刀削麺道場

  • Day:2007.02.03 15:19
  • Cat:食房
2月3日 (土)   晴れ

春節飾り屋さん@ちゅんわん

♪ちゅーん ちゅーん
     わーん わーん♪

「ちゅ」と言えば、アニマックスでやっている「かみちゅ!」(神様中学生)が可愛くて面白いです。私も神様になってみたいな~。

話がそれました。荃湾(ちゅんわん)です。この写真は、かの地の道端で撮ったもの。春節の飾り付けを売っているお店ですが、真っ赤っかで、見ているこっちもおめでたい気分になってきますねぇ~。
どうして中華系民族が春節を赤で迎えるのか、またどうして爆竹を鳴らすのかというのは、実は中国の古い言い伝えに基づくものなんですけれども、そのあたりの説明は今は面倒なので、ご自分で調べてみてください。・・・なんて意地悪はよして、ココをお読みになってください。調べてみるとこれ以外の説もあるようですが、これが私の中国留学中の教科書に書かれていたお話と同じものです。
ところで、春節は普通話で「ちゅんじえ」と読みます。可愛らしい響きで、好きです。
さて、世界・食の探検隊連合香港支部の隊員であるわたくしですが、同じく隊員であるG子ちゃんと一緒に荃湾へ行って、刀削麺を食べてきました。

香港では、わたくしの知る限りなかなか刀削麺に出会えません。わたくしの行動圏である中心部には五万と麺屋がありますが、刀削麺を出すお店は皆無(私の知る限りで・・・です)。
それが、MTRに乗ってどんぶらこ、九龍半島は西の方面にある荃湾という街に来ますと、逆にどうしてここにはこんなに!?と疑問を投げかけたくなるほど刀削麺を出すお店があふれております。

麻辣冷麺(刀削麺)

とあるお店でG子隊員が食べたこれ、超美味でした。辛い物好きのG子はんが涙目になるほど激辛なんですけれども、芳しくて美味しーい!あ、私はつまみ食いをさせていただいたのです。
炸醤麺に山盛りのニンニクのみじん切りとラー油がのっかっているような、スープなしの刀削麺でした。これに限って普通に頼んでも大盛りでやってきます。男性でもかなり頑張らないと完食できないんじゃないかしら。女性にとっては2食分はある量でした。半分だけ食べて、残りは打包(だーばお: 包んで持ち帰れるようにしてもらうこと)しましょう。
私が食べたものも、やさしいお味で美味でした。こちらは食べきれる量です。

このお店は、隠れ隊員に連れて行ってもらったので、住所など分かりません。ついでに店の名前も失念。
刀削麺道場のかの地でしらみつぶしに一軒一軒挑戦していけば、いつの日かこれにたどり着けましょう。みんな、頑張れ!


*   *   *   *   *


刀削麺以外でも、荃湾での開拓が続きそうな予感。今度はあの店に挑戦だー!という目標が、久しぶりにできました。

Comment

辛い物が苦手なのですが一度食べてみたいです
荃湾開拓楽しみですね さて今度は何ですか~
■bonbossaさん
美味しかったですよ~。
次回は、行列の絶えない麺屋さんです。
  • 2007/02/04 13:08
  • bonbon
  • URL
  • Edit
涙目になった翌日、また刀削麺を食べたいという人物が現れまひた。<夫
流石に嫌だと言ったのですが、その翌々日も急遽友人が行きたいと言うもので、いくことになりまして、がー子隊員は当分刀削麺を一般的には見たくないといわれるぐらい食べてます。
でもそれでも飽きてない、とりあえずまだw
何故に今がー子の周りはこないに刀削麺が食べたい人が多いのだ?
次の行列の店、楽しみだわん。
  • 2007/02/06 11:29
  • Garden
  • URL
  • Edit
■がー子隊員
私も、昨日なにを食べようか考えているときに、
「またチュンワン行こうかな~」なんて候補地に挙がっちゃった!
あんなに遠いのにね。恐るべし、刀削麺マジック!
  • 2007/02/06 11:36
  • bonbon
  • URL
  • Edit
私も先日、広州にて刀削麺食べてきました~!
んまかった!!!
こんなのが毎日(まいにち?)食べられていいな~と思っていたのですが、
チュンワンに行けば食べられるのねー。
広州に比べれば、近い!行ってみようかな。
  • 2007/02/06 19:09
  • shell
  • URL
  • Edit
■shellさん
ねぇ~、広州は美味しいでしょう?良いところです。
刀削麺なら、チュンワンでも食べられます。
同じように美味しいかは分かりませんが、是非お試しください。
  • 2007/02/06 23:44
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。