微笑終了(前編)

1月26日 (金)   晴れ   濃霧・・・ってか汚染?

微笑みエア

日曜日から3泊、予告どおり飛行機で3時間弱(香港から)、びゅーんと微笑の国までひとっ飛びして来ました。
搭乗機は微笑みエア(タイ航空)ボーイング747。搭乗率50%といったところで機内が空いており、とても乗り心地がよかったです。
予告したとおり、観光目的での渡泰ではなかったため、旅のレポートと言うようなものは書けませんが、数百年後の重要文化財指定を目指すためには、やはり少しは旅日記も残しておいたほうが良いでしょうね。
東海道五十三次とか、マルコ・ポーロの東方見聞録とか、ああいった要素も少しはあったほうが、重要文化財に指定される可能性も高まろう。

1月21日(1日目):
TG601便にてタイ王国の首都バンコクに到着。
空港からタクシーでホテルへ向かった。タクシーは、ドムアン空港では料金前払い(タクシーの案内カウンターで払った)だったのが、新しいスワナプーム空港では後払い(普通に運転手に払う)となっていた。

南国らしいお花

天気は晴れ。
日曜日なのでこの日は用事を済ませられない。プールサイドで一休みした後、夜ご飯を食べた。
殿の「軽いものを食べたい」という要望にお応えして、夕食はサンドイッチのSUBWAY。殿はターキー&チーズ、私はツナ。
実は、一年半くらい前まで殿はSUBWAYの存在をご存知なく、たまたま通りがかったこの支店で食事を摂ったときにいたくお気に召され、以来バンコクではSUBWAYとすり込まれたらしい。香港にもあるのよ・・・?タイ料理が食べたいな~・・・などという私の愚かな進言は豆腐に鎹(かすがい)。(このことわざであってるのかちょっと不安)

ご飯の後は、バンコクで殿が利用している美容院(適当に入ったところらしいけれど、意外にもガイドブックに載っていた)へ行ってみたものの日曜定休。仕方がないのでそのままマッサージ屋へ行った。
2時間の極楽タイマッサージを受け、ホテルに戻って就寝。
ホテルへの帰り道、暗い歩道で巡回中のG(ワモン様と思われ)を目撃。仕方がないので車道を歩いて回避。


*   *   *   *   *


1月22日(二日目):
目覚めると土砂降り。乾季のはずなんですけれども・・・?
午前中から外出して精力的に課題をこなす予定が、あまりの雨のためにホテルから出られず、昼ごろまで数時間のロス。
昼過ぎ、やっと目的地へ赴き、ここからはとんとん拍子で・・・と思いきや、担当者がおらん!ゴルァ。
まあ・・・なんつうの?マイペンライ精神?気候が暖かくなるほどこういうことがルーズになるっていうのは、人間の性なんでしょうか。あ、ヨーロッパは寒いのにルーズだけれど。でも、そのヨーロッパでも南になるほどやっぱりさらにルーズになるしな。

さて、そんな調子で結局日が落ちるころまでかかってもともとの課題の半分ほどしか済ませられなかった。観光の時間はあるのか・・・?はぁ~。

昼食はピザとスパゲッティ。バンコクは、香港のように一財産をかけずともおいしいイタリア料理が食べられるのです。万歳!
夕食はタイスキ。正直、香港で食べる火鍋とどのあたりが違うのかよく分かりませんでした。

夜は時間があるので、ナイトバザールへ行った。香港からの旅行者である私は、幸か不幸かこういう場所ではあまり購買意欲を刺激されない。だって、ほとんどのものが香港でも手に入るものなんだもの。タイシルクを使ったものや、タイの山岳地方の民族風のものなどは、香港で買うよりも安い。
しかし昼間の疲労と、値段交渉にかかる時間で(粘りすぎなのか?)、あまり買い物はできず。

ホテルに戻る道で足マッサージを受けた。これが気持ちよくって大満足。

*   *   *   *   *


意外と長いので、今日はここまで。

Comment

お帰りなさ~い!
まずまず楽しまれたようで何より☆
プルメリア(でしたよね??)美しい・・・。
後編も楽しみだわ~。

そして、リンクに「The Cat who...」が追加されてる~~!!!
これ、私も大好きなんです!うれしいv-283
  • 2007/01/27 01:44
  • shell
  • URL
  • Edit
お帰りなさい。
2時間マッサージ、いいですねー

確かに香港に住んでいるとタイではあまり物欲沸かないですね。
帰りの荷物が重くならないからいいけど...。

続き楽しみにしています。
  • 2007/01/27 04:35
  • りんりん
  • URL
  • Edit
■shellさん
意外と(笑)楽しかったです。
この花、プルメリアなんて素敵な名前なんですね。(うっとり
さぁ、観光はできたのか!?後編へ続く・・・。

■りんりんさん
タイマッサージは2時間が良いと思います。安いですし。
足は1時間でもいいけれども。
香港と同じようなものばかり並んでいるのを目にすると、
マーケットなどの半分近くを素通りできるので
時間短縮につながります。
そうそう、帰りの荷物も軽いままですしね。
その代わり、タイっぽいもの(民族系とか)になると、
香港で買うより安くしないと!と、値切り交渉が長引きます。(笑
  • 2007/01/27 17:34
  • bonbon
  • URL
  • Edit
こんばんは。
バンコクで大戸屋へ行かれたとか。
F女史がオーストラリアでフラットシェアしていた日本人の子が
帰国後地元で大戸屋に勤めて、バンコク支店に配属になったのよ。
おかげで思い出すことができました。ありがとう。
今度行ったらお店覗いてみよう。
■キン子ちゃん
大戸屋っていくつかあるらしいのよ。
香港にはないので、バンコクがうらやましい~!
ああ、いつか観光メインでタイへ行きたいな・・・。
  • 2007/01/27 22:37
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。