Atonement / 贖罪

  • Day:2008.01.23 13:03
  • Cat:書房
1月23日 (水)   晴れところどころ曇り

ゆき
<ゆき>

♪窓に西陽が当たる部屋は
いつもあなたの匂いがするわ~

といったら、もちろんこれはテレサ・テンの名曲「つぐない」ですわね。私がお風呂に浸かりながら歌う曲の一つです。ちょっと前までは普通話でも歌えたんですが、最近歌ってみようと思ったら歌詞をすっかり忘れていました。

テレサの「つぐない」も素晴らしいですが、昨日私が観た「つぐない」(邦題)もとても良い映画でした。
日本ではまだ公開されていないようですね。
08年のゴールデングローブ賞受賞。アカデミー賞にも作品賞、助演女優賞、脚色賞などなどにノミネートされています。


(1月24日 少し追記しました)
Atonement

なんて悲しい映画でしょう。
私はお涙ちょうだい的な映画はあまり好きじゃないのですが、これは良かったなぁ。まさかこんなに悲しい物語とは思わずにいたので、不意をつかれたような感もありました。油断しているときにボコッとみぞおちに一撃食らうような。

ただ、映画の構成上、話が前後する場面がたくさんあります。同じ出来事を違う視点から映した部分も頻繁に出てきます。これについていかれれば問題ないのですが、こういうのが苦手な人、解らなくなっちゃう人(殿なんか典型的にこのタイプ)には向かない映画かもしれません。

ある夏の日。姉のセシリアと恋人ロビーの間の愛を間違った方向に解釈した13歳のブライオニーは、ロビーがある罪を犯したと言って二人を永遠に引き裂いてしまいます。後年その間違いに気づき、ブライオニーは一生をかけて償おうとしたのですが・・・。


私はキーラ・ナイトレーがあまり好きじゃないんです。演技がどうこうと言うよりは、外見が。彼女の口元が嫌なんです。
受け口気味・・・?なのか、とにかくなんか口元がおかしい。もともとああいう顔立ちなのでしょうから、非常に申し訳ない話ですが。
で、ああいった骨格のせいか、彼女の英語がとても聞き取りにくくて(私のヒアリング力の問題もあり)、それも嫌。映画に集中できない。
ただ、よく演じていたとは思います。「高慢と偏見」のリジー役よりもずっと良かったような気がしました。

ロビー役のJames McAvoyが私は好きなので、こちらでは目の保養。ああー、かっこいいわぁ。
彼は、Becoming Janeでもとても良かったです。

誰よりも素晴らしい演技だったのは、13歳の妹ブライオニーを演じたSaoirse Ronan。若さゆえの混乱、独尊的な正義感、焦燥感、不安などを見事に演じていたと思いました。
アカデミー賞では助演女優賞をとれるかな~。

この映画の萌えシーン(James McAvoyにおいて)は、まあ直球勝負の書斎のシーンですが、戦地からセシリアに宛てた手紙の書き出し(または彼の心の声か)が彼の声で読まれるところで、
 「Dear Cecilia, Dearest Cecilia, Cecilia...」
と、Dear、Dearestと修飾したあと、最後彼女をただ彼女の名前で切ないため息にも似た声で呼んだのが、たまらなくセクシーでありました。

私は英国文学には疎いので知らなかったのですが、原作の「贖罪」もかなり有名な作品のようです。こっちも読んでみたくなりました。しかしこれ、文庫はないのか?

贖罪 贖罪
イアン マキューアン (2003/04)
新潮社

この商品の詳細を見る



昨日はこれを観たあとPercepolisを観ようと思っていたのですが、Atonementに大満足だったし、この余韻が消えてしまうのも嫌で、結局そのまま家に帰りました。

ところで、この映画のキーワードの一つと言える(言えるのか?)ある単語があるんですが、それは「cunt」というもの。日本人にはあまりなじみのない英単語です。私も純情可憐な乙女なので、この単語は知りませんでした。
日本語訳は、私がここにそれを書くのはためらわれるので、このリンク先をご確認ください。さらに、これが英会話中に使われるときにどういった意味を持つのかは、こちらをご確認ください。
日本での公開も決まっている映画ですが、一体この単語が字幕ではどのように表現されるのか、それがとても気になります。

Comment

わたしも結構前ですが観ました~。
とても悲しいけれどいい映画でしたね。
蜂の羽ばたきが、映画からのとわかっても映画館にでも蜂がいるの?とキョロキョロしてしまいました。(アホ笑)羽ばたき系が嫌いなので・・・
  • 2008/01/24 16:03
  • 10ha10ha
  • URL
  • Edit
■10ha10haさん
羽音だけ聞こえていたとき、ハエかと思ってました。
スクリーンでハエをアップで見るのはヤダナ~と思ったら、
蜂じゃありませんか!ああ良かった。(笑

とてもよい映画でしたね。
  • 2008/01/24 16:12
  • bonbon
  • URL
  • Edit
私は原作購入を決めています☆文学に詳しい友人によると、マキューアンの本は全部これからも読みたいと言っていたので、読んでみることにしました。私はナタリーポートマンは好きなのですが(キーラはにてると言われたり)、キーラは私も特に好きではなかったんですよね。彼女、話すのはやいですし・・・ロビー役はとってもよかったですね~。

私はCワード知ってました・・・知っていても役に立たないんですけど・・・たしか、羊たちの沈黙でも出てきたと思います。英語の俗語って、日本語では訳しにくいのではないかといつも思います。
■j'adoreletheさん
原作中の原作、英語のオリジナルの方をお買いもとめに?
私には無理だ・・・。英語じゃ読めません。(涙
ポートマンさん、私も好きです。
StarWarsではちょっとアレでしたけれど。

Cワード、ご存知でしたのね。
英語のスラング、特に性的な言葉を使った罵倒などは、
訳すのが難しいですよね。直訳しても意味が伝わらないし。
  • 2008/01/25 09:47
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。