涼茶(2)

  • Day:2007.04.28 16:15
  • Cat:葯房
4月28日 (土)   晴れ

あ~あぁ、出かけられないときには天気が良いなんて・・・。お天道様のいけず!
アパートの上空を、迷彩色の大きいヘリコプターが3機南西に向かって通過していきました。何事ざんしょ?

乙女

さあ、面倒にならないうちに、昨日の涼茶の続きです。

ところで、今日はいよいよお粥・うどん・にゅうめんという白色主食御三家に飽きてきたので、海苔巻きを食べてみることにしました。それから大根とお豆腐を煮たの。
海苔巻きを買いにCitySuperへ行ったら、きゅうりのはあるけれど干ぴょうがないじゃありませぬか。店員に聞いてみると、「ない」とあっさり一言。その言い方がちょっと思いやりに欠けるというか、顧客の求めるものを置いていないことに対しての申し訳なさのかけらもないというか、そんな感じだったんですが、まあそんなことこの香港で主張したって何も始まらないので、それじゃあ・・・と、さんざん迷った挙句、きゅうり+鮭(生)+干ぴょうのセットになったパックを買うことにしました。(干ぴょうだけってのがなかったのです)
細巻きなので、生魚の嫌いな私でもこの鮭の海苔巻きくらいは食べられるんですが、今のお腹の状態に生魚はどうなのか?疑問です。
今日もこちらのサイトからの紹介です。
涼茶の効能(中文)

繰り返しますが、注意事項。
【注意】以下のもの、お茶となっていても漢方の煎じ薬と同じようなものですから、一日一杯が原則だそうです。
【注意2】また、効能はあくまでも、東洋医学的知識のない私が理解した範囲のものです。間違いがあることももちろんあるでしょうから、お飲みになるときには自己責任で。
【注意3】身体の熱をとるお茶ですので、冷え性の人はあまり飲みすぎないほうが良いようです。飲みすぎると、眩暈やふらつきなどの恐れがあるらしいです。
【注意4】どのお茶も漢方薬です。体調がとても悪い人や、血圧に異常のある人、老人や子供、妊婦、生理中の女性などは避けたほうが良いようです。

【ポイント】飲食男女によれば、涼茶は、熱すぎず冷たすぎず、体温と同じくらいの温度のものが一番効果を発揮するそうです。



夏枯草
主な効能: 暑さをとる、肝機能改善し余分な熱をとる、肺を潤し咳を止める
その他: 目の充血と痛み、目がまぶしくて涙が出る、頭痛とめまい、淡を除いて咳を止める、声のかれ、便秘

火麻仁 便秘の人は是非!
主な効能: 渇きを潤す、通便、整腸
その他: 皮膚の乾燥した人にも良い
注)お腹のゆるい人の飲用は要注意

竹蔗茅根水
主な効能: 熱をとる、利尿、熱を冷やして潤し体液の分泌を促す
>>真夏の暑い日などの身体の渇きを癒すのに良い
>>高熱が下がった後も微熱があって、口が渇き、尿が黄色っぽいときや体液の消耗があるときにも良い

酸梅湯
主な効能: 渇きを癒す、食欲増進、熱をとり体液の分泌を促す
解らなかった単語: 收斂澀腸(整腸?)
>>長期間の暴飲暴食や消化不良の人に良い

感冒茶
主な効能: 風邪の引き始めに(頭が重い、めまい、疲れ、だるさ、鼻水)
>>店によっては数種類の感冒茶があるので、これ以外の風邪の症状の場合は、相談して症状に合ったものを飲む

廿四味 苦いので有名 
主な効能: 発汗させ身体の外側の熱をとる、湿気をとる、痛み止め、便通促進(大・小)、食べすぎ(特に夜食など)、
その他: 気管の感染、血圧を下げる、食道の炎症、尿道の炎症、扁桃腺炎、咽頭炎、腮腺炎(おたふく風邪?)、皮膚のできもの・・・等など
解らなかった単語: 化熱痰
注)低血圧の人、妊婦、虚弱体質の人などは避けたほうが良いらしい


*   *   *   *   *


参考リンク
香港の涼茶について
健康快線(中文)
涼茶の効能(中文)
涼茶@Wikipedia(中文)


*   *   *   *   *


あ~、やっと終わった。書くよりも、資料を読んでいる時間のほうが長かったです。何やってんだかな。
こんなに調べてみても、私は血圧も低めだし、ちょっと冷え性気味なので、涼茶のお世話になることはあまりなさそうなのが、ちと悔しい気もします。でもずっと気になっていたことだったので、ある程度は疑問が解決して、私もスッキリしましたわ。

昨日の『涼茶(1)』と、今日のここに挙げたもののうち、私が飲んだことがあるのは火麻仁だけ。これはちょっと香ばしくて美味しいです。便秘のときに飲みますが、なーんか私にはあまり効き目がないような・・・。プルーンジュースのほうがよっぽど効きます。お店によっても差があるようなので、今度は飲食男女で紹介されていたお店に行ってみようかしら。
酸梅湯もなかなか美味しそう。これは飲めるかな~。
竹蔗茅根水は、多分サトウキビのジュースのことだと思いますが、これは効能は良さそうだけれども、私はサトウキビが苦手なのよネェ~。
感冒茶、これは風邪引いたときに飲んでみようかな・・・と思います。
鶏骨草もなかなか良さそうだわ。苦いのかな・・・と飲食男女を読んでみると、「味道是一種甜甜地草本味、也有朕近似木材的香気、很独特、也很易入口。」(甘い草のようで、木に似た香りがあり、とても独特で飲みやすい)ですって。飲みやすい・・・?気に似た香りのする甘い草が飲みやすいのか。説得力がないような気もしますが、苦ーいものに比べたら、よっぽど飲みやすいのかもしれませんね。(朕という漢字がこの文章でどういう意味になるのか解りませんでした。朕はzhenの第4声だけれど、zhenで第一声の真と間違えたのか?だとすれば、本当に・・・という意味になるけれども)

え~、そんなわけで涼茶。
灼熱、蒸し風呂の香港の夏を乗り切るには、強い味方となるやも知れませんね。

Comment

bonbonさんってここのbonbonさんだったんですね!
URLをたどってきました。
私、ずっとここのブログを読んでいたんです。
bonbonさんからコメントをいただいていたなんて感激!!

苦いですが廿四味を頼むことが結構多いです。
飲んだあとすっきりするので気に入っています。
五花茶もお気に入りで気分で替えています。
こちらは甘くて飲みやすいですよ。
リンクいただいて帰ります。
これからもよろしくお願いします。
■みのさん、歓迎光臨☆
bonbon堂へようこそぉ~♪

そうです。ここのbonbonでした。
あら。以前からお読みいただいていたなんて、光栄の極み。
ありがとうございます。

廿四味をお飲みなんですか。飲んだ後スッキリって良いですね。
五花茶は香りもよく、アロマ効果もあるとかないとか・・・。
しかし、低血圧気味+冷え性気味の私は、
やはり飲むものに気をつけないといけませんね。

私からもリンクして、相互リンクにしましょう。わ~い。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
bonbonさん、今日は体調いかがですか~?
気温の不安定さや湿気など、いろいろ体に負担がかかっているのかもしれませんね。。お大事に!

涼茶についてかなり勉強になりました~!おもしろいですね。
今までは何だかわからないけど体にいいんだろうな~と適当に飲んでいたので。。
今度中環に散歩に行った時は↓の写真のお店でも飲んでみようかな。いつも建物に気をとられて涼茶のお店とは全然知りませんでした。
  • 2007/04/30 12:03
  • あっちょ
  • URL
  • Edit
■あっちょさん
ご心配おかけしまして・・・。めきめき回復しております。
幼少のころから胃腸が弱点なのです。

私もお勉強になりました~!(笑
体調に合わせて飲めるようになると、涼茶道有段者ですね。
写真を載せた中環の公利というお店は、
飲食男女によるとサトウキビ汁がおすすめとか。
サトウキビがお嫌いでなければ、是非お試しを。
五花茶と亀ゼリー(写真に看板が見えますが)もあるようです。
中環だと、春回堂も有名ですよね。
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。