HMV欲しいものリスト

  • Day:2007.06.09 17:04
  • Cat:書房
6月9日 (土)   曇り

昨日の夜、久しぶりにふらっと漢口道のHMVへ行った。じっくりあれこれ見てまわると、欲しいものがたくさんあったので、買うわけじゃないけれど、念のため(何のためだ?)リストを作っておこうと思う。

手を振る毛沢東と、その前に、bonbon堂の読者諸賢で、左の写真の腕時計をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
上海灘でも同じような腕時計が売られていましたが(今も売ってるかな?)、そんな高級品ではなく、油麻地の男人街(ナイトマーケット)でお安く買えるやつです。確認済みの最安値は35ドル。
これが、電池式なのか、はたまた手巻きなのか、イマイチハッキリしません。買った翌朝見てみたら毛沢東が手を振ってなかったので、時計をトントン叩いてみたところハッとしたようにまた手を降り始めたんですが、3時間くらいでまた止まりました。
よく時計を見てみると「QUARTZ」という表示がない。ただ、時計の裏は開けられそうな感じです。
試しに時計の横のネジ(?)を巻いてみたところ、上方への動きではハッキリと巻いてます!という感触があります。巻けるところまで巻いてみて放っておいたら、少なくとも24時間は動き続けますが、12時間で5分ほど遅れます。(ストップウォッチで60秒計ってみるとそのときはずれを感じませんが)
手巻きなのかな・・・?とも思うのですが、ネジを巻いて7~8時間ほど経過したと思われるころ、約2分程度だと思いますが休憩をとっている姿を目撃しました。私が気づいて「オイっ!」とちょいと指で叩いたらまた動き始めましたが。
道端の時計電池交換屋さんへ持って行ってみればいい話なんですけれども、ちょっと距離があるもので、誰か同じ時計を持っている方の体験談があれば・・・と思いまして。
ご存知の方がいらしたら、どうかご教示ください。
さて、HMVで見かけた欲しいものリスト(順不同):

DVD
(イ)ROME セット 499ドル
(ロ)Before Sunrise  89ドル
(ハ)Before Sunset  89ドル
(ニ)欲望の翼 (日本語字幕あり) 89ドル
(ホ)カルメン・エレクトラAerobic Striptease (1) 99ドル
(ヘ)Like Water for Chocolate  69ドル(邦題:赤い薔薇ソースの伝説)
(ト)マレーナ  69ドル
(チ)Dity Dancing  35ドル
(リ)Out of Africa  69ドル
(ヌ)Chocolat  25ドル

CD
(ル)Putumayo Latin Jazz 99ドル
(ヲ)MANA Revolucion de Amor 145ドル
(ワ)Rod Stewart Still The Same 99ドル
(カ)Juanes Mi Sangre 150ドル


どれもこれも欲しいけれど、強いて言うなら「欲望の翼」はやっぱり買いかな~。でもビデオ持っているしな。「花様年華」も89ドルになっていたけれど、こっちは日本語字幕はないから諦めた。
理想の結婚」は見つからず、「イングリッシュ・ペイシェント」は高かった。年末の頃は確か89ドルくらいで売られていた気がする。あのときに買っておけば良かった・・・。

Comment

BonBon嬢。
うんうん、(ニ)、持ってますけれど、何度見てもあの俳優の贅沢な使いっぷりは王家偉にしかできない(笑)と感心します。
私が“HMVで見かけた欲しいもの”は、これ!これこれ!
映画館に何度も足を運んだものです。なつかしいなぁ~。
確かこれが日本公開になったあとに「第一次イギリス映画ブーム(勝手に命名)」が来たと記憶しています。
http://www.hmv.com.hk/product/dvd.asp?sku=534871

http://www.hmv.com.hk/product/dvd.asp?sku=534871

http://www.hmv.com.hk/product/dvd.asp?sku=534871
  • 2007/06/10 21:01
  • 馬迷
  • URL
  • Edit
■馬迷さん
三つもリンクを張るなんて、よっぽどお好きなのね、モーリス。(笑
この映画、私も好きです。
一度しか見たことありませんし、もうほとんど内容を覚えていませんが。
若きヒュー・グラントが美しかったのを覚えています。

欲望の翼は、見たことのある王家偉の映画の中では一番好きです。
張國榮が好きだからですが、内容も良かった。
キャストは本当に豪華ですよね~。
先日カンヌで公開になった王家偉の映画がとても楽しみです。
ジュード・ロウ、好みのタイプです・・・。うふふ。
  • 2007/06/10 21:32
  • bonbon
  • URL
  • Edit
>三つもリンクを張るなんて、よっぽどお好きなのね、モーリス。(笑

あら(赤面)なにをトチ狂って3つも貼ってしまったのかしら。失礼致しました。
最初に劇場で観た時、森の番人の小僧(確かルパート・グレイヴス。ルパート・エヴェレットといい、ルパートという名前には素敵な殿方が多い?!)とモーリス(ジェームズ・ウィルビィ。ダサいおにいちゃんだった。数年前久しぶりに「ゴスフォードパーク」で観た時、変わらぬダサさに感動すらした。)の濡れ場で映写機の不備か何かでフィルムがめらめらと焼けてしまったんですよ。一瞬、なにかの特殊効果かと思いました
  • 2007/06/11 00:34
  • 馬迷
  • URL
  • Edit
■馬迷さん
ああそうか。ゴスフォードパークのあの人か。
あの映画も面白かったですね。
それにしても、めらめらと燃える様子・・・絶妙なタイミングでしたわね。
監督も感動じゃないかしら。(笑
  • 2007/06/11 09:54
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。