Fair Trade/ 公平貿易

5月16日 (水)   晴れ

まだまだ美黒開始にはあまりにも紫外線の強い毎日。もうちょっと曇ってくださらないかしら・・・。

旺角のニワトリ屋さん
<コケッ!コッッコッコッコ・・・>

先日行った、旺角のフェアトレード屋さんのお話を少し・・・。
えー、まず私は、いわゆるロハスとか、スローライフとか、エコロジーとか、オーガニックとか、あまりそういうものにこだわってはいません。都会っ子ですし、コンクリートジャングルもけっこう好きです。
慈善活動なんかも、その精神は素晴らしいと思うものですが、実行するには至りません。
有機栽培のお野菜を食べたり、香港では有機でなければ新界産の野菜を選んで買ったりするのも、経済的にも体力的にも無理なくできる範囲でのこと。ストイックにやるのはどうも性に合いません。

それでもまあ、そういうものを嫌っているわけでもありませんので、日々の生活にそういうものが無理なく取り入れられるのなら、それはそれで素晴らしいことだと思います。

さて。そんな前置きをしておいてフェアトレードです。これに対しても私は上記と同じ姿勢でいます。ストイックにはやらないけれど、嫌いじゃないし興味はある。
この間の土曜日、新聞に『5月12日は香港ではフェアトレードの日』という記事が載っていたのを読んで、「そう言えばそんなものもあったわね・・・」と思い出した次第。
香港ではまだまだ知られていないフェアトレードですが、もっとみんなに知ってもらおうという趣旨のもと、この日、中環の教会でフェアトレード・フェア(彼らの作った駄洒落でしてよ)が行われていたようです。新聞を読んだのが遅すぎて、私は行きませんでしたが。

新聞にはある団体の旺角の店舗の写真が載っていて、フェアトレードの存在を思い出したついでに検索してみたら住所が分かったので、月曜日の午後、旺角のお店を訪ねてみました。

旺角の雑居ビルの中にある、小さな小さなお店でした。まだまだ一般のお客さんは少ないらしくて、私がお店に入ると店内にいた店員さんたちはちょっと驚いたような表情を見せましたが、すぐに笑顔に変わって、男性の店員が「どこで私たちのことを知りましたか?」と聞いてきました。新聞で読んだ旨伝えると、「ああそうですか!」とさらに嬉しそうな顔をして、そのあと小さな店内に並んだものを一通り説明してくれました。

食料品以外に服飾品(Tシャツとか袋とか)も扱っていましたが、私が興味があるのは食料品。お店の人の説明では、この小さなお店が、香港では一番商品の種類が豊富な店であるということでした。
並んでいたのは、覚えているだけですが・・・
・チョコレート
・ジャム、蜂蜜
・シリアル
・紅茶
・中国茶(緑茶)
・砂糖
・コーヒー
こんな感じだったように思います。男性店員がずっと付っきりであれこれ説明してくれていたので、じっくり手にとって見ることができませんでした。

中国茶を除くほとんどの食品は、イギリスの会社から買い入れているそうです。それではずいぶんコストがかさむでしょうから(例えば紅茶はインド産ですが、英国の会社が買ったものをこの団体のバイヤーが英国まで買い付けに行って香港に運ばれる)、それぞれの作り手と直接の取引はないのか聞くと、今の段階ではまだそれはないそうですが、今後はそういうことにも挑戦していきたいとのこと。
原価に輸送費なども上乗せされての店頭価格でしょうから、なるべくコストを低く抑えられる手段で仕入れて、消費者にとってもっと手の出やすい値段になると良いのですが・・・。

今回は、チョコレート一枚(30ドル)と、マサラティーのティーバッグ(25個入り、28ドル)を買いました。普通の紅茶(アールグレイとか)も25バッグ入りで20ドル台だったので、これなら普段買っているトワイニングスと変わりません。それじゃ、今度からはフェアトレードの方を買おうかな・・・と思ってます。
このお店は今同じビルの3階にもっと広い店舗を作っている真っ最中で、喫茶スペースも設ける予定だそうです。私のような一般の客がよほど嬉しかったのか、工事現場まで見せてくれました。なかなか広いところだったので、これで取扱商品も拡大してくれるといいな~。3階は、今のところ7月オープンの予定だそうです。

今まさに雑誌屋さんに並んでいる飲食男女(10ドル。忽然一周という雑誌に挟まれてます)に、フェアトレードに関する記事が少し出ています。取扱店についての資料もあるので、興味のある方はどうぞ。

フェアトレード食品を取り扱っているお店
・ThreeSixty ランドマーク(中環)
・恩與美文化館 陶徳大廈2階(旺角)
・公平點 佐敦381廣場(佐敦)
・St. John's Cathedral書店 (中環)
・Harmony Cafe (銅鑼湾)

それぞれのお店の詳細は、飲食男女に載っています。
私が今回訪ねたのは、旺角のお店です。



残念なのは、香港のOxfamがフェアトレード食品を扱っていないことです。ヨーロッパのOxfamにはいろんな食品が並んでいるんですけれど、香港ではOxfamでも店員さんによってはそのこと自体知らない人がいます。以前、香港でも店舗によってはあるのかな?と思い聞いてみたところ、「は?食品は世界中どこの店舗でも扱ってませんよ?」などと、「なに言ってんのかしらこの人」的な視線とともに答えられたことがあります。ゴルァ!もちろん、言い返してやりましたけれど。

Comment

おお!待ってました、レポ!
私もナチュラルはできるだけ。。。と心がけています。
ストイックにすると疲れてきちゃいますものね。

私がこの前フェアトレードの紅茶を買ったのは
ThreeSixtyでしたわ。
そうそう、紅茶に限っては市販のものと値段は
変わりませんよね。気軽に買えます。
bonbonさんの記事を読んでフェアトレード食品に興味津々でした~
お店情報うれしいです!
紅茶が欲しいけど高いかな?と思っていたらお手ごろ価格ですね。
是非行ってみなくては~
  • 2007/05/16 17:10
  • あっちょ
  • URL
  • Edit
■みのさん
やっぱり気持ちが疲れない程度に・・・が、私にはちょうど良い気がしてます。

フェアトレードの食品て、オーガニックのものが多いんですよね。
だから値段が高いと思えば、まあ少しは気が治まるというか・・・。(笑
もっとお店も商品も増えて、手に入れやすくなると良いですね~。

■あっちょさん
お役に立てたようで・・・。
紅茶は、オーガニックですし、そう思えば高くありません。
他のものも、そう考えてみると大して高くないかも・・・。
オーガニックの紅茶ってけっこう高いから。
うちはコーヒーを飲まないので、しっかり見はしませんでしたが、
コーヒーもけっこう種類があるようでした。
  • 2007/05/16 20:12
  • bonbon
  • URL
  • Edit
素敵なお写真 この風景ももうすぐなくなるそうですね
さびしい・・ 一度しか購入したことがないのだけど 
あるうちにまた行ってみます。
心・からだ、お財布にもやさしい すべてがかなう
のはなかなか難しいですが bonbonさんがおっしゃるとおり
無理なく日常的に取り入れられたら 素敵ですね

■ぼんぼっささん
ニワトリ屋さんで生きたニワトリ(を絞めてもらう)の購入経験あり?
私はまだありません。これからも・・・ないかな~。(笑

こういう商品て、やっぱり庶民にとっての決め手は値段なんですよね。
無理なく皆が参加できるように、
やっぱり低価格化が進むといいなと思います。
  • 2007/05/17 10:12
  • bonbon
  • URL
  • Edit
フェアトレード品かぁ、中国では全く出会わないものですね。
因みに、大分前に「フェアトレード」をネットで調べたことがあるのですが「プチボラ」なる単語が大量に出てきます。なんだ、プチボラ!?
本当に何でも略せばいいと思って・・・。略した方が、親しみが湧くのでしょうか?
■檸檬ちゃん
ぷちぼら・・・?
小さなボランティアって意味だよね、きっと?
あたくしは、この場合、略すのよりも「ぷち」が癇に障るわ。
なんだかなぁ~。何なのよ、プチってねぇ?
なんでもかんでもプチをつけりゃあいいってもんじゃないんだよーだ。
責任者、出てこーい!
  • 2007/05/18 14:30
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。