散策7時間

  • Day:2007.05.03 19:22
  • Cat:本堂
5月3日 (木)   晴れ

質屋
<質屋の看板>


ああ~。疲れた。今日は約7時間も独りでウロウロ散歩をしていました。疲れちゃったよ、もう。
メインは北角でした。
夜ご飯の準備をしないといけないので、このお話はまた明日。

今夜は北角の街市で買った有機野菜+有機じゃない野菜で料理するぞー!
非常に気分的な問題だと思うのですが、有機野菜で料理するときって、なんだかウキウキします。しません?私だけ?

それでは、また明日。

Comment

街市で有機野菜が買えるっていいですね。
うちの近所のもじっくり見てみないといけないなぁ。
わざわざ隣町の大きめの街市に行ったのですが
なかったんですよ。新界産も。さみし~。

有機野菜だと野菜そのもので味がいいし、
私もウキウキします。

散歩のお話楽しみにしています。
足音だけが聞こえる電話が2度ほどありました(笑)
声が聞こえなかったから、1人お出かけかナァ?って思ってたけれど、北角まで行ってたのねっ!!
アタシも昨日も今日も1人で歩き回って、足、それも何故か、脛が痛いっ!なじぇ?
重い買い物袋をぶら下げて歩き回ってるからかしらん。
  • 2007/05/03 23:14
  • Garden
  • URL
■みのさん
うち(チム)の近所には、へっぽこ街市しかなくて、そこがまた全然使えません。
香港の街市で見かける有機野菜は「好農夫」マークのところが多いですが、
http://www.vmo.org/htm/ac_retailer.htm (中文)
http://www.vmo.org/eng_htm/ac_retailer_eng.htm (英語)
取り扱い街市のリスト↑があるので、参考になると思います。
ホームページ上にある、帽子をかぶったおじさんのマークが目印。
ただ、このマークを掲げていても、並んでいるもの全部が有機とは限りません。
あと、毎週日曜日に、湾仔で有機野菜マーケットが開かれます。
まだ行ったことはないんですが、今度の日曜には行ってみようかと思ってます。
詳細は、 http://srtabonbon.blog3.fc2.com/blog-entry-405.html

昨日買った有機ナスは、本当に美味しかったです。
鮮度にもよるんでしょうが、やっぱり味が違う気がします。

■がー子ちゃん
んまあ、いやだ。ごめんなさい。
携帯電話を確かめたら、確かに、昨日の11時過ぎに2度かけてたらしい・・・。
そうなの。北角まで行っちゃった。疲れたわぁ~。
重いものぶら下げて歩いていると、予想外のところまで痛くなるよね。
もも代さんは、北角でbonbonと有機を料理するはずだった。
■もも代さん
買い物は北角だったけれど、お料理は、うちに帰ってきてからしましたね。
ぼ、ボンちゃん・・w
いつもながら、もも代さんに丁寧なお返事、面白い(笑)
そして、もも代さんは日本語がお上手になってきましたわね♪
  • 2007/05/04 20:31
  • Garden
  • URL
有機野菜で料理する時は、わたしもウキウキしますよ(^^)
先日は有機野菜の通菜を購入したので そこらの腐乳で調理したくなかったから、うまそげ~なのを売ってるお店までわざわざ買いに行きましたもん。
おいしかったわー
  • 2007/05/04 21:38
  • うらら
  • URL
  • Edit
有機野菜情報ありがとうございます!
早速リンク先に飛んでみました~♪
ワンチャイは私も行きたいと思っております。
あと将軍澳でオーガニックフェアが開催されています。
5月13日までMTR将軍澳線坑口駅のショッピングモール
「東港城」です。
行きたいけど遠いかなぁ。
■がー子ちゃん
もも代さんの日本語、上達したでしょ~。
たまにとっても深みのあることを言うので、侮れないわ。

■うららさん
ウキウキ!
何でしょうね~、これって。
一緒に食べる人がこの思いを理解するかどうかは微妙なんですが、
作るのも、食べるのも、なんだか嬉しいですね。

■みのさん
いえいえ、どういたしまして。
オーガニックフェア!
しかし将軍澳は・・・野菜を買いに行くだけにしてはちょっと遠いですネェ。
坑口はうちからはバス一本ですが、気分的に遠いなぁ。(笑
それにしても、ニセモノ天国の香港ですから、
そのうちニセモノ有機野菜なんかが出てこないか不安ですわ。
(もう出てたりして・・・ 笑)
  • 2007/05/05 15:29
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。