オールスパイス

12月18日 (日)   晴れ 寒い

訳あって、オールスパイスというものが入用になりそうだ。調べものをしていた英語のサイトで読んだこともあり、英語で書くと「Allspice」というもんだから、てっきりスパイスミックスか何かのことかと思った。そんなはずもなさそうな予感がしたので一応調べてみたら、れっきとしたスパイスの一種で、ジャマイカが原産らしい。
詳しくは→SBスパイス&ハーブ辞典

シティ・スーパーとかオリバーズとかへ行けば容易く見つけられそうだと思ったけれど(高いだろうが)、いろいろと読んでみると、どうもこれって中華料理でも使うらしい。なるほど。ということは、普通のスーパーでも売ってるはずだから、先ずはそっちの方のスパイスコーナーから攻めてみよう。

Allspice(Jamaican Pepper)
中国語: 多香果、百味胡椒など
参考資料

■□□ 追記 □□■

オールスパイス求めて三千里の旅をしたのに、狙いをつけた「普通のスーパー」では全然みつからないどころか、かすりもしない感じ。ホンハムの街市の二階にまで行ってみたけれど、お店のおばちゃまに「ないねぇ~」と言われた。むむむ。八方塞なのか。
と、思ったら、ところがどっこい。灯台下暗し……いや、分かっていたことなので正確には違うんだけれど、やっぱりと言うか、近所のシティ・スーパーであっさり発見。高そうなので避けていただけだ。一瓶36グラム入りで16ドル。高いんだか安いんだか分からん。
最初に行った所で今さらのように見つけた花椒は、一袋何グラムか知らないけれど、けっこうな量で6.5ドルだった。それに比べると16ドルは高い気もする。でも、買えない値段ではない。
しょうがないから、これを買うか。計画遂行に残された道はこれだけなのかしら。


Comment

おお、そうなんですか。
馬迷は今の今までスパイスのミックスかなにかと思い込んでいましたよ。
情報、ありがとうございます。
  • 2005/12/19 13:32
  • 馬迷
  • URL
■馬迷さん
あら、馬迷さんまでそう思っていらっしゃったとは。
リンク先の説明にも書かれていますが、いろいろなスパイスの香りがするので、オールスパイスという名前がついたと。
あんまりみつからないので、それなら、そのいろいろなスパイスをそれぞれ使っても良いのかしらとも考えたのですが、オールスパイス自体に薬効があるようで、そうなるとそれぞれのスパイスを入れたのとは薬効という点から見ると全然違う物になってしまうのか、などとも考え、踏みとどまりました。
  • 2005/12/20 10:03
  • bonbon
  • URL
  • Edit
ふむふむ、そうですよね。
ランジェリーのオールインワンもあのフォルム自体に“薬効”(催淫)e-295v-77があるわけで、それぞれをまとっても様になりませんものね(ってヒロポンのような発言。)
  • 2005/12/20 10:39
  • 馬迷
  • URL
  • Edit
■馬迷さん
オールインワンというのがよく分からないので調べてみたんですが、ますます分からなくなりました。だって、いろいろな形や種類があって…。ボディースーツのような物のことでしょうか?
やっぱりオールスパイスを買うことにしました。オレンジの皮も使うので、無農薬のを探す予定でいましたが、それだと高いので、オールスパイスが高い分、オレンジの皮を中華で使う「陳皮・チンピ」で済ませることにしました。オレンジではなくみかんだけれど、これだと安いです。
あとは、ウォッカとラム。あまったら飲もう…。ウシシ。
  • 2005/12/20 15:56
  • bonbon
  • URL
  • Edit
v-114 v-67===3
  • 2005/12/20 17:17
  • hiro
  • URL
  • Edit
v-114v-315v-433
  • 2005/12/21 17:21
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オールスパイスオールスパイス(allspice)は、フトモモ科のピメント(pimento、学名''Pimenta dioica Merrill'')の果実または葉で、香辛料として用いられる。クローブにも似たスパイシーな味と香りを持つ。果実や葉、つぼみを乾燥した後、ピクルスやソース。ソーセージな
  • 2007/09/14 14:39
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。