オリーブオイル活用法

  • Day:2006.05.02 18:06
  • Cat:葯房
5月2日 (火)   曇り

今日のBGM:エリカ・バドゥー「Mama's Gun」

檸檬ちゃんは無事バリに到着したようです。良かった、良かった。
買い付けを頼んでおいたバリワンピース(勝手に命名。綿のスリップ型ロングワンピース。柄はタイダイなんかが多いか)も無事購入ができたようで、4枚で10万ルピー(単位が大きくてびっくりしちゃうけれど、落ち着いて考えれば約HK$80、約1200円)で買えたとSMSが届きました。んふ♪
このワンピースが、涼しくて着心地がとても良いのですよ。彼女と2枚ずつ山分けです。ありがとー!あ、でもこの次彼女に会えるのはいつになるのかしら…。
さて、今日は陽射しと紫外線の夏に向けて、髪のお手入れの話。

私は、この数年間はL'Occitaneのシャンプーを使っております。香港では日本のシャンプーも簡単に手に入るのだけれど、私にとってはなんだかイマイチな感じなもので。本当は日本で保育園児の頃からずっと使っている生協の海草シャンプー(正式名称は知らないけれど)が好きなんだけれども、帰国のたびにスーツケースに詰め込むには重いし、あれは日本に帰ったときのお楽しみの一つとなりました。

L'Occitaneのシャンプーはそのときの気分でいろいろと使っているけれど(今は蜂蜜のシャンプー。ボトルが可愛いのです)、どれも素晴らしく良いわけでもなく、かと言って悪いわけでもなく、特別思い入れがあるわけでもなく(店構えは好きだけれども)、殿が買ってくれると言うから買ってもらっているというだけです。
私は着ている洋服も驚くほどの安物ばかり(1000円を超えるものって数えるほどしかないだろうな…)ですから、シャンプーくらいちと高いものを買ったって罰は当たらないでしょうよ。

オリーブオイルしかし、今日はシャンプーのお話ではございませんで、トリートメントが本題です。それも、香港の夏の強烈な紫外線対策を絡めた話とあっては、聞き逃すわけにはいきますまいて。(本当は、紫外線の話はこの記事のために調べものをしていて今日初めて知ったので偶然絡まるだけなんだけれども、まあいいじゃん?)

どんなトリートメントかと言うと、オリーブオイル。確か数年前にテレビで見たかなんかで自分でもやってみたのですが、これがイイ!髪がしっとりして、つやも出ます。烏の濡れ羽色のような髪が(「烏の濡れ羽色」という表現は黒髪にしか当てはまりませんが)実現できます。

(料理とは関係のない話で)オリーブオイルといえば、古代ギリシャ、エジプト、ローマなんかが浮かびますが(インドのアーユルヴェーダもオリーブオイルを使いますね)、悠久の歴史。古代から人々の美容と健康に役立てられてきたもの。信頼できないわけがない。その効能は歴史が物語っております(動物占いが「たぬき」の私、伝統とか歴史とかいう言葉にめっぽう弱い)。

美容記事ふうに言うと、「髪に潤いがよみがえります」といったところか。

とにかく、しっとりつややか、烏の濡れ羽色なのです。しかも、今の私は去年の竹久夢二×シャーリー・テンプルのレトロパーマの名残が根強く残っていて、相変わらずくるくるパーマヘアなのですが、このトリートメントをした日(朝シャンプーするもので)は、乾いた後もカールが自然に出るので整髪料いらず!

ここでちょっと、知ったばかりの紫外線対策なんかもあわせて紹介しておく。
オリーブオイルには紫外線を吸収する働きがあるらしく、髪にかかる紫外線からの負担を軽減してくれる、と。なーる(ほど)。詳しいことは、「オリーブオイル 紫外線」なんかで検索あそばせ。
肌と同じで、髪も紫外線のダメージを受けますね。ひどいとバッサバサになってしまいます。美黒班の私は、これが身に染みてわかります。本当に、リカちゃんの髪の毛みたいになってしまうこともある。やっぱり、いいオンナ(私のハンドルネームには、スペイン語の俗語でそういう意味があるんですって。知りませんでしたわ)は髪の毛もきれいじゃないといけませんわ。
そういうわけで、オリーブオイルでのトリートメントは、夏の紫外線対策にもぴったり!というわけですね。

オリーブオイルは、もちろん食用のものでかまいません。食用を使うには抵抗があるという場合は、台所用とは別にお風呂場用を買えば良いわけですが、薬局でも手に入ります。写真の物は、薬局で買いました(12ドル/100ml)が、今までは食用を使ってました。
エクストラバージンとそうでないもの差(使用した後の髪の感じの差とか)は特に感じませんでした。成分のことなんかを考えるとエクストラバージンのほうが良いのかな…と思わないでもありませんが、そうでないものを使っても私は"better than nothing"ということにしています。

bonbonのオリーブオイル・トリートメントの仕方
1) オリーブオイルを手のひらに小さじ1~2くらいとる
2) 髪全体に伸ばして、よくマッサージ
3) シャワーキャップでもかぶって湯船に浸かって5分以上は待つ
   湯船に浸からない場合は蒸しタオルを頭に巻いて同様に待つ
4) オイルをよーく流した後、いつもどおりシャンプー
   2度くらいシャンプーすると泡もたって良いようです
5) コンディショナーやリンスの必要はなし。髪を乾かして終わり。


今年の夏は、オリーブオイルでしっとりつややかな髪を!


備考:
オリーブオイルは、アイメイクアップリムーバーとしても活躍してます。ウォータープルーフのマスカラも落ちますよ(メイベリンの場合)。
化粧落しや顔マッサージには馬油も良いですが、高いので髪のトリートメントとしては使っておりません。でも馬油は髪に良いことでも有名です。

Comment

オリーブオイルトリートメント良さそうですね。

私のボッサボサ&パッサパサの髪で試してみたいと思います♪

オリーブオイルで足マッサージもなかなか良いですよ。お風呂上りに少量を刷り込むようにして足に塗って、そのまま寝る。次の日にはしっとりツルツルになります。(塗った後、滑りやすいのでご注意を。)

国民級アイドル(使っちゃった♪)のbonbonさん、お試しあれ~。
■モグモグさん
是非お試しください。
海外に住んでいると、なかなか自分の髪に合うものが見つけられないので、困りますよね。役に立ちますよ。
国民アイドルとして、足マッサージ、やってみます!
え、あなたのHNってスペイン語から来てるんじゃなかったの?私はずっとイイオンナの意なんだと思ってた・・・違うんだ。
はい はい しつもぉ~ん!

ピーナッツ油とか他の油ではだめなのでしょうか!?

ふと思っただけで~す 決してうちに処理に困っているすごい量のピーナッツ油があるわけではないでぇ~す!

饅頭くいねぇ~ \(^^)/ \(^^)/ \(^^)/ \(^^)/ \(^^)/
  • 2006/05/05 15:36
  • hiro
  • URL
■檸檬ちゃん
bonbonには由来があるんだけれど、セニョリータにはあんまり意味はなかった。マドモワゼルでも良かったんだけれど、まあなんとなくセニョリータにしておいたの。
俗語でも、あんまり悪い意味じゃないようだから良かったよ。
ハンドルネームに恥じないようにしなくては!

■hiroさん
ハイ ハイ お答えぇ~!
ピーナッツは髪にも良いみたいだから、きっとつやつやになると思いまーす。
饅頭食べた?
先週行ったときに念のために食べといた5ドルだったよ

特別うまい!とかいうとこはなかった 柏餅のほうがいいなぁ~ みそ餡 笑
  • 2006/05/06 23:17
  • hiro
  • URL
あー、みそ餡の柏餅、おいしいよねー。たべたい(じゅる)
bonちゃんもアイメイク落としにいいって書いてるけど、オリーブオイルをお鼻につけて、くるくるくるくるしてると、お鼻の毛穴に詰まったブツブツがポロポロ取れるって、昔同僚の女の子が言ってたなー。
オリーブオイルそのものは使ってないけど、「オリーブオイル配合」って文字についひかれちゃいます。
■hiroさん
なんだ。んまくないのか。
でも、確か食べると運気が上がったり、健康になったりするんだよね?
じゃ、これからのhiroさんをじっくり観察しようっと。むふ♪

■ROBIさん
そのとおりだよ。顔のマッサージにもよろしいです。昔の同僚が言ってたけれど、試したことはなかったの?お試しアレ!
毛穴のお掃除には、重曹もよろしくてよ。
どちらも、お風呂に入っているときとか、蒸しタオルとか、とにかく毛穴が広がっているときにすると、効果も上がります。
髪から肌までオリーブオイル一本で事足りるから、安上がりでもあります。(素敵奥様的キーワード: 経済性)
bonbonちゃん おはよう♪
オリーブオイルのトリートメント 私はちょっと違う使い方してます
せっけんシャンプーを使ってるので 洗った後は 洗面器三分の一ぐらいのお湯に お酢おちょこ2杯ぐらいを入れて それをリンスにしてます 洗い流したら 髪の濡れてるうちに オイルを髪先にだけつけて(量は同じ暗い↑)ブラッシングしてます^^
それだけでツヤツヤ感が違いますよぉ~
面倒臭がりやの私にはちょうどいでぇ~す(笑)
■手鞠さん
おはようございまーす!
手鞠さんのやり方も、どこかで読みました。試してみたいものの、香港では洗面器という便利なものを使いませんので(トイレと洗面所とお風呂が一緒なので)、半ば諦めていたんですが、そうだ!洗面所のシンクを使えばいいのだ!
あ、でもパーマかけててブラッシングができない場合はどうしましょう?そのまま乾かせばいいかな?考えてみます。
昔、椿油でやってましたがどうもあの匂いが苦手で。
いいですね~コレ、お手軽ですし。
早速やってみましたよぉ、台所にあった食用のやつで。
ちょっとハチミツも入れてみました。
しっとりして普通のトリートメントよりもいいかも!
お役立ち情報ありがとうございます♪
■chicさん
で・しょぉー!(喜
蜂蜜、イイかも!私も混ぜてみよう。
下手なトリートメントよりずっと良いと私は思います。なかなか良いものが見つからない海外では、特に。
しかも安い!嬉しいこと尽くめです。(笑
はじめまして!こんにちは。
いつも「bonbon堂」を盗み見ばかりしていた、ガルパンと申します。
私はいつも髪を洗って、ドライヤーをかける前に椿油(大島産)を1滴髪になじませておりますよ。整髪剤いらずでなかなか良いです。でも、オリーブオイルでもやってみよっと。ええ女になりたいですから!
生協の海草シャンプーってクリームタイプのやつですか?そうだとしたら、あのシリーズはいいですよね。匂いも控えめな、懐かしいお化粧(お粉)の様な匂いで。
では、またコメントさせていただきます。
  • 2006/05/13 17:22
  • ガルパン
  • URL
  • Edit
■ガルパンさん、歓迎光臨☆
bonbon堂へ、ようこそ!
いつも盗み読んでいただいていましたようで、ありがとうございます。

海草シャンプーは、きっとそれです。これ↓
http://6922.teacup.com/taiyoriken/shop/01_01_04/
髪がしっとり柔らかくなりますね。リンスの匂いが特に好きです。
椿油の秀逸さは耳にしておりますが、香港ではちょっとみつからないのです…。あの、ヘアケア製品は、椿油コンディショニングシャンプーしか発見できておりません。食料品で出ているものは、なんと言っても値段が…。とても高いのです。
椿油は日本で買ってもちょっとお値段高めですが、その点オリーブオイルは倹約の友!と言っても良いかと思うくらい、手の出やすいお値段。ガルパンさんも、是非お試しください。
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。