トマトと卵のスープ

  • Day:2006.04.10 12:27
  • Cat:厨房
4月10日 (月)   曇りときどき陽射し

今日はなんだか上空の風が強いらしく、朝、殿がカーテンを開けた隙間から見えた青空が、ほんの10秒くらい視線を他に移している間に見えなくなってしまって驚いたのだけれど、窓際へ行って空を見上げると、南から北へ、香港を覆っている厚目の雲がえらい速さで流れていた。ときどき雲の割れ目からビクトリアハーバーに陽が射すのがとても綺麗だった。今は風向きが変わったらしく、西から東へ流れている。だから今日の天気は「曇りときどき陽射し」だ。
最近、「厨房」の更新をしていないのですることにした。特別何かを作ったわけではないけれど、友人たちの質問によくある「殿のお食事」。一体、殿の好物は何なのか。殿のお気に入りを紹介しようと思う。

殿のお気に入り・第一弾 卵とトマトのスープ
soup with tomato&egg

用意するもの:
卵(一つ)、トマト(一つ、またはプチトマトを適宜)、
粉末鶏がらスープ、水、塩、コショウ、水溶き片栗粉(少し)

1) トマトを食べやすい大きさ(一口大)に切る。
   プチトマトの場合も、同様に半分以下の大きさにする

2) 鍋にトマトを放り込んで、水を入れて、火にかける

3) 沸騰したら、トマトに火がとおるまでそのまま待つ

4) 水溶き片栗粉を加えて、よくかき混ぜる

5) 鶏がらスープの素を入れて、味をみて、足りなければ塩・コショウで整えて

6) 溶き卵を加えて、よくかき混ぜたら出来上がり
   (先に水溶き片栗粉(4)を入れておくと、卵が固まらずにきれいに広がる)

ポイント:
トマトの酸味があるほうが美味しいので、沸騰しても火をあまり弱めない方が良いと思う
お椀によそうときに、お好みで少量のごま油を入れると美味



私の好物で、大陸ではよくある卵とトマトのスープを真似して作ってみたら、殿はこれがいたくお気に召した模様。また日を改めてもう一つ別の殿のお気に入りスープの紹介をするけれど、それもこれも、言うなれば鶏がらのお吸い物仕立てだ。

欧州では、スープと言えばポタージュ系が多いので(中華料理屋は別だよ)、てっきりそういうものが好きなのかと思っていたんだけれど、あるとき、私がまだ山の上の方に住んでいた頃、自分で飲むつもりでこういうお吸い物仕立てのスープを間に合わせで作ったので、夕食のときに殿に「飲む?」と聞いたところ、「飲む」と言うので出したら、一口飲んで、「こういうのが好きなんだよ!」とおっしゃった。その時初めて、彼がこういうものを好むということが判明した。それからは具を変えて、毎日のようにいろいろと作っている。

清然鶏粉ところで、うちでは左の鶏がらスープの素を使っている。前はキューブを使っていたんだけれど、香港社会がにわかに「MSGがどうのこうの」と騒ぎ出した頃で、新聞でいろいろと読んだりして「ははーん。味の素みたいなものなのね。身体にあまりよろしくない、と」などと思っていたところ、これをみつけた。
今まで使っていたキューブにMSGが入っているとか入っていないとかは考えもしなかったんだけれど、わざわざ「Non MSG」と謳っているってことは、他の商品はMSGを含んでいたということなんだろう。普通のものに比べるとほんの少し高いんだけれど、味の素は嫌なのでこっちにしてみた。うん。スープがちょっと美味しくなった。

Comment

深センも「曇りときどき陽射し」よ。今は会社の中、どんより暗いのだけれど、午前中一瞬目が眩むほどの陽射しが差したの。ご降臨かと思ったけれど、また一瞬でお隠れになったわ。

所でこのスープ、お砂糖は入っていないのね。私の友達(中国人)は、西柿西炒蛋と同じようにお砂糖入れてたわね。簡単だから作ってみろと言われて・・・まだ作ったことないw
話題はゴロッとかわりますが

Dirty Harry ですってよっ いえイーストウッドでも ハリーポッターでもなく

プリンス・ハリーのほうです・・・ ナイトクラブでラップダンスしてもらったって 笑 

健康的でいいじゃんねぇ~!!!!
  • 2006/04/10 15:09
  • hiro
  • URL
ダーティーハリーは先日TVでポロをやってるところをみましたが、いいねえ(ジュルッ)。おにいちゃんのウィルズとは全然違う魅力で。

話題を戻しまして、トマトと卵って合うよね。炒め物も好きです。餃子の具にもなってるんでしょう?
  • 2006/04/10 17:10
  • メラ
  • URL
火を通したトマトというのは、香港にきてから開眼した料理法のひとつです。
びっくりするほどおいしいよね。
このスープもトマトの赤と 卵の黄色が美しいですね。
青もの(ねぎ系)散らしてもよいのでは?

先日は、例の粉嶺の店に トマトの焼き餃子が食べたくて、でかけました(いや、わざわざそのためだけに行ったわけじゃありませんよ)
  • 2006/04/10 19:18
  • うらら
  • URL
  • Edit
私もNo MSGのタイプが出てからは、この鶏がらスープの粉を使ってます。スープに入れることは稀だけれど、必ず食卓にあがる野菜炒めにはなくてはならない魔法の粉です。

私も、うららちゃんと同じく香港にきてから温かいトマト料理というのを食べました。(パスタなどのイタリアンは別)
我が家では、ジャガイモとキャベツとトマトで作りますが、Bonちゃんの卵とのスープもおいしそう!今度作ってみますねっ。
  • 2006/04/10 21:16
  • Hachi
  • URL
あ。おいしそう♪

片栗粉を先に入れると卵が固まらないのですね。これは良いことを聞いた♪

最近は、醤油や塩にもMSGが入っているので(MSG)アレルギーの人は大変だろうなぁと思います。特に中国に住んでると。料理本にも平気で「味精5g...」とか書いてあるし。5gは入れ過ぎだよっ。
■檸檬ちゃん
日本人の私には、砂糖を入れるという発想がないのよん。
でも、砂糖は鶏がらスープの素に入ってるのよね。
美味しいよ、作ってご覧なさい。

■hiroさん
ダーティーなハリー・ポッター萌え。

■メラニンさん
顔はアレなんですけれど、やっぱり魅力的ですよね。
ま、私はウイリアムの方が好きですが。(笑
卵とトマトの餃子、美味しいですよー!炒め物は私の大好物の一つですが、家では上手くできないんですよ。大陸にいた頃はどこのお店でも食べられたのですが、香港にはなかなかないんだなぁ。あ~、食べたい。

■うららさん
ごもっともです。たまにネギも使います。緑でピシッと締まって、綺麗なんですよね。
ああ、あそこの餃子はまた食べたいなぁ。

■Hachiさん
そうそう、野菜炒めにも使うんですよね。うちはあまり使わないんですが。
簡単で美味しいですよ。どうぞ作ってみてください。

■モグモグさん
水溶き片栗粉をあらかじめスープに加えておくことで(手順4のところ)、卵がぱぁ~っときれいに広がります。もちろん、片栗粉の量を増やせば、とろみをつけることも可能です。
アレルギーの人は、本当に大変でしょうネェ。食費も高くついちゃうし…。
こんにちわ。クノールの「Non MSG」のもの、先日の香港旅行で購入しました。以前は「Non MSG」ではないものを使っていたのですが、こちらの方が優しい味のような気がします。

トマトはサラダばかりで火を通す料理には使ったことがないのですが、トマトのスープ、飲んでみたいです。
ちょうど冷蔵庫にはトマト・・・これはもう今夜作りますね♪
  • 2006/04/12 14:30
  • はるまま
  • URL
■はるままさん
ちょっとだけれど、味が違いますよね。MSG含有のものの方が、それを入れるだけでパンチの効いた味になるんだけれど、慣れてしまうとNon MSGの方が好きになりました。
トマトは火をとおすとすっごく美味しいですよ。トマト料理、大好きです。
それで…、昨夜はスープをお作りになったのかしら。お味はどうだったでしょ?
bonbonは、風向きなどをBLOGしなかった。


おはようございます。ご報告遅れましたがあの晩トマトのスープ作りました。

こ・れ・が・・  すっごーくおいしかったです~!
目から鱗のおいしさ。
実は私トマトがあまり好きじゃないんです。2歳の息子にいたってはケチャップさえ嫌いで、スープにしたからって食べないよね~・・などとあきらめていたのですが、なんとおいしそーに飲みました。これはうれしい♪またすぐに作らなければ・・とトマトを買ってきたくらいです。

作った日は洋風の食事だったので、チキンスープに少しコンソメを足してアレンジさせていただいちゃいました。
片栗粉を入れると本当にたまごがふわーっとなってこれも感動もので、たまご入りのお吸い物や味噌汁でも試したいです~。(何年も主婦なのにまだまだ修行中です・・)
  • 2006/04/16 06:56
  • はるまま
  • URL
■はるままさん
おお、大絶賛!
お子様にも気に入っていただけたようで良かったですね。トマトは熱しても栄養成分が壊れないらしいですから、栄養面でも安心です。
洋風でも美味しいでしょうね。うん。
片栗粉の効果、すごいでしょう?気持ち良いくらいですよね。
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。