウィリアム・アレキサンダーにちなんで「アレクシア」となりました。今回は前回のような高血圧も見られなかったようで、母子ともにいたって健康。マキシマさんの両親も、出産の1週間前からオランダ入りをしていたようです。
アレクシアちゃんは父親で王太子のウィリアムアレキサンダーと、その長女のアマリアちゃんに続いて王位継承権第3位になります。女の子でも王位を継げるという場合、話が簡単で良いですね。

Royal couple goes home with new-born princess
27 June 2005
AMSTERDAM — Princess Maxima and her husband, Crown Prince Willem-Alexander of the Netherlands, have returned to their home in Wassenaar with the latest edition to their family.
The healthy child weighed in at 3,490 grammes and was 50 centimetres in length at birth at 2.40pm on Sunday.
Argentine-born Maxima and the child, who has yet to be named, were kept overnight in Bronovo Hospital in The Hague. Although this did not happen when Princess Maxima had Princess Amalia in 2003, the Government Information Service (RVD) stressed that that there are no medical problems.
In about 90 percent of cases mother and child stay in hospital, the RVD said, and Amalia's birth was the "exception that proved the rule".
The royal couple and the child have now returned to Wassenaar, news agency ANP reported on Monday morning.
Four hours after the birth, Willem-Alexander appeared at the front door of the hospital carrying the baby. "Here she is," he announced as he showed off his second "offspring" to the media.
Asked what he and his Argentine-born wife, Princess Maxima, intend to name the latest addition to the family, the prince revealed they "had not quite decided yet".
The child was wearing the same dress that both he and Amalia wore when they were new-born.
Queen Beatrix rushed back from an engagement in Germany to see her new granddaughter.
Maxima's parents came to the Netherlands last week and visited their daughter shortly after the birth. Her mother had 18-month-old Princess Amalia with her.
"It took some effort to convince Amalia that she couldn't go to the swimming pool," Prince Willem-Alexander said. Initially, Amalia looked attentively at her new sister and then stroked her head lovingly.



スペイン王室 マヨルカ島でヨット遊び

letiziamallorca-dop1a.jpg

美しいレティシアさんの妊婦服姿。まぁ、ステキ!ずいぶん妊婦らしい服装になってきましたね。いつでも女性らしくシックでエレガントな装いのレティシアさんがどんな妊婦服を着るのか見るのが楽しみでしたが、期待を裏切らないこのお姿。やっぱり、スタイリストが付いているんでしょうけれども、趣味のいい人が付いているのネェ。欧州王室メンバーのこういう姿を見るにつけ、日本皇室づきのスタイリストを考え直すべきだと思います。

欧州王室ベビーブーム

royal-premoms.jpg

そんなわけで、欧州はベビーブーム。暗い話題の多いご時世、明るいニュースで社会を元気付けてほしいものです。
オランダのマキシマさんが無事出産した今、これからはベルギーのマチルドさんデンマークのメアリーさんスペインのレティシアさんノルウェーのメッテマリットさんと続きます。

美しいアンドレアさま(モナコ) ガールフレンドとスペインでバカンス
casiraghi-dop1b.jpg麗しのアンドレアのお姿。Hello Magazineでもその美貌はなかなか拝見できないので(お母様たちはよく出てくるんですが)、特別どうってことのないニュースではありますが載せておこうと思います。
欧州王室メンバーは、王子様たちはみな人柄の良さそうなお顔立ちではありますが、どうもおとぎ話に出てくるような美男子というのは少ないんですね。私の趣味で言わせていただくと、アンドレアはダントツの一位。弟のピエールもイイ。それからやっぱり英国のウィリアム王子は亡きダイアナさんの美しさをしっかりと受け継いでいますね。あと忘れちゃならないのがキュートな感じのスウェーデン王室のカール・フィリップ王子です。現国王であるお父様の若かりしころによく似ていらっしゃいますが、そこにお母様の柔らかな雰囲気をたたえているように見受けられます。あと、美男が揃っているのがリュクサンブール。現大公のアンリもとってもセクシーな顔立ちですが、4人の息子の3人目くらいまでがなかなか良い顔をしています。一番下のセバスチャン王子は13歳。かっこいいかどうか考えるのも犯罪かと思われるほど年下なので、とりえず今19歳のルイス王子までに言及を止めます。

今、注目を浴びる国王や王太子の地位についている方たちはアレですが、世代が変わると素晴らしい美男時代が訪れるのです。そうなるとますます目が離せなくなることを予感しつつ、本日はここまでといたします。

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。