ラテン系大和撫子

  • Day:2006.05.04 20:24
  • Cat:本堂
5月4日 (木)   曇り

今日のBGM: Alejandro Sanz 「más」

いろいろな音楽、良いものは良い!という感覚で分け隔てなく好きだけれど、ラテン系だけは特別。

ラテン系と言っても、どうやら私の場合、鍵はスペイン語らしい。

どうして、スペイン語の音楽を聴くと、こんなに心躍るんだろう。血が騒ぐ感じ。ドキドキして、嬉しくて、体の芯から幸せでたまらなくなる。不思議。

歌の意味が分かるようになると、もっと良いんだけれどもな。でも、意味が分からなくてもこんなに魂が震えるんだから、やっぱり音楽って感じるものなんだわ。

因みに、きょうのBGMのAlejandro Sanzは、スペインの大物歌手。
公式サイト 日本のファンサイト

Comment

スペイン語が鍵ですか、日本の連休に合わせて、
バルセロナに1週間滞在して、夕べ帰ってきたところです。
毎日歩き詰めで、やせたのでは、と期待してましたが、
イカ墨のパエリアが美味しすぎたせいか、
完全に太ってます、こわくて体重計にはのれない。
さあ、また香港生活の始まりです。
お昼は、四川米線で、汗をかいてきます。
  • 2006/05/08 10:24
  • ゆり
  • URL
■ゆりさん
お久しぶりでーす!
あらぁ、バルセロナとは羨ましい。行ってみたいなぁ。
スペイン語は、スペインよりも中南米のスペイン語のほうが好みなんですが、スペイン自体は好き。ラテン系の良さと、ヨーロッパのエレガントなところが共存していて、理想です。
住んでみるとまた違うかもしれませんけれどね。ま、それはどこも同じということで…。
最近、膀胱炎とかいろいろと辛いものを避けていたので、四川米線食べてないなー。よし、明日は食べに行こう!
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。