Phantom of The Opera

  • Day:2005.01.25 19:10
  • Cat:書房
1月25日 (火)   曇り

旅立ちの準備その1は、月曜日の午後無事終了。今日は腰も痛かったし、ちょっと中休みで(もう?)G子ちゃんと映画を観てきました。相変わらず香港の朝の映画館はガラガラ。貸切です。今回は携帯電話が鳴るようなことはなかったけれど、映画館の外の工事の音が聞こえてきました。こういうびっくりは、やっぱり香港です。
映画自体は、同じミュージカルなら私は「ムーランルージュ」の方がずっと良くできていると思った。俳優陣の演技力、構成など、あっちの方が対象年齢が高い感じ(こっちはなんだかディズニー映画っぽい)、ミュージカルにしてはなんだか音楽や踊りにかける意気込みが中途半端な感じがした。「ムーランルージュ」や「シカゴ」にあるような、徹底した煮詰まったような濃厚な雰囲気が感じられない。「こういうものが作りたい」という、監督の意図が見えなかったし、全体的にあまり洗練されていなかった印象が強い。パンチがなかった。「オペラ座の怪人」はちゃんとあらすじを知らなかったので、その点では楽しめたけれど。
しかしこれは、映画ならミュージカル仕立てにしない方が良かったんじゃないか。舞台の場合はミュージカルじゃないとつまらなそうなお話だけれど、映画という舞台ではできないこと(俳優の表情のクローズアップとか、様々な特殊効果とか)のできる世界で、もっと台詞勝負で、深く「怪人」本人の内面に迫るような内容だったらもっと面白かったんじゃないかと思います。脚本が誰だか知らないけれど、力不足だったのかな。プリマドンナ役のミニー・ドライバーは演技力のある役者なのに勿体ない(どうしてこの映画に出てるんだろう?逆に疑問)。

衣装やセットなどは流石に素敵。でも、仮面舞踏会のシーンの振り付けはいかがなものか。もうちょっと何とかやれたんじゃないのかなあ。

Comment

おっ!(笑)
辛口だわね(笑)
まぁ、確かにあの踊りはどうなの?とも思いましたが、、、
いやぁ、『ムーラン・ルージュ』を見てないけれど、
劇団四季上演のと比べると今回の方が楽しめました♪

■がー子ちゃん、
おすぎかと思うくらい辛口でしょ。(ピーコはファッションチェックの方よね?)
やっぱり時間を割いてお金を払って観るものなんだから、作る側にもそれ相応のプライドと精神が求められると思うのよ。香港だから、しかも火曜日だったから45ドルだったけれど、日本で見ていたら1500円とか1800円とか(レディースデーでも1000円)は払うものだし。

舞台と映画はやっぱりそれぞれ違った魅力があるよね。しかもハリウッド映画は大体お金かかってるしね~。セットや衣装は本当に素敵だった。
  • 2005/01/27 10:13
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
The Phantom of The Opera
先日の日記でお知らせしたとおり、『オペラ座の怪人』を見に行って来ました。メンバーはBちゃんとふたり。いつもの顔ぶれですが、気を使わない間柄なのでGarden楽しかったですぅ(^^)
  • 2005/01/26 17:40
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。