私の役割

  • Day:2006.02.22 15:49
  • Cat:本堂
2月22日 (水)   晴れ

今日は、カオリコちゃんが一ヶ月ぶりにブログの更新をするという予定であるはずの日です。今見にいったら、どうやら更新は今夜日付が変わるギリギリ前くらいでありそうな雰囲気でした。

さて、わたくし最近いろいろと考えまして、もっと家のことをきちんとやらないといけないなと軽く反省いたしました。いや、殿になにか言われたとかじゃなくて、自分でふとそう思った次第です。
結婚してはいないとは言え、殿との生活というのはやはり彼のお給金に全面的に頼った生活であるわけで、むしろ結婚してもいないのに私の生活の面倒を見てくれている殿の寛大さにもっと感謝しなければならないなと。で、口で言うだけでなくて、もっと私も生活をこう改められる部分があるのではないかと、こう思ったのです。

私の一日というのは、私だけのために過ごしている時間があまりにも多いんですね。私だけのためというか、私と殿の二人に関わらないことをしている時間です。テレビを観たり、インターネットサーフィンだったり、遊びに行ったり、そういうこと。二人に関わることというのは、「家事」です。

そう。私は「家事」に費やす時間があまりにも少なすぎるのです。いつものように寝る前のお祈り(神様たちへの一日の報告と感謝)をしていたときに、ふと気づきました。ちょっとした「お告げ」です。
サービスアパートですから掃除には来てくれますが、掃除以外の家事は私がやるべきことです。そのうち私が毎日やっているのは料理と皿洗いくらいで、洗濯だって溜まったときにしかしませんから週に2回か3回くらい。アイロンがけは更に溜まってからしかやらないので週に一度くらいでしょうか。おかげで、アイロンがけを必要とした洋服が積み重なっていることがよくあります。部屋の片付けはよっぽどでないとしないので、あちこち細かく取り散らかしています。

いかん。これじゃあいかん。殿は毎日8時間以上私たち二人の生活を支えるために忙しく働いているというのに、私ばっかりのんびりだらだらとしていたのではあまりにも不公平です。
まあ、殿が働いているのは(人生というのは結局のところ全て本人=この場合は殿自身のためになっているということから考えて)なにも二人の生活のためだけでないということは確かですが、それは彼自身の問題であって、結果的に私の生活が支えられているという事実に変わりはないのだから、やっぱり不公平だよなと思うのです。

だからと言って、私には香港で働きに出るつもりは毛頭ないのですが、だからこそ家のことをきちんとしようと。もっと家事に費やす時間を増やそうと、一昨日の晩くらいに決意しました。
もともと大して広い家でもないし、大人が二人住んでいるだけの場所なので家事といったって大したことはないのです。今まで自分のために費やしていた時間が1~2時間短くなるというだけのこと、ちっとも惜しくありません。

殿は私のだらしのなさやぐうたら加減にあまり文句を言いませんが、たまに空気がぎすぎすしてきたときに必ずこのことを持ち出すし、好い気持ちがしていないことは確かです。

だからというわけではないにしても、今年の夏には30歳の大人になるんだから、もっと姿勢を正してだらしのないところを少しずつでも引き締めていかなくては。

Comment

ごきげんよう・・
まぁ・・良いご決心をされましたね。
家も大人2人で、おまけに主人は朝9時から夜9時まで仕事ですし・・特に、昨年からは、週の内、3日は遠い街で単身赴任をしておりますから・・モモさえいなければ掃除なども3日に一度でよいかしら?と思うほどですし、主人も、多少の乱雑さは気にかけない人なので、時折、手抜きを致しますと・・
なんでしょう・・なにかこう精神までたるんでくるような感じがいたしまして・・家に張りがなくなります。
また、今回のように私の体調が悪く、自分で出来ないことは、人をお願いしてやっていただいたのですが、いくらその方が、きちんと何不足なく、変わりは勤めてくれても、やはり家というのは、その家の女主人が気をつけていて、心配りをしないと、家の中の空気が変わってくるものだと思いました。
  • 2006/02/22 15:49
  • ihoko
  • URL
水差すわけじゃないけど 鼻ホジホジ ・ ・ ・

べっつに楽してていいんじゃ~ないのぉ~ (悪魔のささやき 笑

  • 2006/02/22 18:18
  • hiro
  • URL
わたしもhiroさんと同じだなあ。人生思いっきり楽しまなきゃ(欧州某国に帰ったらメイドさん探すの大変だし、子供ができたらどうなるかって想像してみて)。
香港にいるメリットって家事は人任せにして、a)トロフィーワイフ(別名、太太とも言う)ができる、b)自分のキャリアに打ちこめる、c)趣味や勉強や遊びで自己充電できる、d)な~~~~んにもしないでいても人の目が気にならない、じゃない?
だからいいのよ、家事なんて(多分に私の自己弁護ですな…)
  • 2006/02/22 19:35
  • メラ
  • URL
では。
いちばん、目に付くトコ一つだけ、するのはどうでしょう???
そしたら、労力は少ないし、
目立って、やったなぁ、と見てもらえるしww
だめかなぁ・・・(^-^;)
こんばんわ。ポー仔飯の場所を教えていだいたはるままですが、僭越ながらこちらにも寄らせていただきました。

コメント読みましたがbonbonさん偉すぎです。
結婚している主婦も専業主婦の場合bonbonさんと同じような生活の方も多いのではないかと思います。もちろん私もそうでした。今でこそ子育てをしているので大きい顔をしていますが、もともとズボラで面倒くさがりなので食事の用意こそしていましたが掃除も洗濯も必要最低限程度。
だからこそお気持ちもわかるような気もするのですが・・。わたしもこんなでいいのか?と葛藤もありましたので。
そういえばうちの主人もケンカなどすると家事についてグチグチいったりもしてましたっけ。
そういったことを言われるのはほんとに嫌なものですよね。
もちろん自分の役目を考えて頑張られるのはとても素晴らしいことだとは思います。
ただたった1.2時間のこととはいえ、それが無理にならなければいいな・・と思います。家事は根を詰めてやりだすとエンドレスなところもありますから。って根を詰めなかったやつに言われたくないですよね(^^;)

だんだん何が言いたいのかわからなくなってきましたが、頑張るとしても少しだけ、でどうでしょう?ちょこっと頑張るだけで気持ちが伝わると思いますし。
理想としては気楽に楽しく家事できるといいですよね。
わたしは現在も模索中です・・
  • 2006/02/22 21:29
  • はるまま
  • URL
■ihokoさん
そうそう、そうなのです。「たるんでる」のですよね、家の中が。
私なんか、だからたるみっぱなしなのですよ。そういうだらしなさが、人格にも関わっているような、他の行動にも出ているような、そんな気がしてなりません。

■hiroさん
楽しちゃダメってわけではないの。頭使って手抜きもしないといけませんものね。私の場合は、これ以上手を抜けないくらい抜けっぱなしなんです。
でもそれはねー、hiroさんがこの状態を見たことがないから言うのですよ、きっと。(笑

■メラニンさん
確かに。某国ではメイドさんなんか雇えませんねー。しかしまあここも、たまたまサービスアパートだからお掃除に来てくれるので、同じ広さの普通のフラットにいたら全部自分でやってることでしょう。
子供が出来たら、それこそ「子供がいるから」という素晴らしく積極的な理由ができるのですから、家事が少しくらい等閑になってしまっても堂々としていられそうです。(笑
とにかく、だらしがないのが自分でも嫌なんです。毎日うんざりでもないのだけれど、ときどきほとほと嫌になるんですね。だから、ちょっと改善できるものかやってみようかと思いまして。Give it a tryって言うんですか。
でも、決してマーサ・スチュワート(株の方じゃなくて家事の方で)みたいになろう!などとは思ってません。レベルが違います。料理以外に一日一つの家事をやるというレベルの決意です。

■せんと。さん
もちろんっ!目につかないところは後回しです。(笑
いきなりクローゼットの中とか整理しても、ねぇ。
でも別に見てもらいたいわけではないのですけれどね。私の気持ちのほうの問題なので。

■はるままさん
こんなんでいいのか?と、ときどき思うんですよねぇ。最近はその自問自答が以前よりも頻繁になってきたようにも思えるので、そろそろ「その時」がきたのかなと思いまして。
自分でもだらしがないなぁ~と思っているところを、他人に指摘されるのは気分の好いものではありませんよね。ごもっともだから言い返すこともできないし。(笑
私が自分で問題だと思っているのは、自分のことに忙しくて…ではなくて、「ヒマだなぁ~」と思って家でだらだらしていながらも、全く「家事をしよう!」というほうに頭が回らないということなんです。だから、もともと暇つぶしのためにしていることに費やす時間を、すこし家事に回せばいいじゃん。と思った次第で。無理そうだと思ったら、すぐに程度を軽くします。私は自分には甘いので。
ま、台所仕事以外に、一日一つ家事をやろう!と、そのくらいの低レベルなお話なんですのよ。
  • 2006/02/23 11:00
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。