家庭菜園<バジル>

  • Day:2008.03.19 12:22
  • Cat:厨房
3月19日 (水)
晴れてるはずなんだけれど、空気汚染のせいか真っ白け

なんの花?
<なんの花でしょ?>

最近、家庭菜園を始めました。
きっかけは、2月の下旬に心優しき某婦人にいただいたミントの鉢植えでした。
そのミントがぐんぐん育って、みるみるうちにいただいたときの2倍くらいの量になりました。そろそろ株分けをしなければ・・・と思い、植木鉢や土を買うついでに、街市でバジルの枝を手に入れて、それも植えようと思いつきました。それが、今月10日ごろの話。
街市で買ったバジルの枝は、私が帰宅して水に入れたとたんに、元気になるどころか急速にげんなりし始めました。水切りしなおして挑戦しても、げんなりが加速するばかり・・・。私のほうがげんなりしてきました。
あんまりショックだったので、なるようになれっ!と、破れかぶれに鉢に土を入れてそこに刺したら、げんなりさらに加速。
3日間様子を見ましたが、一向に元気になる様子がありません。

そこで、かろうじて生命力の残っていそうな部分だけ残して、大胆にカット。もう一度水に入れたら、やっと葉っぱがいきいきしてきました。私もいきいきしてきました。

あとは、この茎のどこかから根っこが生えるのを待って、槌に植えかえれば良いはずです。
どこかで読んだものによると、1~2週間かかるとか。根気よく待ちましょう。

でも、せっかちな私は、3日間くらい眺めて「まだ出ない・・・まだ出ない」と不安になっていました。
昨日、G子ちゃんに会ったときにも、「バジルの根っこが出ないのよー」と訴えていました。香港の水が悪いのか、または日照条件が悪いのか・・・などと議論もしてました。

そして昨日の夜、お風呂に入りながら傍らのバジルに眼をやると(バスルームに置いてあります)、・・・あ!

バジル根っこ
<バジル根っこ>

根っこが出てる!すごーく短いけれど、明らかに根っこが出てる!
苦節5日。
水に刺した2本の枝のうち、一本から根っこが出ました。わーい!
あと一本も、辛抱強く見守りたいと思います。
こいつの根っこがもっと伸びて頼れるようになったら、鉢に植え替えましょう。


ところで、バジルは中国語で蘭香とか羅勒とか書くようです。
それぞれをキーワードにしてYahooで検索してみると、「蘭香」では台湾のサイトが多くヒット。「羅勒」では香港のサイトが多くヒットしました。念のため簡体字「兰香」で検索しましたが、これだと人名が多く出てきてしまい、ハーブについてはヒットなし。中国では、バジルをなんて呼ぶんでしょ。

私の一番身近にいる英語が達者な香港人はこのアパートのコンシェルジュたちなので、香港でバジルは「蘭香」と「羅勒」のどちらが一般的なのか確かめようと思い質問してみましたが、その日その場にいたコンシェルジュは全員が男性(20代~30代と思われ)で、
   服務員1=この名詞を知らない&バジルそのものも知らない
   服務員2=Basilは知っているけれど、広東語名は知らない
   服務員3=終始無言
というような結果になり、全然要領を得ませんでした。

結局、CitySuperやその他のスーパーでバジルが「羅勒」という漢字表記で売られていることを確認できました。やっぱり、情報は自分の足で稼がないといけないのね。

バジルという、日本ではかなり普遍的地位を得たものが、香港ではそれほど知られていないということに軽く衝撃を受けました。一見国際都市ですが、やっぱりチャイニーズの多くはチャイニーズな生活をしているんでしょう。(差別発言じゃありませんよ)

女の子がいたら分かったのかな~と思いつつ、それでも香港では男女共に若い子は料理をあまりしないので(日本の若年層の比ではありません)、やっぱり分からなかったかな・・・とも思う。

「蘭香」は、普通話で「らん しやん」と読みます。Lan(しり上がり) Xiang(高音)。
「羅勒」は、広東語で「ろー らっく」と読みます。Lo(低音) Lak(高音)。

まあとにかく、根っこが伸びるのをまとうと思います。伸びろ、根っこ!
で、あと一つある空っぽの鉢には、ローズマリーを植えようと思います。

Comment

写真を見て、小学校のころの水栽培を思い出しましたよ。
1.2週間の予定が5日で根っこが出たなら十分優秀ですね。
私はどうも植物をうまく育てることができない性質で、
うまく行ったためしがないのです。

バジルやミントやローズマリーは香港の気候下で育てやすいのですか?
  • 2008/03/19 16:48
  • joona
  • URL
■joonaさん
このバジルが、優秀だと良いです。
今見たら、昨日の夜は3本だったのが、5本になってました!
まだまだドジョウのヒゲみたいなもんなので、頼りなさげ。
私も、芽が出て終わりという栽培結果が多いです。才能なし?

気候がどうかはわからないんですが、いずれにせよ
もともとハーブは雑草(だと理解してる)なので強いです。
特にバジルってタイ料理にもたくさん出てきますから、
高温多湿の気候でも問題ないんじゃないかと思います。
うちは完全室内栽培なので、気候は関係ないんですが。
アドバイスできなくて、申し訳ありません。
  • 2008/03/19 19:57
  • bonbon
  • URL
  • Edit
その後のバジル皇子のご機嫌はいかがでしょうか

わたしの経験上、香港においてミントとバジルと紫蘇は育てやすいです。ジャングルの如し(やや誇張)。
ローズマリーも、水やりを控えめにすれば問題ありません(が、水が少ないせいか、成長速度は遅いです)。
  • 2008/03/22 00:47
  • うらら
  • URL
  • Edit
■うららさん
バジルさんの根っこが7本になりました。
だいぶ長くなってきたので、そろそろ土に植えても良いかなー。
ローズマリー、乾燥地を好むんですね。
水やるの、しばらくやめます!
  • 2008/03/25 12:46
  • bonbon
  • URL
  • Edit
掘り返してスミマセン...
今日は母の日ということでフラワーマーケットにて物色中、”羅勒”と書かれた立て札が目に入り、おぉっ!これがbonbonさんを悩ませた”羅勒”だわ~と、私も確と記憶に留まることとなるでしょう。勉強になりました。その後羅勒さんはお元気でしょうか?
  • 2008/05/11 20:24
  • 10ha10ha
  • URL
  • Edit
■10ha10haさん
我がバジルは、先週昇天あそばしました。(涙
どうやら根ぐされ。
種を買ったので、今度は種から育てようと思います。
  • 2008/05/11 22:04
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。