釣魚翁を目指せ!(序章)

2月8日 (水)   晴れ

これは昨日の出来事です。

釣魚翁

朝起きると、素晴らしく晴れ渡った空。先週の会議で、昨日はハイキン(グ)する日と決まっておりました。
今回目指すのは、この写真のとんがり山。その名もハイジャンク・ピークです。中国語では釣魚翁。魚釣りのおじいさん・・・ってことかいな?
おじいさんとするにはやや躊躇を覚えるような険しさでしたけれども。
全長約6.6キロ。あまりアップダウンのないコースなので難度は高くもなく、主要時間は約3時間として紹介してあります。→コチラ




がっ!



それは、香港の農林水産自然保護省が紹介している順路をたどったときのお話です。順路とは、冒頭の写真で矢印が指しているとんがり山のてっぺんは目指さず、その横のもっと低い場所を通るものです。
今回のハイキン(グ)部の活動内容とは著しく異なりました。
何故なら、わたくしたちハイキン(グ)部は常に高みを目指しているため、このとんがり山のてっぺんを目指してしまったのです。
ああ、何の因果でただの名誉部員の私が、この本格コースに挑んでしまうなんてことになったのか・・・。

そもそもこの山は、私が常々bonbon亭の窓から眺めては、
「あの山に登るのは、そりゃぁ大変じゃろうてなぁ・・・」
と、しみじみと感じ入っていたものでした。
全体、その山に登ることになるとは・・・。これは何かの罰なんだろうか。それとも、神様が何か勘違いなさって、私があそこに登りたがっているとでも思ってしまったのかしら。

こうして報告書を作成しているということは、何事もなく生還できたということですし、今となってはあの苦労も恐怖も楽しい思い出。筋肉痛だけが昨日の山の険しさを語っています。


・・・と、ここまでを序章として、本編は明日にでも書こうかなっと。
お楽しみに。

Comment

筋肉痛はおさまりましたか?
アスファルトの上ばかり歩いてるので
自然が恋しいです あの山のてっぺんから
の景色はいかがでしたか?
■bonbossaさん
・・・そうだった!
今日はこの続きを書くことにしていたのでした。忘れてたわ・・・。

まだまだ筋肉痛です。
続きにも書きますが、そりゃあもう絶景でした。
  • 2007/02/09 15:13
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。