微笑終了(後編)

1月28日 (日)   晴れ

屋台にもチェーン店が?
スクンビット通りソイ20にて

先週微笑んだ際の記録です。前編も、興味があったらお読みになるとよいでしょう。

本題に入る前に、この屋台なんですけれども、バンコクのあちこちにありました。屋台は確かにあっちこっちにありますが、何が言いたいのかと言うと、この屋台、つまりこの写真に写っている「黄色地に赤い字で、さらに丼(鍋?)に4の文字」の屋台がバンコクのあちこちにあるというわけ。屋台にもチェーン店が存在するんでしょうか。
だとしたら、きっとずいぶん人気なんだろうなぁ。人気ということは、きっと美味しいんでしょうなぁ。うーん、一度何か食べてみたいものですな。
*   *   *   *   *


1月23日(三日目):
曇り空。まあ、昨日の土砂降りよりはいいか。
今日は午前中から頑張って課題をこなさなくては!なんたって、昨日で済むはずの用事が、まだ半分以上残っているわけだし。
香港並みに運転が荒い(車酔いまたは頭痛の元)ので本当は避けたいけれども、タクシーに乗って目的地に向かう。
担当の女性がとても要領のよい人であったため、ここは1時間くらいで用が済んだ。
それから、電車に乗ってもうひとつの用事を済ませるために移動。バンコクのBTSというやつ(高架線路の電車)は気持ちいいなぁ~。
シーロムというあたりに来たらしい。電車を降りると大戸屋の看板が!お昼ごはんはここに決定!

せっかくタイへ来たんだからタイ料理を食べろ?
それは日本からの旅行者はそういう姿勢でもよろしいかと思いますけれども、私たちは香港からの旅行者ですからねぇ。香港でも美味しいタイ料理は食べられるし(日本で食べるよりも美味しいし安い)、香港には大戸屋がないわけですから、ここはバンコクで大戸屋に入ったって間違いではないと思われます。

殿はまた大戸屋をいたくお気に召されたご様子でした。

昼食の後は最後の課題。これもあまりかからずに済んだので、やっと観光できるぞー!

しかしもう4時近くだ。
ということで、チャオプラヤー・エクスプレスに乗って寺を目指した。
目指すは、ワット・ポー。寝っ転がった仏像と、マッサージで有名なお寺ざんす。
リサーチ好きな性格はどうにもできないので、地下鉄やBTSの乗り方や路線も、出発前に何度も熟読していたけれど、この水上バスも同じ。なんたってぼられちゃいかん!という気持ちもあるので、いくらかかるのか、いくつ目の駅で降りるのかなど、みっちりリサーチしておいた。

私の持っているガイドブック(地球の歩き方05~06年)に記載されている値段からやや値上げされていた。エクスプレス船は11バーツから13バーツへ値上げ。
それから、ワット・ポー最寄り駅(ター・ティアン)は各停でないと停まらないはずだったのだけれど、観光客が多いからだろうか、とにかくエクスプレス船でも停まるようになっていた。

寝転がる釈迦

到着したのは4時近く。嬉しいことに、ワット・ポーの閉館時間も5時から6時に延びていた。もう対岸のワット・アルンはあきらめたので、2時間たっぷり見学させてもらおう。

ここの入場料も値上げ。私のガイドブックでは20バーツだったのが、50バーツになっていた。

相変わらず曇っているので、写真を撮るにはパッともピッともプッともしない空の色だけれど、仕方がない。下手な鉄砲数うちゃ中る精神で撮れば、中には良いものがあろうぞよ。
ということで、2時間、殿にあきれられるくらいたーくさん撮った。

まぶしいご本尊

修繕中か何かで周囲が工事現場みたいになっている本殿も、ご本尊のある場所には入れるということなので行ってみたら、お坊さんが集まってお祈りの時間(?)だったらしく、お坊さんの横に座って歌のような読経を聴くことができた。

ニャンコ先生

あっという間に6時。でも、お寺から追い出されるわけではなかった。話しかけてきたお坊さんのお話によれば、寺自体は閉まらない。ただ、仏像がある建物は6時で見学終了になるということだ。
タイにおける男性の出家文化についての簡単な話や、その他タイの仏教に関するいろいろなお話をしてくれたお坊さん、ありがとう。

ニャンコ先生がたくさんいらっしゃいました。みんな人懐っこくて、触らせてくれて、可愛い。むふ。

殿はもう疲労困憊していたので、ホテルに戻って文字どおりバタンキュー。
私はもう一度ナイトバザールへ行きたかったので、独りで行くことにした。
この日の夜ご飯は、またしてもSUBWAYのサンドイッチ・・・。本当は、モールのフードコートへ行きたかったのにさぁ。


*   *   *   *   *


1月24日(四日目):
香港へ戻る日。やっと快晴。(涙
朝食後、てきぱきとパッキングして、荷物を預けて出発。4時の飛行機なので、2時にはタクシーに乗らなくてはいけない。
殿は美容院で髪を切りたいということなので、殿が髪を切っている間、私は道路の向かいにあるスーパーへ行った。
祝、初スーパー!
しかし殿の散髪は短時間(30分程度?)で終わるので、あまり時間はない。みつけた坊さんバッグ(棚のタグにはmonk bagという名前が書かれていた)だけ買って美容院へ。
昼食は、隣の韓国料理屋で焼肉・・・。暑いよ?しかも私、焼肉食べるほどお腹空いてないよ?
あんまりお腹が空いていないときにも、麺とかサンドイッチとかは食べられますが、焼肉は無理だな~。と殿に伝えて、殿が頼んだものについてきたキムチ類などをつまんだ。

2時過ぎ、タクシーを捕まえて空港へ向かう。


*   *   *   *   *


ということで、私の微笑み期間は終了した。ま、観光はあまりできなかったけれども、最重要課題はすべてこなすことができたので万々歳である。
また数ヵ月後に行くことになるだろうから、そのときはワット・アルンを見学したい。
天気は、撮影には向かないけれど、歩き回るにはこれくらいがちょうど良かった。最後の日の快晴は、本当に暑かったのだ。
前回行ったときには暑さバテ(だと思う)で気持ちが悪くなってしまったので、ご飯も食べられないし、やる気も出ないしで散々だった。

昼も夜も、Gセンサーがついているのかと思うほどばっちりワモン様の姿をお見かけしてしまい、夢でもワモン様にうなされた。でもこれは、南国では避けようがないんだな。私のGセンサーの精度が落ちればいいのに・・・。

次回微笑の目標:
1、フードコートへ行って、屋台風の食事を摂ること
2、ワット・アルンを見学すること
3、できれば食材市場も見学すること



世界素敵奥様連盟、香港支部、乙女部内写真部、課外活動でした。

Comment

おかえりなさいまし。
微笑みの国、いいですよね。
フードコート&屋台は何度か食べましたが
安くてなんでも美味しかったですよ。
「大戸屋」発見したときは感激しました。
香港にもできてほしいなぁ。
■chicさん
Gとの遭遇率がやたらと高い以外は、おおむね好きです。
夏はちょっと(香港以上に)暑いんだけれど・・・。
次回は是非、フードコートに挑戦してみたいです。
大戸屋、本当に香港にも進出していただきたいものです。
  • 2007/01/29 23:49
  • bonbon
  • URL
  • Edit
写真を見てわかりました。
私はワットポーは、行かなかったんだったわ~。
たしか、ワットアルンと王宮へ行って時間切れだったような気が。
今度は行ってみたいな。
大戸屋にも行ってみたいしw(大戸屋好き。

にゃんこ先生、変わった色合いの子ですねー。
  • 2007/01/31 16:50
  • shell
  • URL
  • Edit
■shellさん
お互い、次回の目標ができましたね。(笑
大戸屋は感動でした。バンコクで出会うとは思わなかった~。

ニャンコ先生の背景に寺の建物を入れたかったんですが、
木があって見えませんね・・・。
木の後ろにチラッと見えるのが、寝転がる仏像の建物です。
かなり頑張って下から撮りました。
  • 2007/02/01 09:12
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。