2006年最初の海岸

3月28日 (火)   晴れてるようなうす曇り 爽やか!

セルジオ・メンデス Timelessまた今度にしようかと思ったけれど、新しく買った必殺CDを聴きはじめたらいきなり心が高揚してきたので、このまま一気に更新してしまうことにした。

今日は、宣言したとおり独りできちんと遠足に行ってきた。こんなに遠足らしくなる予定はなかったのに、準備不足のせいだろうか、図らずも遠足らしい遠足となってしまった。お尻が筋肉痛ですわ…。
2006年最初のビーチは、南湾!と、決めて出発。いや、本当はランタオ島に行こうかなとか思っていたのだけれど、下調べをしているうちにどんどん時間が経ち、ランタオ島行きは諦めるしかなくなったんだけれど。それでもせっかくのお日様がもったいないので、やっぱりどこかもう少し行きやすいビーチへ行くことにして、うちから973番バス(尖沙咀東-スタンレー)で一本で行けるところにしたのである。

地図で道を確かめて、ウェブで下車するバス停を確認して、念のため方位磁石も持って家を出たのだけれど、地図帳だけは鞄が重いので持っていかなかった。これが、まあ間違いであったと言えなくもない。

持ち物
お昼ご飯(海苔巻き@CitySuper)
ゴザ、日焼け止め、帽子、サングラス、新聞、本、紙とペン、方位磁石
小さいタオル
(私は日に焼けに行くのであって、泳ぐわけではないので、
あんまりバスタオルは要らない)
心躍るCDとポータブルCDプレーヤー(MP3なんて知らないよ)
水着は洋服の下に着ていく


さて、973に乗り込んで二階の一番前の席に座り、CD再生。バスは西側のトンネルを通って香港島へ。上環、薄扶林、香港仔(アバディーン)、壽臣山(ショウソンヒル)、深水灣(ディープウォーターベイ)、淺水灣(レパレスベイ)ときて、降りるべき場所が近づいてきた。深水湾と浅水湾では、日光浴をしている人が結構いた。ああ、私も早く砂浜にごろっと寝転がりたいっ!

南湾とは、レパレスベイから数えて南へ二つ目の小さいビーチである。この次のビーチは、チュンホムコックというもう少し大きめなビーチだ。そっちはまた今度行くとして、まあとにかくなんだか今日は南湾へ行ってみたい気分だった。

バスを降りて、地図で見たとおりの道を下りていく。延々下りていく。風も爽やかだし、お日様が気持ち良いし、大好きな音楽もあるし、足取りは軽い。・・・と、道を下りきってしまった。あれ?おかしいな。どこかで右にそれて山道に入れるようになっているはずだったんだけれどな。そんなところはなかったわよねぇ?
仕方がないので、道のお掃除をしていたおばちゃんに訊ねてみた。英語で訊ねたら英語は分からんと言われたので(当たり前だわ)、私のインチキ広東語でなんとか聞いてみた。まあ、質問の方は筆談だったんですがね。おばちゃんの回答は口述だったので、何度か繰り返してもらって、単語理解率20%、想像力導引率80%で頑張った。
南湾道こちらまあ要するに、今来た道を戻れと。で、バス停のところから出ている山道を下って「南湾道」へ出れば良い。ということでした。今来た道は、延々下り坂だったので、元に戻るには必然的に延々上り坂になった。これはきっと、上の方の力が働いて、あまりにも運動不足な私に運動する機会が与えられたのだろう。ありがたや。

これが山道入り口にある印。おばちゃんの教えてくれた道である。


山道はいります
先ずは階段を下りましょう


この山道が長い。長い。思ったよりもずっと長い。ま、歩きにくい道ではないし、相変わらず風も爽やかだし、お日様が気持ち良いし、大好きな音楽もあるし、足取りは軽い。フンフン♪鼻歌を歌いながら歩いていたら、電話が鳴った。おお、こんな山道でも携帯電話が鳴るのか。ひとしきり話してから電話を切って、まだまだ歩く。道は続くのである。

平らな道→→→長いよ
平らだけれども、果てしなく長い道


通せんぼ
大きな木が通せんぼしたりします


たんすの謎
たんすがうち捨てられていたりもします。不思議…


山道ここまで階段下ります
通せんぼから少し歩いて山道は終了。階段を下ります。


やっとのことで南湾道に到達。方向は何となく分かっているけれど、また間違うと嫌なので、高級マンション(ばかり並んでますよ)のセキュリティのおやっさんに聞いてみた。この道をずっと歩いて、道の終わりにあると言われた。さんきゅー!と言って、足取り軽く歩き始めた。

歩き始めて少ししたら、ビーチらしきものが斜面の下のほうに見えた。・・・と、山道の入口がある。入ろうかと思ったけれど、また間違えると嫌なので、それは無視して数歩進むと、さっきよりも大きな山道入口がある。ちょうど人が出てきたので「ビーチはここを下りたところですか?」と聞いたら、「どのビーチ?」と聞き返された。「ん?サウスビーチ?」と言うと、「ここはミドルビーチだよ。サウスはまだ先。結構あるよ」と言われたので、「あ、それならミドルで良いですわ。ありがとう」とお礼を言って、山道(って言うか階段)を下りた。

南湾は取りやめ。今日はミドルビーチ(中湾)に変更だ。

中湾小さいビーチながらも、監視員もいるし、シャワー・更衣室完備。アクセスが悪いだけあって、すごく空いている。いいわぁ。

それほど暑くもないので、上半身だけ洋服を脱いで、遅いお昼ご飯を食べ、寝っ転がって、持ってきた新聞に載っている数独開始。イヤホンから流れる音楽のバックに波の音が聞こえて、ああ極楽。
ビーチの水着姿は男性ばかりで女性は私だけだったためか、いやに視線を感じましたけれど、まあいいわ。減るもんじゃなしね。セルジオ・メンデス効果で、気分はブラジル。買ってよかったな、このCD。

ところで、うつぶせになって肘をついている姿勢でいるときに思ったんだけれど、ビキニの女性がこういう姿をしていると、例えば私を正面から見られる位置にいると、胸とかは重力の関係でよけいにアレなんでしょうか。その、目が行ってしまうことになるんでしょうか。グラビアとかこの姿勢が多いよなぁ・・・と、ふと思いました。

おや?レパレスベイだ。
あれに見えるはレパレスベイ

帰りのバス停があの最初の山道を通らなくても行けるところにあるのかどうか、例のマンションのセキュリティーのおやっさんに聞くと、どうやらここは浅水湾の方が便利だと言うことが判明した。

さて、本来の目的地であった南湾はと言うと、帰宅してから改めて地図を見直してみると、タクシーで行くのが一番簡単そうだ(そりゃそうだ)。深水湾、浅水湾は数年前にとっくにクリア。今日は中湾をクリアしたから、やっぱり南湾に挑戦してみたい。徒歩でも行けないことはなさそうなんだけれど、難しいのかな。後日また挑戦してみようか…。



中灣/Middle Bay Beach
交通: バスでレパレスベイ(浅水湾)下車、徒歩15分くらい
施設: シャワー、トイレ、更衣室
備考: ワンコ禁止

Comment

香港ではそのようなことはないのか?とは思いますが、やはり山道の淑女一人歩きは、おやめ下さいね。
心配ですわ・・
  • 2006/03/29 00:55
  • ihoko
  • URL
あらん、ぜひとも その”アレ”な、グラビア悩殺ポーズを激写したいもんですわ
  • 2006/03/29 11:17
  • 篠山うらら
  • URL
  • Edit
■ihokoさん
おっしゃるとおり、あまり安全とは言えませんね。
ああ、でもそれをしないといろいろなビーチへ行かれないのですよ。ビーチへ行くのに誘える友達は非常に限られているし…。となると、私はストレスが溜まってしまってよろしくない。
とは言え、さすがに長時間ハイキングしないと行かれないような所へは、独りでは行きませんが。・・・でもそういうところの方が、ビーチも海も綺麗なのですけれどもね。
今回の長い山道は予想外でした…

■篠山うららさん
そ、その写真も「老後の楽しみ」に加えられるのでしょうか。光栄…。
叶美香がついにヘアヌードだって?
  • 2006/03/30 12:19
  • hiro
  • URL
ネットでお尻と必殺とか、爽やかなどを不足するかも。


Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。