ぶーぶー

  • Day:2007.04.11 12:27
  • Cat:葯房
4月11日 (水)   うす曇り

パンダちゃん!
可愛い可愛いパンダちゃん@小江戸


♪ぶっぶっ ぶぶぶの ぶぅ~
  (ゲゲゲの鬼太郎のメロディーで是非)

テレビでアメリカのトークショーを観ていたら、あるお医者さんが「人間は一日に最低14回はおならをする」とおっしゃっていました。自分のおならの数を数えたことはありませんが、まあそのくらいはしてるってことなのですね。
3月の終わりに香港へ戻ってきた日、殿は著しく体調を崩していらっしゃいました。
風邪の引きはじめだったのですが、身体が疲れているところに、ラグビー・セブンス接待で、スタジアムのケータリングで何か消化の悪いものを食べたらしく、私が空港から独りでアパートに戻ってスーツケースを開けていると、青白い顔をして前かがみで外から帰宅されました。

私の顔を認めると、開口一番「気持ち悪い~・・・」と、消え入りそうな声でおっしゃって、気持ち悪さエキスパートのわたくしのテキトーな処置を受けたのち、すぐにベッドにお入りになりました。
翌日も、午前中は寝て午後からスタジアムへ向かった殿でしたが、8時過ぎに帰宅すると私が作っておいたスープを飲んですぐにベッドへ。

私はまだまだ眠くないので寝室のドアを閉めて居間にいたのですが、その二晩とも、閉まったドアを超えて聞こえてくる音がありました。

ぶー

ぶぅぅ~

ぶぶぅ~

お腹に不快感を訴えていただけのことあって、殿が眠りに落ちたあとも腸のあたりが活発にお仕事をなさっていたようです。ブーブーと放屁の音が聞こえてくるではありませんか。
ま、たまったガスは早く腸から出してしまったほうがいい。我慢してるとお腹が痛くなっちゃいますからね。
しかしねぇ、いざ私が眠ろうと思って寝室のドアを開けると臭いんですよ。まあそりゃ、あれだけブーブー言わしていればこの異臭も頷けるんですけれど、屁の臭いに包まれて眠りたくはないので、しばらくドアを開けて換気しました。


*   *   *   *   *


おならを促す食べ物っていろいろあると思うのですが、有名なのはサツマイモでしょうか。
私は、サツマイモではその効果を体験した覚えががあまりないんですけれども、あるものを食べたあとには自分でも驚くくらい、プースカ・プースカ、おならが出ます。

その食べ物とは、キャベツ。
はじめに気が付いたのは、ドイツ料理のすっぱいキャベツ、ザウワー・クラウトを食べたあとでした。最初は気が付きませんでしたが、何度か食べる間にその因果関係に思いが至りました。
キャベツのサラダなんかでも、やっぱりプースカプ~になる気がします。

それからベシャメルソース。
グラタンやシチューを食べたあとには、やっぱりおならがよく出ます。どうやら私のお腹は、牛乳の成分を分解する酵素をあまり持ち合わせていないようです。


*   *   *   *   *


程度の差はあれおならが臭いのは、腸の中に食べ物のカスがあるからです。じゃあ、腸が空っぽならおならは臭くないのか?というと、臭くないんですね。

帰国している間に、ふと思い立って大腸検査を受けてみました。後ろの菊からカメラを入れて大腸全体(大腸壁)を見るというやつです。
これのためにはまず大腸が空っぽになっていないといけないので、検査の前夜は7時までに食事を済ませ、下剤を飲み、翌日の検査が終わるまで(翌日午後)は水やお茶以外は絶食でした。

翌日は、1時間半くらいかけて2リットルの「腸の内容物を出す液体」(下剤じゃないんですよ~。という説明だった)を飲みつつ、15回くらいトイレへ行きます。排泄物がCCレモンみたいな色か、それよりも薄くなれば検査準備が整ったということになります。

朝8時過ぎに病院に到着して、私の検査が終了して家路に着いたのは午後4時を回ったころでしたが、検査が終わってから家路に着く前に、おならを何度かすることを勧められました。空気を入れて腸を膨らませたりするので、それを出してしまいましょうということだそうです。確かに空気が入って下腹部がパンパンに膨れていますし、不快な違和感もあります。

出る人は調子よくプ~とか、ピーとか、プスーとか、とにかく簡単に出るものらしいのですが、私はどうしたことがこれが出ない。「女性は恥ずかしがって出にくい人もいるのよ」と看護士さんが説明してくれましたが、大腸検査のあとは別に何を恥ずかしがるようなこともありません。
だって、午前中に20人くらい一室にまとまって、2リットルの薬のボトルを傾け、飲み、トイレに立ち、部屋に戻ってきては渡された紙に排泄の回数を正の字で書き込み、「何回目?」なんて言って隣の人と聞きあうような関係を築くのです。検査後のおならが、恥ずかしがろうわけがない。
検査後しばらく横になっているんですが、その間に数回「おなら出た?」と看護士さんから質問もされます。

私は病院から家まで1時間くらいかかるので、看護士数名が「途中でお腹が痛くなってはかわいそうだ」と心配してくれ、別の部屋で横になるようにいわれました。横になっているほうがおならが出やすいのだそうです。
横になっていても、なかなか「これは!」というおならが出ません。相変わらずパンパンだし、不快感があります。見かねた看護士さんがアドバイスをくれ、それに従ったらやっと長めのおならが3回くらい出ました。お腹もちょっと楽になった感じ。やっと帰宅を許可されました。

そうやって頑張って出したおなら、臭いを嗅いでみても臭くないんですね。考えてみれば当たり前なんですが、赤ん坊だって月齢が進むにしたがっておならが臭くなるのにと思うと、30歳でおならが臭くないというのはちょっと感動的でした。
それから2日か3日は、ほぼ無臭のおならが出ていました。


*   *   *   *   *


さて、おならはずーっと出続けるものではありませんから、臭いは短時間で拡散して消えていきますが、香港へ戻ってくる飛行機の中でおならではない異臭に出会いました。これが性質(たち)の悪い悪臭で、下手したらフライトの間中付き合うはめになる類のものでした。

それは、足臭。臭い足。
トイレの前で順番を待っていると、どこからともなく香ってきたのです。突然のことで最初は何の臭いかと思ったんですが、周囲を観察すると、靴を脱いで裸足でくつろぐインド人のご婦人が目に入りました。臭いの種類と方角から言って、犯人は彼女に間違いないでしょう。(インド人みんなの足が必ずしも臭いと言っているわけではございません)

幸い私はその足の持ち主から離れた席だったので被害は免れましたが、不幸にも同じ列に座っていたかわいそうな香港人夫婦が、乗務員を呼んで広東語で「もう臭くてやってらんないわよ!なんとか言ってよ!」と文句を言っていました。そりゃそうだわ、本当に臭かったもの。

添乗員がどのように対応したのかは分かりませんが、ああいう時ってどういう風にその場を収めるんでしょうねぇ。機内が空いていれば、うまいこと言って被害が最小限に収まるような席に移動してもらうってこともできるかもしれませんが、9割がた満席といったようなフライトでしたからそれもできないだろうし、第一彼女とその家族は壁に向かった第一列目という、足元の広い、エコノミーでは一番快適な席に座っていましたから、席を移動してもらうというのは言い訳が難しくなりますね。
添乗員さんも、そんな席に配置されてしまった香港人夫婦とそれ以外の人も、本当に気の毒なことでした。

Comment

おお。このパンダちゃんはイスクラ薬局のですね?!

おなら・・・BonBon嬢の場合はキャベツがそこへ誘って(「いざなって」と読んでくだされ。)くれるそうですが、キャベツをはじめアブラナ科のモノはおならのモトになりやすいのだそうです。ちなみにうちの母はモロヘイヤを食べるとおならがでるから食べないと申しております。名前が悪いのかしら、「もろ、屁や」。
あと、普段豆類を食べつけないヒトがお豆を食べるとブースカブースカとなるようです。これは毎日食べていれば腸が慣れて徐々に解決するそうです。

・・・・いやー、アタシってば詳しいじゃん?!
  • 2007/04/11 16:13
  • 馬迷
  • URL
  • Edit
■馬迷さん
アブラナ科とおならに関係があるとは知りませんでした。
モロヘイヤも健康食品として名を馳せていますが、
おなら誘発食品でもあるんですね。そう考えると名前も悪いですなぁ。
お豆か。それは気づきませんでした。
もしかしたら、お豆も大量摂取すると、私もプースカになるかもしれませんね。

さすがと申しては何ですが、お詳しいですね、馬迷さん。

このパンダちゃんは、お察しのとおりイスクラ薬局のパンダちゃんです。
可愛いですね~。
こんなのが家にいたらいいなぁ~と思います。
  • 2007/04/11 16:26
  • bonbon
  • URL
  • Edit
部長、、、「菊」ってなんか表現エロイですぅ~。
私もやったことあります、大腸検査!
前日からの食事制限が辛かったです。。。
おならの臭い、、、覚えてないけど臭くないんですね!

足臭の話に爆笑しました!
じつは私も以前隣の席にインド人の女性が座ったことがあるのですが、やっぱり臭かった。。。
私は臭いに敏感なので、途中から気分が悪くなりました。
臭いってやですよね~。
ちなみに夫も寝ている時、ぷーぷーいってます。
そして、、、寝室臭い。。。
なかなか自分で思い立っては行かない検査・・
偉いですね。 元医療従事者のはしくれだけど
説明や介助ができたとしても自分は未経験のままです。
ちゃんと自分のからだと向き合わないといけないですね
昔行った美容院で 洗髪のとき異常に
臭気を発する方にやっていただきました
逃げることもできず 地獄のようでした。 
(またそんな方と夜勤のパートナーとなると
明け方が待ちどうしくなったり・・・悪気がないのだけどね)


■feliさん
ズバリ言うよりは、奥ゆかしい感じで良いかと思いまして・・・。
やんごとなき御紋でもありますしね、菊は。
人種はどうあれ、足の臭い人とか、
とにかく体臭のきつい人が近くにいると辛いですね。

■ぼんぼっささん
思い立っちゃいました。てへ☆
最初はお医者さんが一人でやってくれてたんですが、
なんか腸のカーブをカメラが曲がりきれないらしく、
途中からもうちょっと経験のあるらしい別のお医者さんに換わり、
看護士も一人やってきて、お腹のあちこちを押さえられました。
お医者さんは、額に汗して操作してましたよ。結構重労働なのかな?
私のほうは鎮静剤でいっちゃってるので、ちっとも苦痛はありませんでしたが。
体臭のきつい人とエレベーターに乗り合わせるというのも、
なかなかの地獄です。(笑
ま、本人には悪気はないでしょうし、
もしかしたらお悩みなのかもしれないけれど。
  • 2007/04/12 18:31
  • bonbon
  • URL
  • Edit
本当に体臭がきついと厳しいですね~。
ちなみにとなりに座ったインドの方はやっぱり足が臭かったんですけどね。。。なんでだろ??
民族によって体臭ってありますよね。
アラブ系の人はアラブ系の臭いがあるし。
香辛料をいっぱい取っているからなんですかね。
(私もニンニクを沢山食べた後はいつもと違う体臭になってます)
でもその体臭がフェロモンとしては最高らしいです!
楊貴妃はアラブもしくはインドの血が混じっていて、独特の体臭が玄宗を酔わせていたそうな。。。
ということは異性を酔わせる貴重な原料を体内に持ってるってことですかね。
私は時々口臭がしないか気になり、旦那さんにチェックしてもらってます。
口臭も辛いですもんね^^;
過去にブリちゃんも足が臭いって機内で注意を受けたそうな…。

がー子は飛行機に乗るとお腹が張って、そりゃもう我慢できないほど苦痛と戦いながら乗機しております。
何故なのかしら??
夫は夫で、ぶーという可愛いものではなく、
ぶふぉっ!
という、爆発音がするのであります。
その爆発音は、必ずと言っていいほどソファーで寝そべってるガー子の顔の近くにお尻があるときや、ベットでがー子の方へお尻を向けてるときなど、
がー子にお尻が向いてる時に吹きやがります。
かなり迷惑です。
が、夫は毎朝快腸だから、匂いはありませぬ。
それだけが救いです、、、
そういや、昔の彼で、車内で屁をするとき。
必ず無言で全窓を閉め切って、すかしやがるヤツがおりました。
  • 2007/04/13 01:25
  • Garden
  • URL
大腸検査、受けたんですね!えら~い☆
でもやっぱり大変そう。
何がつらそうって、2リットルもの液体を1時間半で飲むなんて、無理!ぜ~ったいムリ!
先に胃がガボガボになってやられちゃいそうですよ。私の場合。
バリウム飲むのだってやっとなのに。。。
それともものすごく飲みやすいものなんですかね・・・?
やっぱりやりたくないかも、大腸検査・・・。
  • 2007/04/13 12:48
  • shell
  • URL
  • Edit
■feliさん
日本人でもきつい人もいますね。
中国系も結構多いです。(ここが南だからかな~?)
白人もきつい人がいますね~。
確かにインド・中東~アフリカ地方には体臭のきつい人が多い気もしますが、
体質もあるのでしょうね、きっと。食べ物も違うし。
私の経験では、インド~アフリカにかけての方たちの体臭は、
スパイシー系が多いです。
ところで、体臭に限らず、おならやうんちの臭いも、
やっぱり人種によって傾向があるそうです。
食べ物にもっと直接的に由来するものですから、
当たり前と言えばそうなんだけれど、へぇ~!と思いました。

■がー子ちゃん
それって、「あなたの足はスメリーよ」って言われるのかなぁ・・・。
どういう言葉で注意されたのか気になる。
臭いがない、音だけのおならだと可愛い感じね。

■shellさん
美味しくないですよ、決して。なんていうか、微妙な塩味?
最初の何口かは「うへぇ~」と思いながら飲みました。
それでも以前よりはずっと飲みやすくなったと看護士さんが言っていました。
飲みながらトイレへ行って水様便をどんどん出すので、
それほど苦しくもなかったんですが、
検査当日はウエストの緩めの服装が適当だと思いました。
私はジーパンだったので辛かった・・・。
大腸のお掃除ができると思えば、たまには良いかなと思ってます。
  • 2007/04/13 13:31
  • bonbon
  • URL
  • Edit
ブリちゃんの記事は、これ↓
http://abcdane.net/blog/archives/200412/brit_kusafeet.html
  • 2007/04/13 20:27
  • Garden
  • URL
■がー子ちゃん
せっかく張ってもらったのに、リンク先が見られないわ。
残念。
しかし、なんか読んだこともある気がするな~、ここ。
  • 2007/04/14 17:13
  • bonbon
  • URL
  • Edit
The Sun (香港のではなくイギリスのほう)に載ってたやつね 
http://www.thesun.co.uk/article/0,,2-2004571685,00.html
  • 2007/04/15 14:59
  • hiro
  • URL
あっThe Sunといえばウィリアム君とケートちゃんの記事よんだ!?
  • 2007/04/15 15:09
  • hiro
  • URL
■hiroさん
さんきゅ~!
そうか、靴を履いてくださいって頼むのか!
なーるほど。
しかし「very politely」って、どう言ったんだろうなぁ。
Would you mind ...? じゃ当たり前すぎるから、
Would you be so kind to ...? とか言うんでしょうか。
英語力がないので、どう言ったのか想像がつきませんわ。

ウィリアム君のニュースなら読みましたよ。
まー、アレだね。二人ともまだ若いし。くよくよしないで前向きにね!と、
エールを送りたいです。
  • 2007/04/15 17:42
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。