パジャマでお邪魔♪

3月3日 (月)   晴れ

ネコ2
<休むネコ>

ひな祭りですね。おめでとう・・・って言うものでもないので、えーっと、乙女の皆さん、お互いに健やかに成長を続けましょうね。・・・ってことにしておきます。

そんなことよりね、ホンハムの大戸屋はニセモノってことの方が重大なんですけれども、ニセ大戸屋の出現と同じくらいびっくりしたことがあるんですの。
まさか、香港でこれを見るとは思わなかった・・・。見たくなかった。ちょっと将来が不安になった。
それくらいの衝撃でありました。
パジャマでお邪魔
<ちよこれいと・・・ぱいなつぷる・・・>

これですよ、これ!パジャマで外出・・・!!

この日は、写真部の活動で尖沙咀のプロムナードに設置された北京オリンピックのマスコットキャラクター型提灯の撮影に赴いていたんです。夜9時過ぎでした。
で、一時間ほど撮影して10時過ぎにオーシャンターミナル大階段へ行ったら、この方たちが眼に飛び込んでいらしたのです。
そのときの私の衝撃といったら・・・

ガ━(゚Д゚;)━ン!!!

の一言でしたよ。できることなら、中世の欧州の淑女のように、その場で卒倒したかった。
でも、「いいい・・・いや、まままま・・・まさか、ここ香港だし。ぱぱぱぱ・・・パジャマってことはないよね?きっとパジャマに見える洋服なんだよね?」と自分を励まして、もう一度よーく見てみたんですけれども、どう見てもパジャマでした。

少し前に、「上海人が一番嫌う公共のマナー違反はパジャマでの外出だった」というニュースがありましたよね。ニュース1 ニュース2 ニュース3
こんなことがニュースになるくらい、中国人(中華人民共和国の人民)はパジャマで外出することが珍しくありません。今はどうだか知りませんが、10年以上前のシンセンでも、夜になるとパジャマで歩いている人が多く見られました。
日本人の私にとっては決して愉快な風景ではなく、どちらかというと不快だったのですけれども、でも中国では私が外国人。彼らが彼らの国でどう振舞おうと、それについて部外者の私が声高に文句を言うつもりはありません。パジャマで出かけたければ、どうぞお好きになさって。

でもね!でもねでもねでもね、ここは香港ですのよ。香港では、パジャマで外出している人を、とりあえず都市部では、見かけたことがありません。私の勝手な理解では、一般的に、パジャマでの外出は香港では非常識ではないかと。
しかもここ、オーシャンターミナル/ハーバーシティ大階段ですよ。大都会の高級ショッピングモール入り口よ。正面玄関よ。
ああ、私にはわからない・・・。

このおばちゃんたちは、非常に楽しそうに、日本で言うところの「ぐりこ、ちよこれいと、ぱいなつぷる」とやるあのゲームをなさってました。どうやら広東語を喋っているように聞こえましたが、香港人の広東語と広州やその他広東省の広東語との違いは、私は少し聞いたくらいでは分かりませんので、ナニジンだったのかは分かりかねます。香港人だったのかもしれません。でも、パジャマだから中国の人民だろうなーと、勝手に考えております。

スリッパ
<スリッパです>

誤解を恐れずに言えば、もうさー、うんざりですのよ、私。観光客が多い場所に住んでいるから余計なんですけれども、最近の人民の多さにうんざりしております。
ハーバーシティの中で、尿意をもよおした息子のちんちんに、母親が持っていたペットボトルをあてがって放尿を促しているとかね。ちょっと物陰に隠れて・・・ではあったけれど、通路だったし。運悪く通りがかって見ちゃったし。
セキュリティに注意されても、「やー、悪いね。でもしょうがないでしょ。もう終わるから!」みたいな言い訳ばっかり繰り返しているし。
以前、ハーバーシティのゴミ箱の上に息子を抱えて「シー シー」って放尿を促している母親もいたね。
ああ、脱力。

中華人民共和国内では、それでも良いかもしれないけれど、一歩外に出たら、行動を改めてくれよ・・・。気がつこうよ。みっともないよ?
って思っても、そういうことに見事なまでに頭が回らないのが、人民を人民たらしめている要素の一つなんだろうなぁ・・・なんて、意地悪く考えちゃいます。

MTRの券売機の使い方が分からなくてまごまごしているとか、自動改札に入れなくて大人数で団子になっていてすごく邪魔とか、そういうのは良いですよ。しょうがないもんね。
でも、もっと基本的な部分は何とかしてほしい・・・と思うけれど、そもそもその「基本」が違うんだから、仕方がないのかしら。

この文章を不快に思う方には申し訳ありません。私も、自分の中にある差別・区別意識を否定はいたしません。でも、私が他者を差別・区別するのにはそれなりの理由があります。悪しからず。

ああー、香港を訪れる人民は増えるばかりなんだよネェ・・・。はぁ。


今日のフレーズ@ヒンディ
(今たまたまテレビでやっているだけで、本文とは一切関係ありません)
 ばほと まざー あーやー=とても美味しかったです

Comment

ああ~、これはダメですよ。それもど真ん中で!!

この手の人をみると(私は香港でも見たことがあります。)いつも思うのですが、どうしていかにもパジャマらしいパジャマを着ているんでしょうかね?
これがスウェットやジャージ(実はパジャマ)だったらありだと思うんです。
どうして白とか薄いブルーの前ボタンパジャマを着てたりするんだろう・・・。

自分が気合入れておしゃれしていればいるほど、こういう人が隣に立ったとたん、むなしくなります。
  • 2008/03/03 14:41
  • joona
  • URL
  • Edit
いや、私としては中華人民共和国内でも止めて欲しいです・・・。オリンピックが行われる国ですよぉ!?

然し残念ながら、パジャマでおでかけのおば様方も、道端でシーシーのお母様方も、経済特区深センにまだまだ大量に、普通に存在しています・・・orz
22年前の香港では、夕方になると普通にパジャマでおでかけの皆さんがいましたですねぇ。あの頃は各家庭にエアコンがなく、暑かったから涼んでいたんだそうで。

ところでこの方たち、もしかして病院から脱走してきたとか!?
■joonaさん
パジャマ、香港にもいますか!
本人たちは、非常に楽しそうだったんですけれどね。(笑
私はこの手の人たちを見ると、申し訳ないけれども、憤りを感じます。
同時に、夢も希望も失せたような気分にもなります。
がっくり・・・。

■檸檬ちゃん
オリンピックやろうが、有人ロケット飛ばそうが、
リニアモーターカーが走ろうが、
中華人民共和国は、中華人民共和国なのよ。
腐っても中国。(腐ったら中国?あ、失礼。笑

■ちょいさん
私は96年からしか香港を知らないのですが、
それでも繁華街だけなので、パジャマ姿を見たことがありません。
窓からテレビが降ってくるような都市だったんだから、
パジャマ着てるくらい、普通かもしれませんね。
この人たちはどこから来たのか私も不思議なんです。
スリッパだから、長距離を移動してきたとも思えない。
同じビルにあるマルコポーロ系ホテルの客だとしても、
備え付けのスリッパではなくマイスリッパは腑に落ちません。
病院も近くにはないし・・・。
んーむ。
  • 2008/03/03 17:29
  • bonbon
  • URL
  • Edit
なかなか衝撃的なお写真ですね(笑)。
でも、シンガポールにもいましたよ。
穴あきランニングにヨレヨレのパジャマズボンを穿き、ベンツに乗って出かけるおじいちゃんとか…。

本当かどうか知りませんが、一昔前、パジャマを着ることはある意味ステイタスだったとかで、その名残だと聞いたことがあります。
「私達はパジャマを着れるようなハイソなおばちゃまなのよ♪」って感じですかねえ?
■LimeSodaさん
ああー!そう言えば、私もそんな話を聞いたことがあります。
思い出した!!
パジャマなんてハイカラなものを着られる・・・というステイタス。
だから、よけいにjoonaさんがおっしゃるように
「いかにもパジャマ!」というデザインのものが好まれているのか。
一説には、「パジャマで出て来られちゃうくらい、近所に住んでるのよ♪」という
主張もあるとかないとか。
シンガポールでもとなると、国を問わず、中華系の人に共通するものなのでしょうね。
  • 2008/03/04 11:42
  • bonbon
  • URL
  • Edit
タイトルからbonちゃんがお友達とパジャマナイトを楽しんでいたのかしらと・・・が、これでしたか!!!
こちらもねぇ、私が住んでるとこはローカル色濃いのでたまに「それパジャマでしょ?」って感じの服装の人みかけますよ、髪もまだ濡れてたりして、それも嫁入り前の若い女子だったりします。

先日新聞でMRT内で子供がおしっこをしてたとありましたよ・・・母親が一緒にいたにもかかわらず。
困ったちゃんはどこにでもいるんですよね、残念ですが。
  • 2008/03/04 13:14
  • chic
  • URL
■chicさん
あら~・・・。やっぱりそちらにもいらっしゃるのね。
香港の繁華街にしか住んでいないので、
こういった国際都市では見られない光景なのかと思ってました。
知識が浅かったようです。
MRTでの出来事はけっこう衝撃!シンガポールでもありなの?(汗
中華系の人だったのかしら・・・。
困ったちゃん、本当に困っちまいますわネェ。
  • 2008/03/04 17:23
  • bonbon
  • URL
  • Edit
え~っと、地元ではパジャマでお邪魔スタイルは
まだ見られます。しかも濡れ髪でとか。
でも、以前に比べたら少なくなったとか(旦那談)

無邪気にパジャマではしゃぐ姿は、温泉地で浴衣で
はしゃぐのと同じ感覚!?なのかしら?
まっ、見方を変えれば、純粋無垢ってことで・・・。
(いや、違うだろっ!)

しかし、大都会でこの絵は衝撃的ですね。
もしや、遠くから撮影してたとか?おばちゃんたちが
チャレンジ精神で「大都会でパジャマでじゃんけんぽん」を企画したとか・・・?

ここ最近でショッキングだったのは、そごうの食品売り場(卵売り場の前)でベビーカーに乗ったBBのオムツを替えていたことかな?しかも、うん○。
周りはかなり引いてました。
  • 2008/03/04 19:34
  • Hachi
  • URL
↑コメントできました~!
やった~!
  • 2008/03/04 19:35
  • Hachi
  • URL
■Hachiさん
コメント投稿成功、おめでとうございます。
設定を変えたらできましたか?
それとも、気まぐれな感じで成功した?

私にとっては衝撃のパジャマ姿を香港で見かけないのは、
私が香港人がほとんど住んでいないような場所に住んでいて、
しかも超繁華街にいるからですね。
住宅地ではパジャマ族の姿がまだまだ見られるのでしょう。
皆さんの話を聞いて、まだまだ知識が足らないと思いました。

そのおむつ交換、イヤだわぁ~。
何でそういうところでする気になるんでしょうね?
頭悪いのか?
  • 2008/03/05 08:59
  • bonbon
  • URL
  • Edit
そういえば、パジャマの後は、スエットの上下でした。それがパジャマに比べてカッコいいという時期があったのです。

確かその頃、タレントの親かなんかのお葬式で、親族一同が白装束を白いお揃いのスエットの上下にスニーカーにして物議を醸したこともありましたわ。おしゃれだとか不謹慎だとかね。
ぼんちゃん、あのね、ぼんちゃんに教えてもらった
とおりに設定したらOKになりました。

でも、こうゆうのって困るわよねぇ~。
ぐろ~ばるぅ~な時代にさっ。
  • 2008/03/05 20:00
  • Hachi
  • URL
■ちょいさん
スエットというのは、ここ数年でかなり一般的になった
ベロア(?)素材のジャージではなく、
いわゆるトレーナー素材の上下ですか?
それで出歩いている太太を中国ではよく見かけました。
メイクはバッチリで、ハイヒール履いて、
さらにブランドバッグを持っていたりします。
私の美的感覚からすると、ムカつくほどかっこ悪いです。

■Hachiさん
あ、やっぱり。不便ですよネェ、本当に。
FC2だけですよ、こんなに面倒なの。
  • 2008/03/06 11:45
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。