Bewitched

  • Day:2005.09.22 12:38
  • Cat:書房
9月22日 (木)   晴れ

いや、天気は良いけれども、なんかスモッグ?外が真っ白でございます。何とかならんのか、香港。まあ、8割がた中国が悪い(珠河デルタの工業地帯から汚染された空気が風でこちらへ流れてくる)という話ですが、だからって黙ってとばっちりを喰らい続けることはないじゃないか!と思うんだけれど、相手が中国じゃ話にもならんのだろうなぁ。

さて、忘れないうちに一昨日観た「奥様は魔女」の感想文を提出いたします。
ニコール・キッドマン万歳。

何を観に行ったって、彼女を観に行ったようなものです。だって好きなんですもの。

bewitched_wp_800_4.jpgオリジナルの「奥様は魔女」も好きですが、あのテレビドラマをどういう風に映画にするのかと思ったら、まあ結構ありがちな(陳腐な)設定でした。その辺は皆さまご自身で観ていただくとして、それにしても楽しかったです。頭を使えずに笑える。ひねりのない笑い。そのあたりが、万人受けする立派な娯楽映画であったと言えるでしょう。(公式HP―日本語

私はもともと「魔法系」が好きなファンタジー少女なんですが、ニコール・キッドマンがサンドラ・ブロックと共演した「Practical Magic」も好きです。DVDはみつからなかったけれど、VCDは買いました。ハリー・ポッターも好きです。テレビドラマのCharmedも嫌いじゃない。「魔女の宅急便」も好きです。

ああ、アタシも鼻をちょいちょいと動かしただけで魔法が使えるようになりたい!どうして私は魔女に生まれなかったんだろう…。呪文を唱えたり、魔法の薬を作ったり、そういうことを習いたい!ああ、私もハリー・ポッターと一緒にホグワーツ魔法学校に入学したい!

ところで、映画の中でシャーリー・マクレーンはやっぱり魔女だったんでしょうか。サマンサの父親との恋の行方は?私はあれはサマンサの母親が化けているんじゃなかろうかと思っていたのですが、最後までそっちはハッキリせず、どうなっていたのか気になります。

日本の公式HPの中に「STYLE」というページがありまして、それがこちらなんですが、なんかあまりにも日本ぽい…。こういう押し付けがましい説教じみたマニュアル、好きよねぇ~。理解できないわ。

さて、今日からまたいろいろと新しい映画が始まりましたが、来週は「Broken Flower」を観に行こうと思います。

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2005/09/23 04:56
感想文提出おつかれさまです♪
設定がどうかなって思ってるとこがあって、行かずじまいです。たぶんVCDだな(笑)。
■けりさん、
あー、そうそう。テレビ画面の大きさで充分に楽しめる作品ですよ。私は、時間もあるし、VCDを買うのと大して変わらない値段だし、所持品を増やす(VCD一枚でも、チリも積もれば…)ほど何度も観たい作品でもないだろうと思ったので映画館へ行きましたが。
ニコール・キッドマンは難しい役もこなせる女優ではありますが、たまにはこういう軽いのも良いですね。
  • 2005/09/23 17:22
  • bonbon
  • URL
  • Edit
二コールといえば、オメガのポスターのヘアスタイルが非常にかわいいですよね~。
美容院に行ったときにもう少しのところで「二コール・キッドマンみたいにしてください♪」って言いそうになっちゃいました。

・・・アブナイ、アブナイ。
彼女は元がステキなんですから(笑)
■けりさん、
あの髪型、私も好きー!
でもあれは、コテで巻いたカールでしょうね。この映画の中でも似たような髪形で可愛かったです。
長いのもとても素敵だけれど、こういう風に短いのもチャーミングで、やっぱり美人は何でも似合うんだなぁ…と。
  • 2005/09/24 14:07
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。