オーストリア改めオーストリー

11月20日 (月)   曇りときどき小雨

香港へ持ち帰った風邪が図らずも悪化し、3日間寝たきりとなってしまったわたくしですが、たかが微熱で寝たきりという大げさな対処が功を奏したのか、どうやら平熱程度にもどり、体力は落ちたものの、今日は概ね普段どおりに過ごせるようになりました。健康ってありがたいものです。
この微熱のために、お友達との約束を二つも欠席することになってしまったのだけが悔やまれます。

え、さて。今日はYahooニュースで読んだこの話題です。
「オーストリーと呼んで」

 「オーストリアではなくオーストリーと呼んでください」。欧州の伝統国オーストリアの駐日大使館が「日本語表音表記の変更」を発表した。豪州のオーストラリアとの混同を避けるというのが理由だが、外務省も「まだ定着していない」としており、あまりに唐突な発表に戸惑いの声が上がっている。



なるほど。確かに、私もオーストリアとオーストラリアはたまに言い間違えたり、読み間違えたりしておりました。そういう人が多いので、この際名前を改めたらどうだ?ってことなのでしょうが、それほど害のある間違いだったのでしょうか。感情的なものではなくて、実際に業務に差し支えるとか、そういう実害があったのかなぁ。
だって、表記を新しくするということは、名刺とか看板とか、その他印刷物とか、とにかくあれこれと作り直さなければならないってことだから、かなりコストがかかると思うんだなー。
まあ別に良いのですけれどね。オーストリーと呼んで欲しいのなら、そう呼んであげるのもやぶさかではなくってよ。ほほほ。

オーストラリア国章オーストリー国章

ところで、これって日本語だけの問題なのでしょうか?私がネイティブでないせいかもしれませんが、私は英語でしゃべっているときにも、英語を読んでいるときにも、オーストラリア(Australia)とオーストリア(Austria)をよく間違えます。だって似てるじゃない?
「おーすとれいりあ」と「おーすとりあ」(太字部分にアクセント)なので、アクセントは全く違いますから、聞き間違えるということはないんですけれどもね。
英語話者は、この二つを混同するようなことはないのでしょうか・・・と素朴な疑問が湧いてまいりました。

因みにフランス語では、オーストラリアは「おーすとらりー」。オーストリアは「おーとりっしゅ」で、綴りも「Australie」と「Autriche」となり、英語よりは違いが大きいので間違えません。
中国語ではオーストラリアは「澳大利亞(あおたーりーやー)」。オーストリアは「奥地利(あおでぃーりー)」。中国語で会話しているときにオーストリアという単語を使った覚えが一度もないので、これは間違えるかどうかは不明ですが、「奥」と「澳」を書き間違えることはありそうです。

それにしても「オーストリー」って何だか座りが悪い気がしますのは私だけ?なーんか中途半端な感じ。尻切れトンボ。言い慣れればそんなことはなくなるのでしょうか。
まあ、今までの「オーストリア」からそれほど遠くなく、かつオーストラリアとの差別化をはかる、しかも過去の日本での表記を鑑みて・・・ということだったんでしょう。

国内初の本格的な国際地理誌「萬國地名往来」(明治6年発行)で同国は「ヲウストリ」とされ、翌年開催されたウィーン万国博覧会も開催国「オウストリ」と宣伝された。第一次大戦までは英独仏露と並ぶ欧州五大国の一員だったこともあり、文明開化後、富国強兵を目指した日本にとって、あこがれの存在でもあった。


と、こういうことだそうですが、やっぱりなんだか座りが悪い気がするので、いっそのことドイツ語(オーストリアの公用語。ドイツ語ではこのように書きます→Österreich)の発音を日本語読みに直して、「オーストライク」とか「オーストライヒ」なんてのはどうかなぁ?よっぽど浸透しにくくなるかしら。

そう言えば、ドイツは英語で「ジャーマニー」なのに、どうして日本語では「ドイツ」なのか、頭を悩ましたこともありました。その頃の私は今よりも更に無知だったので、カタカナ表記の日本語は全て英語なのかと思っていたのです。
何か言うに言われぬ訳があるのだろうと思い、そのときはそのままその疑問は忘れてしまいましたが、後年それがドイツ語読み「ドイチェ」に倣ったものだと知ったときには、胸がすっとする思いでありました。

今回のこの変更も、ビルマ→ミャンマーみたいに、そのうち浸透するのかしらネェ・・・。

Comment

オーストラリアと混同されるのがイヤなら、思い切って国名をウィーンに変えてしまうとか?「伝統国」という表現に悲哀を感じますな。

  • 2006/11/22 08:03
  • メラ
  • URL
■メラニンさん
お久しぶりです。
あ、「ウィーン」はいいアイデアですね!
私も、「伝統国」という表現にちとつまづきました・・・。(笑
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。