殿、バスに乗る

  • Day:2006.12.18 13:59
  • Cat:本堂
12月18日 (月)   晴れ

ある日の夕方
午後の空

昨日の夜のことです。ある、素晴らしく画期的なことが起こりました。
なんと、なんと、なんと・・・!!!

殿がバスに乗ったのです。

凄いことですよ。でも嗚呼・・・、この凄さが皆さんには伝わらないでしょうね。残念だわぁ。

しかもね、ただのバスじゃないんですよ。なんと、98Dに乗ったんです。
98Dと言えば、東の果て経由、「はんはう」行きのバスです。東の果てとは、MTR将軍澳綫の終点、寶林(Po Lam)です。
寶林と言えばRさんのお住まいなんですが、Rさんちに遊びに行ったわけではありません。Rさん、今お留守だしね。

別の用事があって、東の果てへ行ったのでした。

まあ、何の用事だったかは後回しにして、まずは殿のバス(ほぼ)初体験についてです。(ほぼ)というのは、殿は香港島ではバスに乗ったことがあるそうで、まあそれも何年前の話か知りませんが、そういうことです。しかし、九龍側では初めてだったそうです。KMB初体験!
因みに、殿は香港在住16年。私より10年も長く香港にいるのに、バスに乗ったことがないなんて!・・・と、思わないでもありませんが、殿の行動圏は非常に限られていますので、それも理解できないではありません。大体、漢字の読めない人にとって、バスというのは利用しにくいものでしょう。

殿には、ミニバスの乗車を拒んだという前科があります。大の大人、しかもオトコが、一体何を怖がっているんでしょうか。
ある日、殿とこんな会話をしました。
殿
「明日の朝、沙田に行かなくちゃならないんだ~」

ぼんぼん
「沙田に?」

殿
「そうなんだよ。どうやって行くのが一番良いのかな」

ぼんぼん
「尖東からKCRに乗ればいいんだよ」

殿
「え?九龍塘で乗り換えるんじゃないの?」

ぼんぼん
「うん。まあそれでも良いけれど、うちからなら尖東が便利だよ」

殿
「尖東?どうやって行くの?」

ぼんぼん
「うちの前からバスに乗って終点」

殿
「バス・・・」

バスと聞いたとたんに、眉間が曇る殿。不安そうなご様子です。会社からもらってきた紙には、MTRの九龍塘で乗り換え案内に従って進み、然る後KCRに乗り換えよと書いてありました。
しかし、尖沙咀から九龍塘へ行くには、まずMTRを一度乗り換えなければなりません。よって、沙田へ行くには2度乗り換えることになります。それに引き換え、うちの前からバスに乗ってKCR尖東駅へ行けば、あとは沙田まで乗りっぱなしです。
そのあたりのことを懇々と諭してみたのですが、その方が楽だということは納得できても、まだバスに不安を覚えているようです。しかもこのバスがミニバスなので、よけい不安なようでした。

殿
「小銭をぴったり用意しなくちゃならないんだろう?」

なんて言ってます。このあたりから、殿が最後にバスを利用したのはオクトパスカード流通前と思われます。
「オクトパスが使えるよ!」というと、「え、そうなの?」とちょっと安心の表情。そこで、畳み掛けるように「バスにはちゃんと乗せてあげるから!なんなら、尖東まで一緒に行ってあげるよ!」と言うと、やっと「そっか。じゃ、バスで行こう」と言いました。どれだけ不安なんだ?
何も無理にバスに乗せることはないんですが、私としては、新しいことに挑戦してもらいたいと言う気持ちでした。

さて翌朝。
殿が出かけるときに私も一緒に出ようとすると、その必要はない、と。何故かと訊ねると、
殿
「やっぱりMTRで行くよ。MTRの方が簡単で早そうだし・・・」

だって!絶対にKCRの方が簡単で早いっつーの!
怖気づいたようです。「怖くなったんでしょう?」言うと、「へへへ・・・。まさかぁ」と照れ笑いしながら「じゃ、行ってくるね~」と出発しました。「いってらっしゃぁ~い!あなたには失望したわぁ~」と送り出しました。
と、これが殿のバス乗車拒否の前科の全貌です。

さて、昨日はどうだったかと言うと、ちょっと抵抗はありましたが、まあすんなりバスに乗ってくれました。殿の希望を叶えるためにはこれしか手段がなかったのですから、乗らないわけには行かなかったんでしょう。
でも、出かける前に「小銭いる?」なんてまた言ってました。

めでたく2階の一番前の席を確保し、目指せ寶林。
バスの席の間隔が狭いので、殿のように長身の欧米人には足もとが窮屈そうでしたが、見慣れない風景をそれなりに楽しんだようです。
寶林までは尖沙咀からバスで30分ほど。最初は、「帰りはMTRでもいいんだよね?」なんて言っていたのに、バスが思いのほか快適(時間的なことも含めて)だったのでしょう、帰るときに私が「じゃ、MTRに乗る?」と聞くと「いや、バスに乗ろうよ」と、まるで別人のように強気におっしゃってました。

何の用があったのかというと、殿の観たい映画「The Nativity Story」(マリアがキリストを産むまでのお話)が、上映時間や空席状況の関係でここしかなかったということです。

寶林に友達が住んでいることや、彼女から聞いたセールスポイントを殿に話すと、「へぇ~、それじゃ今度はこの辺でも部屋を探してみようか!」ですってよ。bonbon亭、再来年あたりは寶林に移住か?!



12月17日の目撃例
[ KK GARY ] 数字なし車牌。将軍澳トンネル手前にて目撃。

Comment

あはは!!
お2人の似顔絵(?)が雰囲気でてて素敵だわ☆
殿のバス初体験話はまるで
「はじめてのおつかい」を見た時のような気持ちになりましたわ。
バスは慣れれば快適だもんね!

じゃあ次はハードルを一段上げて
バスの2階から転げ落ちた友人の話でもしてあげてください。
再び乗車拒否かな~?
■かに玉さん
うふふ。笑えるでしょ。
慣れれば便利なんだよね、本当に。
昨日も、バス停に並んで待っているところまでは、
やや不安げな面持ちでした。(笑
転げ落ちた友人の話・・・。
もうちょっとバスに慣れてからにしてみましょうか。
バス初体験?が寶林へなんて、渋い・・・!
今回もやっぱりMTRで・・・って言い出さなくてよかったね~。
バス大好きっ子の私としては、
ぜひぜひ、バスの快適さを殿にもわかっていただきたいわ~。

でも、2階の一番前は殿方にとっては、狭いようです。。。
うちの旦那はいやがるの・・・。

空の写真、素敵☆
  • 2006/12/18 21:57
  • shell@にほんだよ。
  • URL
  • Edit
おほほほ…
不安げに眉根を寄せたキングの表情が、この会話に まぁピッタリ!うまいの見つけたねぇ。
バスって楽しいのに~
わたしはもうちょっとミニバスを乗りこなしたいです
  • 2006/12/19 07:53
  • うらら
  • URL
  • Edit
■shellさん
お、もう日本ですか。
寒いでしょうネェ。

渋いでしょ、寶林。
やっぱり、男性には少し狭いですよね、あの席は。

この空は、フジ子ちゃん撮影です。

■うららさん
これ、スペードのキングです。
因みに私は歌麿。

私は、赤ミニを乗りこなせるように・・・なりたいかもしれない。
尖東駅までだったら僕歩くと思う

っていうか実際歩いた・・・(九龍ホテルから下にもぐってそこからは歩く歩道だけど 笑) 健康のために殿にも歩かせましょう!

(HSBC本店のクリスマスツリーは撮影しないの?)
  • 2006/12/19 12:18
  • hiro
  • URL
■hiroさん
私も歩くけれど、道の分からない人には酷じゃない。
ま、乗り換えするのと同じようなもんだけれどね~。
バスで表情が曇ったので「歩けるよ?」とも言ったんだけれど、
「歩く?!」と、さらに顔が強張ったのさ。(笑
普段は、結構たくさん歩く人なんだけれどね~。

HSBCにツリーがあるのも知りませんでした。
情報感謝。撮影します!
一度歩いて道覚えちゃえば次から楽なのにね~ 殿ったら超〇ッカじゃないの!?(俺が言うことでなないな 笑

(ついでにうちの会社のツリーも写真とる?もう半死状態だけど)
  • 2006/12/19 18:03
  • hiro
  • URL
■hiroさん
アラアラ、hiroさんたら。
そんな意地悪言わないの。
殿は、混雑した中を歩くのがあまり好きではないのです。
あら~、バスほど便なものはないのにねぇ。
私は断固バス派でした。
慣れてしまうとMTRの地下に降りるのが面倒で。。。(^^ゞ
是非、殿にもこれを機にバス派になって欲しいですねぇ。

bonbonちゃんの殿を送り出す言葉に
爆笑してしまいました!
  • 2006/12/19 23:57
  • あずき
  • URL
■あずきさん
やっぱり、漢字が読めないとバスは利用しにくいようですよ。
確かに、バスでは欧米人をあまり見かけません。
私も、バス派です。
景色も見られるし、路線によってはドアツードアだったりもするし。

あの朝は、本当にガッカリでしたよ。(笑
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。