エスカレーターあれこれ

5月21日 (月)   曇り・・・ときどき雨かな?

すたーふぇりー
<天星小輪>

せっかく晴れても晴れすぎちゃ美黒ができない~!なんて憎まれ口をたたいていたら、今週は雨。ああ、神様ごめんなさい。
香港方面には向かっていませんが、台風も発生しているではありませんか。夏だわ。

今日は小満。陽気が良くなり木々が生い茂っていく時期・・・だそうですが、香港のほとんどの木々は一年中生い茂っているのであまり実感が湧きませんわね。常緑樹が多いんでしょうか。九龍公園なんか、いつでも緑が濃く、上から見るとブロッコリーのようです。
特にこれと言って書くこともないのですけれど、そんなこと言っているとどんどんと更新しなくなっちゃうので、さっきYahoo!香港で読んだニュースをお伝えしましょう。

私には関係のないことなんですが、エスカレーターで子供を巻き込む事故が最近多発している模様。この6週間で6件目だそうです。
子供に共通しているのはCrocsの靴を履いていることで、これがエスカレーターの隙間に巻き込まれて足を怪我してしまうらしいですよ。
あのビニール製のCrocsの靴には興味のない私だから関係のない話なんですけれど、日本人でも履いている人をたくさん見かけますし、お子さんがこの靴を履いている場合は、エスカレーター使用時に充分注意すると良いでしょうよ。
あの軽くて柔らかい素材が災いしており、香港だけではなく、アメリカやシンガポールでも同じような事故があるそうです。


*   *   *   *   *


エスカレーターと言えば、South China Morning Postの読者投書欄で「なぜ香港のMTRのエスカレータでは<手すりにつかまってしっかりと立ち、歩いちゃダメよ>という放送が流れるのか。世界のほとんどの都市が、中国でさえも、エスカレーターでは右側に立って左側を歩くという方法を採っているのに、なぜ国際都市と自負する香港でそんな放送が流れるのだ」という趣向の手紙のやり取りがありました。
これね、実は何年か前にも同じような内容の投書があって、そのときもMTRから回答があったんですけれども、今回も回答の内容は同じでした。
MTRとしては、「どんなに万全を期して作動させていても、エスカレータがいつ突然止まらないとも限らない。実際に突然停止といった事故もあり、そのような場合に歩いているとさらに大きな事故につながるため、どんな場合でも利用者に歩くことはおすすめしない」という姿勢だそうです。

投書した人はそのお返事には納得できないらしく、「世界中で行われていることがどうして香港ではできないのか?香港市民はバカだと言うのか?」などと憤っていらっしゃいますけれども、私はこのMTRの説明に納得するものであります。
MTR側としては、負傷者の出る事故につながる可能性のあることをおやりなさいとは、まさかおおっぴらには言えないでしょう。だからって、歩いている人を注意するわけでもないのですから、要するに自分の判断と責任において歩いてねと言いたいのだと思います。ただ、今の放送の代わりに(または追加して)それをおおっぴらに放送すると角が立つので、今の放送にとどめているのでしょう。

仮にエスカレーターが突然停止して歩いていた人がバランスを失って将棋倒しになり、下敷きになった人が重症、最悪は死亡・・・なんてことになったとしましょう。そんなときに、エスカレーター利用時の歩行を促すような(または容認するような)内容の放送が流れていたとしたら、MTRは「何で歩行禁止にしなかったのか」とさんざん批判されると思うんですよねー。
常識的に判断できることが、それをピンポイントで指摘されないと理解できない、またはそう指摘しなかったことを責める。香港は、こういう人が多い印象があります。最近は日本でもそういう風潮が顕著になってきましたが、残念なことです。


ところで、私は東京出身なのでエスカレーターは、左側に立って右側を歩くのが普通です。ずっと前に見た日本のテレビ番組で、どうやら日本のちょうど真ん中あたりから西と東でこれが入れ替わるということが解りました。まあ、小規模の例外はあるでしょうが、大雑把に言うとそういう感じなんだそうです。

私の注意して観察した限り、東京スタイルを採る外国都市はありませんでした。エスカレーターを利用する機会のあった都市は、香港以外ではブリュッセルとパリとシドニーですが、どちらも香港と同じく右に立って左を歩く。パリとブリュッセルは確実。シドニーはややうろ覚えです。

日本と香港はどちらも右ハンドルなので、歩行中に道路をわたるときの安全確認をする順序も「右・左」と同じ。日本に帰ったときにこれを間違うことはあまりないのですが、エスカレーターは一瞬どちらに立つべきか迷います。そして、香港に戻ってきたときには、また香港スタイルとは反対側(つまり左側)に立っている自分がいます。習慣て、恐ろしいですね。


*   *   *   *   *


香港のエスカレーター(特にMTR)はその速度が速いですが、これに慣れてしまうと、日本のエスカレーターが遅いのなんのって。
噂によると、シンガポールのエスカレーターも速いらしいです。香港とどっちが速いのか、ちょっと興味があります。

Comment

>九龍公園なんか、いつでも緑が濃く、上から見るとブロッコリーのようです。

今朝そのブロッコリーの中歩きました 笑

まったく意味無しのレス失礼しました (__)
  • 2007/05/21 13:04
  • hiro
  • URL
  • Edit
人生のうちでいちばん速い(≒恐ろしい)エスカレーターはモスクワのでした。まるで縄跳びの長縄に入るが如く、頭を縦に振ってタイミング計らないと乗れません。あれじゃー、前に長蛇の列ができてしまうと思うのですが・・思い出すだに不思議です。

>常識的に判断できることが、それをピンポイントで指摘されないと理解できない、またはそう指摘しなかったことを責める。

ほんとうですね。人のせいにすることに躍起になる風潮をそこここで感じますね。身の安全を守る本能の後退が他者への攻撃に振り替えられているのかもしれませんね。

  • 2007/05/21 14:09
  • 馬迷
  • URL
  • Edit
ウチの子は、靴の紐がエスカレーターの降り口に引っかかり
危うく事故になるところでした。
そのとき、私は緊急停止ボタンをあわてて探したのですが、
そのエスカレーターには付いていませんでした|(* ̄ロ ̄)ガーン
何事も無かったの良かったけれど、これで怪我でもしてたら
怒りが収まらないですよね。

ちなみに、シンガポールのエスカレータ-
の速さは香港と同じ感じです。
■hiroさん
ブロッコリーの森を歩くhiroさん・・・。
なんだか童話のようで可愛らしいわ。(笑

■馬迷さん
ご無沙汰いたしております。
頭を縦に振るという表現で、縄跳びの気持ちを思い出し、
さらにエスカレーターを前にしてそれをしている馬迷さんを想像して、
思わず笑みがこぼれましたわ。
そんなに速いのは怖いな。降りるときも難しそう・・・。
慣性の法則で、降りたあと数歩は小走りになっちゃいそうな気がしますが。

なんだか、自分のことを棚に上げる人が増えたな・・・と、最近思います。
文化的にそれが日常である(良し悪しは別として)場合は別としても、
日本でもそうなってきているのはとても残念に思っています。

■LimeSodaさん
それは怖かったでしょうネェ。怪我がなくて本当に良かった。
緊急停止ボタンは、確かに見当たらないエスカレーターもありますね。
危ないナァ。

シンガポールは香港と同じくらいですか。
疑問が氷解してスッキリ☆です。ありがとう!
  • 2007/05/21 18:39
  • bonbon
  • URL
  • Edit
BonBon嬢っ。
>ブロッコリーの森を歩くhiroさん・・・。
なんだか童話のようで可愛らしいわ。(笑

・・・ブロッコリーの森を歩く“狼”hiroさんだったりして・・・。
  • 2007/05/21 20:16
  • 馬迷
  • URL
  • Edit
■馬迷さん
可愛い赤頭巾ちゃんを探していたのかもしれませんわネェ?
子豚さんかもしれないし、小ヤギかもしれないな~。
まあ、いずれにせよ牧歌的ではありませんか。
  • 2007/05/21 20:35
  • bonbon
  • URL
  • Edit
そうそう。香港に住み始めたばかりの頃は
「こんなにエスカレーターの速度が速くては、ベビーカーが使えない!」と
悲鳴をあげたものですが、(本当はエスカレーターでのバギーの使用は禁止なんだけどねー)
あの速度に慣れると快適なんですよねぇ。
日本のエスカレーターに乗ると「何をちんたら動いてるんだぃ!」と
悪態を何度ついたことか。
慣れといえば、日本に帰ってきてしばらくはリフトで1Fについても
1F=終点(GF)と気づかなくてぼーっと乗ったまま、また上に上昇してから
慌てたことが何度か。1F、と表示するのは日本だけなのかな?
  • 2007/05/21 22:47
  • あずき
  • URL
■あずきさん
香港のエスカレーターって、速度が速い代わりに(そういう判断かは知りませんが)最初の平らな部分が長い気がします。その、つまり、階段になる前の段階です。スーツケースとかがあっても、この平ら部分で体勢を整えることができるんですよね。
日本の一階、2階は、アメリカ式です。・・・アメリカへ行ったことがないので、学校でそう教わっただけですが。中国も日米と同じ表示。ヨーロッパは一般的に英国と同じ。
これも迷いますね。日本へ帰ったばかりのころは、エレベーターに乗って、一階へ下りたいのに、えーっと・・・と「G」ボタンを探しています。で、香港に戻ってくるとその逆をやってます。
  • 2007/05/22 09:28
  • bonbon
  • URL
  • Edit
うちの息子は、幼稚園の頃、エスカレーターの緊急停止ボタンを勝手に押してエスカレーターを止めてしまいました。あわてて子供の手を引いて知らんふりをしてしまいました。懐かしいヤオハンのエスカレーター。
小学生の頃、エレベーターが突然止まって1人でエレベーターの中に30分閉じ込められてしまいました。管理人に文句を言おうとしたら、反対に怒られてしまいました。息子がエレベーターの中で飛んだり跳ねたりして暴れたので、止まったそうです。バカな息子です。
  • 2007/05/22 09:33
  • yuri
  • URL
■yuriさん
ああ、息子さん・・・。(涙
確かに、飛んだりはねたりするとエレベーターは止まります。
意図的にやってみた経験あり。そのあとどうしたかは覚えていませんが。
しかしそんな息子さんも今は大きくおなりになって、
今ではこれも良い思い出・・・でしょうか?(笑
  • 2007/05/22 09:47
  • bonbon
  • URL
  • Edit
ピンク頭巾のフラミちゃんはいましたよぉ

足ながくて萌(違!
  • 2007/05/22 16:44
  • hiro
  • URL
  • Edit
■hiroさん
フラミちゃん、可愛いですね~。
私は以前あの池にいた孔雀夫婦が好きだったんですが、
最近見かけないわと思ったら、
階段の上の円形の檻のほうにお引越しなさってました。
  • 2007/05/22 17:04
  • bonbon
  • URL
  • Edit
湾仔のトラム沿いのお店で買った(笑)ので、メーカーは不明なんですが、
うちの下駄箱にも、片方のさきっちょがエスカレーターに食べられて、
櫛の歯状態になったサンダルがあります・・・
履いていた本人(ボン)曰く、ぼーっと乗ってたら挟まって、あわてて引っ張ってはずれたけど、こんなんなっちゃった~~と、のんきにのたまってくれたんだけど、それを聞いた我☆は一瞬ぞーーーーっとしたことを思い出しました。
  • 2007/05/23 21:37
  • 我飯☆(里帰り中)
  • URL
  • Edit
■我飯☆さん
怖いですね~・・・。
怪我がなくて、本当に良うござんした。
  • 2007/05/25 09:37
  • bonbon
  • URL
  • Edit
通りがかりのものです。はじめまして。
CROCS危ないんですね。今日買って子供が気に入ったのでその場ではかせて帰りました。が、三階のお店から二階へ行くエスカレーターで事件が起こりました(苦)
そういった方たちがいるかなと検索したところ、あまりないんですかね。
良い面ばかり見えていて、、、やっぱり子供靴は国産に限りますね。
私の場合は、流行に乗ろうとして痛い目あいました(老)
  • 2007/06/10 19:39
  • のん
  • URL
  • Edit
■のんさん、歓迎光臨☆
bonbon堂へようこそ~!
靴のデザインというよりも、素材が災いしているようです。
だから、同じような素材のものだと同じように危ないのではないかと。
香港ではこの記事を書いた時点で6件、
アメリカやシンガポールでも同様の事故があるようですから、
どこでもありうることだと思います。
子供がこういう靴を履いているときには、エスカレーター利用には
いつも以上に注意が必要ということでしょうね。
お子さんに怪我はなかったんでしょうか。びっくりなさったことでしょう。
  • 2007/06/10 21:22
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
小満
小満小満(しょうまん)は二十四節気の1つ。5月21日ごろ。およびこの日から芒種までの期間。黄道|太陽黄経が60度のときで、万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来る頃。四月中。暦便覧には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されて
  • 2007/05/23 05:45
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。