またひとつ・・・

7月28日 (土)   晴れ

相も変わらず晴れ晴れ晴れ・・・。雨雨雨も困るし、曇り曇り曇りも意気消沈ですが、晴れ晴れ晴れ=灼熱灼熱灼熱なので、これはこれで外出を躊躇する天候です。あ~、私ってわがまま!

P1030931
<雀荘のネオン>


ニュースでご存知の方も多いと思いますが、先日ある有名な方が亡くなりました。またひとつ香港の灯が消えたようで寂しいです。
King of Kowloon
<数少なく残る彼の作品>

どなたが亡くなったのかと言うと自らを「九龍皇帝」と呼んでいた曾灶財さん。この写真にある<書>を、主に九龍を中心に香港中あちこち書いて回っていらした方です。享年86歳。
この柱は尖沙咀の天星碼頭にあるので、ご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。

以前も書きましたけれど、あの頃はまだご存命だったようです。でも、最後の4年はもうお体が悪くて<落書き>をして回ることもできなくなり、老人ホームで過ごされていたそうです。

有名人でしたので、この訃報は新聞各紙がとり上げていました。Yahoo香港のページはこちら

あちこちに書いて回っていたのに彼の作品があまり残されていないのは、書くそばからお役所にその作品を消されて回っていたからです。
お役所側としては、彼は柱や電話ボックス、電気ボックスなどに<落書き>して回る頭の痛い存在だったことでしょう。何度も公共物汚損で逮捕されていたようです。

その卓越したデザイン性のほうに目が行ってしまって、どうしても「読む」と言うよりは「観る」作品で、私は何が書かれているのかその内容を気にしたことがなかったんですけれど、一体彼は何を書いて回っていたんでしょうか。

SouthChinaMorningPostによれば、詳しい翻訳は書かれていないのですが、九龍半島の大部分の土地は自分(とその一族)が所有するものであるという主張だったんだとか。
突拍子もない主張にも思えますが、彼の出生地である広東省は蓮塘村の彼の一族の系図か何かによるとそのような事実があるらしいのです。政府に訴え出たんですが、もちろんそんな主張が受け入れられるはずもなく、それ以降、香港の街の柱や壁に書き付けることによって主張するようになったとか。
彼によれば、英国女王は祖先から受け継ぐべき土地を奪った存在です。
大体の作品は、1700年前に現在の秀茂坪に住み着いた彼の祖先の名前から一族の名前がずらずらと書かれており、彼らの所有する土地の名前ががあり、最後は「廣州新中九龍國皇曾灶財」で締めくくられることが多かったそうです。

な~るほど、そんなことが書かれていたのね。

お役所からは冷たい仕打ちを受けていましたが、他の分野、特に芸術分野からは温かい歓迎を受けていたご様子。いくつかの行事で展示され、ルイ・ヴィトンはハンドバッグの広告に彼の作品を使用し、2002年の日本エキスポではダイハツの車が彼の文字で飾られました。2004年のサザビーズのオークションでは、なんと5万5千ドルで落札された作品もありました。

彼の活動ペースが落ち、2003年半ばには街の装飾活動からは引退され、そうなるとお役所はますます彼の作品を消して回り、今ではこの尖沙咀の柱と、官塘(觀塘)警察署に残っているだけ?
う~ん、何とも寂しいですね。

私のような外国人にも、香港といえばこれ!という深い印象を与える彼の作品には、香港市民も愛着を持っており、是非保存を!という声が高まった結果、保存の方針がとられることとなりました。
キャンバスが柱だったり壁だったりして、その建物自体の取り壊しの計画が持ち上がったときなどは今の法律では保存できるのか難しいようですが、例外を認めるなどして保存して欲しいものです。
それも、今ある場所に。こうじゃなきゃ魅力も半減ですからね。

廣州新中九龍國皇のご尊顔は、こちらで拝することができます。


*   *   *   *   *


わたくし、月曜日から殿についてヨーロッパ視察へ参りますので、3~4週間、ブログの更新はなくなります。
皆様におかれましても、ステキな夏を過ごされますようお祈り申し上げます。

Comment

言われてからこの壁画を見ると、「曾」の文字がたくさん並んでいますね。

視察、楽しんでらしてください。何カ国ほど回られるのですか?フィンランドに行きたいなあと5年ほど思い続けている私ですが、この夏はたぶん・・香港から・・でられない・・・。
  • 2007/07/28 13:27
  • joona
  • URL
  • Edit
なるほど。これで九龍皇帝さんの行動に納得です。
bonbonさんとすれ違いになりますね。私も月曜から香港へまいります。
かなり暑いようで体力が持つか心配です・・・。ヨーロッパもかなり天候不順なようでお互い体には気をつけて無事帰還いたしましょうね。
  • 2007/07/28 16:10
  • URL
■joonaさん
なんでこんなに「曾」の字があるんだろう?と疑問に思いながら見ていたこともあったので、今回スッキリしました。
欧州は2カ国視察します。両国とも、すごく小さな範囲限定ですけれども。
確かに、フィンランドをはじめ北欧は夏に行くのがよろしいでしょうね。
joonaさんも、ステキな夏をお過ごしください。

■悠さん
私もやっと納得です。
今年は本当に暑いですよ。体調管理には気をつけて。
ヨーロッパは猛暑とか言ってますが、私が行くところはどうかしら・・・。
まー、香港ほど暑くなくていいか。
楽しい香港旅行になると良いですね。
  • 2007/07/28 21:08
  • bonbon
  • URL
  • Edit
あぁ、この文字!インパクトがあるので見覚えがあります。
私も読むことよりも観る方でした。
記事を読んでなるほど~、勉強になりました!

3~4週間ほどヨーロッパに?
うらやましいです。
気をつけて行ってらっしゃいませ~。
■みのさん
まさかそんなことが書いてあるとは・・・。想像を超えてました。(笑
ヨーロッパの天気がどうなのか、気になってます。
私の行く場所は猛暑じゃなさそうだし、寒くなければいいけれど・・・。
  • 2007/07/30 00:15
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。