退屈・無聊

8月22日 (月)   曇り

雨音がしない朝を迎えるのは何日振りでしょうか。土曜日の朝だったと思いますが、起きてカーテンを開けると土砂降りで、すごい雨だねぇ…と半ば溜息をつきながら、殿に「こういうのは日本語でどしゃぶりと言うのよ。Repeat after me; DO SHA BU RI」と教えているとき、自分が「土砂降り」という言葉の語源をよく知らないことに心づきました。
「土砂降り」は、どうして「土砂降り」と言うのでしょうか。しばらくの間ベッドの上に座り込んで考えましたが、ぱっと思いついたのは、擬音語で、「どしゃーっ」っと降るから「どしゃ降り」。でも、それではどうして漢字で「土砂降り」と書くのか?当て字なのか?それともあまりにも雨の勢いが強いために、地面の土砂が跳ね上がるから?まさか、あまりにも勢いが強いので舞い上がった土砂が降ってくる(氷河期の始まり方の説に近い感じ)という解釈ではないだろうな。気象予報士の皆さん、教えてください。

さて、あと一週間ほどで某国へ旅立ちます。来月半ばには戻る予定なので、約3週間の滞在です。昨日の夜は、某国で何をしようか、独りあれこれと考えていました。
殿のお住まいの近くでは、盛夏を過ぎてしまうと特にこれと言ってすることもありませんし、殿はいつものように、自分の散歩とサイクリング以外はあまり何もしたがらないでしょう。私は家事に追われる以外は全く持って退屈な時間を過ごすことになるでしょう。
しかし、幸か不幸か、3週間のうちの一週間は殿が不在になります。自分のやりたいことはそのうちにすませておくのが賢明。こう言うと、事情をよく知らない方には「亭主元気で留守が良い」(懐かしいなぁ。たんすにゴン)論を説いているのかと思われるかもしれませんが、決してそうではございませんし、「やりたいこと」と言っても、何も彼のいない間に間男を連れ込もうなんていうことではありません。いくら私だって、それくらいの思慮深さは持ち合わせております。ここで私の言う「やりたいこと」とは、つまり大好きなあの街を散策したり、美味しい生ソーセージを買ってきて焼いて食べたり、大好きなあの街を散策したり、美味しい生ソーセージを焼いて食べたりすることです。

ああ、でもいくらなんでももうセールの時期は終わってるでしょうねぇ。9月じゃあねぇ。となると、いつも何かしら事情があって行けていないあの美術館へ行ってみようかしらね。

kimono.jpg欧州で着物を着る機会が近づいてきてると思うととてもわくわくします。着る予定の日に雨が降ったり、急に暑くなったりしないことを祈るばかり。某国の9月というのは、ややもすると日本の9月よりも、特に朝晩は、肌寒いことがありますので、日本ではまだ単を着る時期であるところを紬の袷を持ってきていますが、それでも気温が高くなったら袷では、いくら長襦袢が単であると言っても暑いでしょう。雨が降ってしまっても、慣れない和装で跳ねが上がったりして汚してしまう可能性がかなり濃厚なため、着物を着るのはやめる予定。
そんなことを考えても、やっぱり単と、化繊の着物がほしいと思います。次の帰国の時には、できればまた友達のところへ行ってみようかしら。私はいかにも!という感じの友禅は柄じゃないし似合わないので、左の画みたいな着物がほしいなぁ。

ところで、先々週あたりに一度こちらでも着付け集中講座を開催してみましたが、寅さんを観ながらだったので不確かではありますけれども、恐らくは1時間程度で帯までしめ終わったと思います。まあ反省点はいろいろとありましたけれど、全体的には悪くなかったのでななかろうか。しかし、そばに点検してくれる人がいないというのは、まだ未熟な私にとってとても不安であります。殿に聞いたって良いか悪いかなんて判らないし、大体殿は、お太鼓に結んだ帯を見て、
otaiko.jpg
「その背中の部分には何か入れて運ぶの?」 (右図参照)

と、聞いてきたような人です。あてになりません。旅館の仲居さんじゃないんだから、そんなところに物は入れん!どうりで、後姿を見たときに「そこは何?」とお太鼓を指差したわけだ。お太鼓と背中の空間が、何かとても便利そうな場所に見えたんでしょうか。
確か誰か有名な作家(男性)で、「お太鼓は箱を背負っているみたいに見えて美しくない」というような趣向のことを言っていた人もいたような…。きっと、殿にもそんな風に見えたのでしょう。

さて、今日はどこかの部屋で内装工事をやっているらしく、ひどくうるさい。なんだか精神的に退屈なので、ちょっとはまぎれるかしらと思い、取りとめもない内容の日記ともいえないようなものを書いてみましたが、やっぱりまだ退屈です。内装工事もひどくうるさいので、早めのお昼ご飯を食べてどこかへ出かけようかしら。

それではみなさん、ごきげんよう。

Comment

ここ数日と打って変わってお天道さまが顔を見せてくれましたね。
おひさしぶりです、こんにちは。
私も昨日、ふとこの”土砂降り”の語源考えました。
「どしゃー」と降るからかしら?でも漢字は「土砂」。うんん・・私も知りたい。
さて、夏のバカンスへ旅立つbonbonさん。いいですね。私もいつか西の国へ旅してみたい・・・ソーセージいいなぁ。
今日はどこかへ出かけようか考え中。
それではごきげんよう。
  • 2005/08/22 12:43
  • 10ha10ha
  • URL
”物を入れる!”実に、すばらしいご発想でございましたね。ポン!と思わずひざをたたいてしまった私・・
殿が、お太鼓結びを日本人が発明した頃に、日本に存在して下さっていれば・・お太鼓の存在価値が上がったでありましょうに・・惜しいことでございました。

家の主人も、今月末に、ソーセージの美味しい国に5日ほど出張で参ります。お土産は・・勿論ソーセージ。

それでは・・、またごきげんよう。
ところでお風邪はいかがでしょうか?
  • 2005/08/22 15:05
  • ihoko
  • URL
>左の画みたいな着物がほしいなぁ。

ああ、BonBon嬢に似合いそうですね、本当に!

着物っていえば昨日の南華早報の一面トップ、げんなりしませんでしたか?まー、Memories Of Geishaの宣伝をトップに持ってくることについて云々するのは別の場所でするとしてもですよ、あの着物の着方はなんじゃっ?
  • 2005/08/22 20:17
  • 馬迷
  • URL
■10ha10haさん、
お久しぶりです。
久しぶりに晴れて気持ちが良いですね。
バカンスと言いましてもですね、場所が変わって私の家事が増えるだけですので、ちょっと香港とは食生活が変わる以外は、正直言って私は特別嬉しくもありません。同じ時間とお金をかけるなら、私は南の島へでも行きたいです…。(この気持ちは殿には通じないらしい

■ihokoさん、
びっくりしましたよ、聞かれた時には。「は?」って聞き返してしまいました。仲居さんたちはお太鼓に何か入れていた気がしますよ。タオルみたいな軽いものだったと思いますが。
シニョールは月末出張ですか。ソーセージが美味しい国というと・・・あそこかな。美味しいソーセージって、それだけで食事のメインになりますよね。
風邪はすっかりよくなりました。お見舞い、感謝いたします。

■馬迷さん、
こういう着物が好きなんです。ぐふふ。
見ましたよ、あの写真。誰が着せたんでしょうねぇ?
上半身しか写ってませんでしたが、ミッシェル・ヨー(?)は下品だし、コン・リーも衿のぬき方がだらしない感じ。帯の結び方が気になりました。チャン・ツーイー(?)は、あの着付けですから舞妓役なんでしょうけれども、化粧と髪型がそれにしては変。いくら同じアジア人でも、中国人ではやっぱり「着物を着ると遺伝子レベルで身体がしゃきっとする」(上手く言えないけれど、解っていただけるかしら?)という多くの日本人には自然と備わっているものが足らないんですね。どうして日本人の女優を使わなかったんでしょうか。あの程度の英語力で良いのならいくらでもいるだろうに。着物姿の素敵な人たちで思いつくままに書けば、松たか子とか、高島礼子、いしだあゆみ、吉永小百合、名取裕子、かたせ梨乃…など。
全く持って、理解しがたいとはこのことです。
お着物、ではなくゆかたの話です。
週末に近くのユニーに行ったとき、香港人カップルがゆかたを買おうかと店員さんと相談していました。
どうやら、「こんな丈の長いもの、どうやって着るの?」なんて質問していたようですが、興味持つ人もいるんだなぁと変に感心してしまいました。
ゆかたくらいだと、ざくっと挿すだけの作った帯もあるし、着てみたいのかなぁ。
うちのCCTは甚平さんを買おうかどうしようか、真剣に悩んでおりました(笑)
■けりさん、
「着てみたい」と、思うんでしょうね。私たちが、チャイナドレスやアオザイを着てみたいと思ったり、欧州方面の民族衣装も可愛いと思ったりするのと似たようなもんでしょうか。質問された店員さんは、香港人だったんですよねぇ?お端折りを作ることとか、ちゃんと説明できたのかしら…。
甚平さんは良いじゃないですか。CCTさん、よく似合いそうだわ。
『どしゃぶり』の語源。
素直に土砂が降るから、どしゃぶり。雨が降ったら雨降りみたいなのだと思い込んでました。(頭かたいな、自分 笑)
でも、どしゃぶりと言える外国人って、なんだかかわいい(笑)殿覚えたら、ナイスです。

ももびあんですら浴衣を着るのに
なぜかあたしは興味なし。着物も興味なし。でも外国人と触れ合う機会がある(ってかすでに一緒 笑)bonbon嬢が着物を着る機会が多いのは 分かるような気がしますぅ。
うちの母は何気に着付けの先生ですが 何気にあたしは何も知りません(汗)
背筋がぴーんとしてる人が着るとかなりかっこいいですよねん。bonbon嬢はバレエもしてらしたしぃ、きっとかっこいいんだろうな~
あたしは猫背だからだめだめ(涙)ももびあんのほうがお似合い(笑)

内装工事。本当に辛いですよねん。気分転換に外に出るだけでも違いますよねん。ああ、あたしも外に出たいぃ~
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2005/08/23 19:43
■ちいたん。さん、
土砂降り、ちょっと気になるでしょう?(ならない?

外国人と一緒のときに着物を着たことは一度もないんです。ただ、着物姿になるのが好きなので、機会があると着せてもらってました。香港では暑いしその他諸々の事情で着たくないけれど、カラッとしている欧州でなら着たい!で、今回ちょうど良さそうな機会があるので、自分で着方を覚えてみたしだいです。
ももびあんの浴衣姿、可愛いわぁ~☆
姿勢がよければ威勢良く見えるし(私はどこかの女将さんみたいに見えるようですよ)、そうでなければ柔らかい感じに見えるのが着物の良さのひとつではないか知らん?例えば美智子様はどう贔屓目に見ても婚約時代から首が前に出た猫背ですが、着物を着ると素敵じゃありませんか。
■秘密のコメントをくだすった方へ、
秘密にしていただけたお心遣いに深く感謝いたします。ありがとう!
お返事したいので、またそちらに秘密のコメントします。
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。