Casino Royal

  • Day:2006.12.26 17:35
  • Cat:書房
12月26日 (火)   晴れ

カジノ・ロワイヤル昨夜は、殿と一緒にCasino Royalを観ました。
クリスマス連休中の夜の回とあって、満席です。実は、数日前にチケットを買うのにも40分くらい並びました。クリスマスに合わせて大掛かりな映画がいろいろと公開されているので、並んでいた人全員がカジノ・ロワイヤルのために並んでいたわけではありませんが。

さて、前評判があまり良いとは言えなかった新ジェームス・ボンド、ダニエル・クレイグですが(ピアース・ブロスナンが突然降板となってしまったことに対してのファンからの抗議の意味が強かったように思いましたが)、どうなんだ!彼はジェームス・ボンドにふさわしいのか否か!かのピアース・ブロスナンの後釜として、うまく引き継げるのか否か!

と、私の中では期待は最高潮に高まっていました。

約2時間半後、映画終了。さあ、どうだっ!
★★★★★

堂々の、★5つを上げるのもやぶさかではありません。

いやー、面白かった!本当に面白かったです。私は007にはそれほど思い入れはありませんので、これまで観たのもピアース様がボンド役のときのだけなんですが、そのどれよりも面白かったようにも思いました。
よーく練られたストーリーと、いつもどおりのしゃれた台詞回し。長い映画ですが、次々と展開して飽きさせず、とても見ごたえのある仕上がり。
新聞での映画自体の評価がよかったのも頷けました。

さあ、映画は面白かったですが、ジェームスはどうかと言いますと、これもまあ良し。

今回は、設定がとても「うまいな~」と思わせるものでした。007が007になるまでの物語です。だから、今までの007よりもより人間味があり、新しい顔でも受け入れやすく、新しい顔でも親しみが湧く。制作側にはそんな思惑もあったんじゃないかと思いました。

つまり、若き日の007なので、観ている側もあまり完璧さを求めず、その人間臭さが逆に魅力になっていたと思います。そして、ダニエル・クレイグは、若き007にぴったりと言っても良いくらい、魅力的でした。

彼が全裸で拷問にあうシーンがあるんですが、萌え
これに萌えなければ女じゃないわぁ~と思っちまうくらい、素敵でしたわ・・・。拷問シーン以外でも随所にちりばめられている水着姿、濡れシャツ・・・なんなんだ、あの肉体美はっ!

決して美形ではありませんが(鼻の下長いし)、とても魅力的。とてもセクシー!ジェームス・ボンドとして、私は認めます。


これはDVDではなく、是非映画館でお楽しみあれ。


*   *   *   *   *


さて、今夜はやっと、Dan Ryan'sにラムチョップを食べに行きます。んふ♪

Comment

クリスマス・イブには、自宅で「戦場のメリークリスマス」観てた私です
ストーリーすっかり忘れてましたが、
若いデビット・ボウイ、よかったですねえ
重症を負い、あるいは殴られて、憔悴した様…まさに萌えですわ♪
bonbonさんのレポを読んで、こちらも観たくなりました(笑)
日本では公開されてるのかしら?これから?(わくわく)
彼が全裸で拷問にあうシーンがあるんですが、萌え。これに萌えなければ女じゃないわぁ~と思っちまうくらい、素敵でしたわ・・・

ブルブル(T_T)<僕は金玉縮みあがりました・・・ 
  • 2006/12/28 14:03
  • hiro
  • URL
■eribowさん
ボウイ様、若いときは、ものすごい色気がありましたネェ・・・。
今も渋いけれど。
007は、日本ではまだ公開されてないのかな?
おすすめです!

■hiroさん
ええ、金玉縮み上がらなければオトコじゃない・・・
というようなシーンでしたね。(笑
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。