かーゆーいー!

  • Day:2007.07.03 12:04
  • Cat:葯房
7月3日 (火)   晴れ

I ★ HK
<旧 天星碼頭@中環>

昨日は夕方から夜まで(明け方までか?)ずっと降ったり止んだり。今日はさっきまで曇っていましたが、青空が広がってきました。今日も予報では晴れときどき雨なので、ちょろっと雨が降るのかしら・・・。
龍神様お願いです。私が外出している間は、ひどい雨を降らせないでください。後生だから!
え、さて。話は変わりまして蚊です。
か。蚊。モスキートー。普通話では「うぇんず」。モスキートと言えば、「天空の城ラピュタ」に出てくる飛行船のどれかがそんな名前でした。

「蚊」という言葉を日本語で発するとき、私は日本語のイントネーションの重要性に思いを致さずにはおられません。
だって皆さん、考えてごらんになって。「か」というたったの一文字なのに、それが「蚊」をさす場合には自然とその発音・・・この場合は音程と言ったほうが良いでしょうか、一段低めの音程になっているはずです。高い音で「か!」と言ったら、それはもう「蚊」ではなくなるでしょう?今こうして黙読しているときでさえ、頭の中で音程が低くなっているはずです。
私は東京弁以外の方言は話せませんので、いろいろな方言ではどのような音程になるのか分かりませんが、少なくとも標準語と東京弁ではこのようになります。
日本語は、発音は外国人学習者にとってそれほど難しいものではないそうですが、こういったイントネーションは、難しいのではないかしらと思います。「雨」と「飴」、「橋」と「箸」などはよく言われることですが、「蚊」はたった一つの音で調節しなければなりません。
頑張れ、外国人日本語学習者!

さて、言語のお話ではないのです。虫刺されの方の話です。

よく言われることですが、香港の蚊は強いというか、スゴイというか、とにかく日本で刺されるのよりも腫れも痒みも長引きます。しかも、刺されたところが痕になる確率が高い。

先日も蚊に刺されたのですが、腫れと痒みが場所によって4日~6日ほど続きました。サンドフライだかブヨだかに刺された(あれは刺すんじゃなくて咬むようですが)場合には、これが1週間以上続きます。

今日は、蚊。蚊に刺されたときに、香港人の体がどう反応するのかは私は知りませんが、日本人の体は往々にして私と同じような反応をするようです。何故なんでしょう?
しかも、私個人の印象では、香港の蚊に日本の虫刺されの薬は効きません。少なくとも、日本の蚊に対してよりも効力が落ちる気がしています。いったい何故?

あんまり痒かったので、悔しくて私は調べてみました。すぐに思いつく可能性は、日本とは種類の違う蚊である(よって体の反応も違う)ということでした。
香港に生息する蚊について、あまり詳しい資料は見つかりませんでしたが、政府のサイトに簡単な説明が書かれているのが見つかりました。
食品衛生環境局による、蚊が媒介する病気予防についてのページです。

これによれば、香港で一番よく見られる蚊は3種類。しかし、そのどれもが日本にも生息するものです。あ、細かく分類すると違うのかもしれません。分類の枝としては、日本にいるのと同じ枝に属するものです。
 ・Anopheles(ハマダラカ属)
 ・Culex(アカイエカ属)
 ・Aedes(ヤブカ属)
でも、体の反応がこんなに異なるということは、やっぱり細かく分類していくと日本にいる蚊とは違う種類なのかな~と思わずにはいられません。

結局のところ分からないことは分からないままなのですが、とりあえずは痒みさえ引けば良いのです。同定はその後のお話。

*   *   *   *   *

虫刺されによる腫れや痒みというのはアレルギー反応なんですが、これにも2種類あるようです。こちらに詳しく説明されています。

私の場合は、まず腫れて痒くなります。日本と同じです。
そのあと、白花油やタイガーバーム、無比など、とにかく虫刺されに効くとされるものを塗ると、まあ大体腫れと痒みは引いてゆきます。ここも日本と同じ。
リンク先の説明によれば、これは即時反応と呼ばれるもの。

しかし、ここで終わらないのが香港での虫刺され。(私の場合)
数時間~一晩ののち、腫れと痒みがカムバック!頼んでもないのにカムバック!今度は腫れた部分は硬くて、大きくて(直径3~4cmほど)、痒みだけでなく鈍い痛みさえ伴います。よけいなものまで率いてカムバック!コブつき!ここからが長いです。そして最後には痕が残る。
リンク先の説明によれば、こっちは遅延反応。

どうやら一般的には蚊に対する免疫が少ないほど遅延反応が現れて(幼年期)、免疫がつくにつれて即時反応(青年期)から無反応(老年期)へと移行するようです。
ってぇことは?
日本の蚊では即時反応レベルにあった私ですが、香港にくると遅延反応が出るんだから、やっぱり香港の蚊に対しての免疫ができあがっていないということかい?
ってぇことは、やっぱり香港の蚊は、細かく分類すると日本にいるのとは種類が違うということなのでしょうか。そうなのかも。

*   *   *   *   *

それでどうしたら痒みを一日でも早く治めることができるのか。
私の場合は、徹底的な洗浄、消毒、薬の使用という手順を繰り返すことで、少しは痒みを短期化することができます。
 (1)我慢できる限界の熱さのお湯と石鹸でゴシゴシ
 (2)アルコール消毒液(マキロンじゃなく)で約1分消毒
 (3)いつもの虫刺され用のお薬を塗布
これを、一日3回とか4回とか繰り返します。外出する予定のあるときには、(2)と(3)だけでも。


しかしアレです。刺されてからはどうしたって痒いので、やっぱり刺されないようにするのが一番。香港の蚊は、デング熱とかマラリアなんかも媒介しますからね。
日本脳炎は小学校で予防注射しましたけれど、あれってまだ効果あるのだろうか・・・。

Comment

日本脳炎の注射、何度か打ち直したほうがいいらしいですよ。bonbonさんの年齢にも寄りますが。
ちなみに私が以前家庭教師をしていた小学生の子供は、蚊のことを”かが”血のことを”ちが”だと思い込んでいました。「あっかがいる」「ちがでた」と言うためだと思います。
  • 2007/07/03 13:34
  • Joona
  • URL
  • Edit
これ、とおおおってもわかります!私もすごい炎症になるんですよ。来たばかりのときは、膿んでしまって、クリニックで消毒してもらいました。

最近は、腫れずに真っ赤に充血したみたいにもなります(涙)。香港の蚊、痒さが半端じゃないばかりでなく、私も後を引きます・・・大陸中国人の子に話したら、彼女も同じ反応で、1週間ほど痒み&痛みが続いた後、あとが残るとのこと。彼女も大陸の蚊ではこうはならないとか。

日本のムヒが私の場合きかなかったです。以前友人にかりたドイツ製のクリームがきいたんですが、香港の薬局によると最近製造を中止したのだとか。私も洗浄して薬を塗ります。今のところ、日本のカユミーナジェルという透明ジェルがなかなか活躍中。富山の薬です☆

すみません、虫さされに興奮して長々とコメントしてしまいました。
私は大陸でも香港でも同じ現象になります・・・が、香港の方が蚊(ブヨ?)の量は多く、毒も強いような気がします。大陸では流石に服の上から狙われることはありませんが、香港ではジーパンを履いているのに膝辺りを刺されたりしますから!隙間をぬって這い上がってくるのでしょうか!?
私の場合、即時反応が遅延反応と同じ状態。そして暫くして同じ状態でカムバック。以後半年~1年痒みが続き、数年跡が残る(泣

友人は、見た目私と同じ状態になり(腫れて熱をもつ)、病院へ行ったらどうもばい菌が入ったらしく、白血球が減少し、1週間ほど毎日点滴の為通院。
その子のお姉さんも同じ状態になり病院へ行ったら、虫が中に入り更に卵を産み、現在毎日通院・・・。

「また刺されたぁ」と泣いている場合ではないようです。何かおかしいと思ったらすぐに病院へ!

大陸生活はとても楽しいですが、この虫刺されだけが我慢ならず、その為に日本帰国を真剣に考えたりもします。
■joonaさん
今年31です。最後に打ったのは・・・覚えてないくらい昔。
小学校のときだな~。日本脳炎を日本ノーエン、農園?と理解していた頃。
注射は嫌いだったので、牧歌的な響きとのギャップに
さらに注射に対する嫌悪が深まりました。

■j'adoreletheさん
長文コメント大歓迎ですよ。
なんなんでしょうね~。やっぱり種類が違う蚊なんでしょうか。
誰に質問するべきか迷ってます。蚊の専門家か、皮膚科医か。
蚊の種類については前者だろうけれど、
アレルギー反応については後者だろうし・・・。
でも双方の意見を総合して考えをまとめたいし・・・。
まあ、周りにそんな質問に答えてくれるような人はいないんですが。

■檸檬ちゃん
恐るべし、虫刺され!
しかし卵産んだって、それは何の虫だったんだろう?
ローカルスタッフ(中国人)はどう?刺されると痒そうにしてる?
  • 2007/07/04 14:37
  • bonbon
  • URL
  • Edit
檸檬さんのコメント読んでからすっごい気になっているんですけれど、蚊にくわれたと思いこんでいたけれど、違う虫が入っていて・・・って事なんでしょうか?体の中で卵が育ってしまう!てことなんでしょうか。bonbonさんに聞いてもわからないですよね。なんかびっくりしてしまって思わず書かずにはいられませんでした。すいません。
  • 2007/07/04 15:11
  • joona
  • URL
  • Edit
■joonaさん
檸檬ちゃんの文章を読んだだけだと、そうでしょうね。
(蚊に刺されたと思っていた)
おーそーろーしー!
どんな虫だったのかとても気になります。
  • 2007/07/04 19:43
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。