北インド料理の本

  • Day:2008.04.16 11:25
  • Cat:書房
4月16日 (水)   晴れ

CK
<ワイセツ画像ではないのか?>

いやー、みなさん。どうですか今日は。
香港は強烈な日差しですね。こうなると、日焼け止め、日傘、サングラスなどが外出時の必須アイテムとなりますわ。
皆様も、望まない日焼けには充分にお気をつけください。

え、ところで。最近、また本を買いました。料理の本です。
既成のレシピに従うというのはどうも好きじゃないんですが(天邪鬼&面倒くさがり)、時には従わないとどうにもならないものというのもありますね。作り方がさっぱり分からないものは、レシピがないと困ります。特に、複雑な味のする(恐らくは耳慣れないスパイスなどを多用しているであろう)もの、つまりインド料理、タイ料理など。

本の中
<子羊のミンチのヨーグルトカレー>

北インド料理これがそれです。「North Indian Cooking」。ページワンで28ドル。

北インド料理とは何か・・・私にもよく分かりませんけれど、聞きかじった記憶を紐解いてみると、確か南インド料理よりはまろやかな味わいのものが多かった・・・ような気がしないでもありません。
ま、本当は「Indian Favorites」ってやつがほしかったんですが、それがないのでこれにしたという程度の思い入れしかありません。インド料理では、これの他にベジタリアン料理がありました。

写真のように、レシピのほかに北インド料理に良く使われる食材の説明があります。
これらのものは、日本だと入手困難かもしれませんが、ここは香港。必要になれば重慶大厦あたりのインド屋で比較的やすやすと手に入れられるものと思われます。

だからと言って、我が食卓にこれから北インド料理が登場するのか・・・と言えば、そうはならない可能性が濃厚。だって、殿はインド料理がお好きでないらしいですから。
しかしまあ、参考にはなると思うわけであります。こういう調理法もあるのね~とか、そういう使い方もできるのね~とか。ややもするとワンパターンに陥りがちな食卓を、少しでもバラエティ豊かなものにするため、28ドルを投資したと、そのようなわけであります。

このMini Cookbooksシリーズには、他にもいろいろあります。タイ料理、インドネシア料理、マレーシア料理、韓国料理、日本料理、ユーラシア料理(ユーラシア大陸の料理、つまりほぼ何でもあり)・・・。さらにはジャガイモ料理、鶏肉料理など、食材に特化したものも。ケーキ類などのお菓子シリーズもあったと思います。

以前、調理実習でインド料理を作ったときにも思ったんですが、この本を読んで改めてインド料理を作るのに必要なスパイスの数に驚かされるというか、感心するというか、呆れるというか・・・。
まあね。インド料理はほとんど全てのものがカレー味ですから、仕方がないことかもしれません。あのカレーの味を出すには、それはそれは大変な数のスパイスが使われているのですから。日本のカレーだって、ルーを使わずに、さらに「カレー粉」を使わずに作るとなったら、同じくらいいろいろな香料を使うことになるのではないでしょうか。

この本の最後の方に、マンゴーアイスクリームの作り方が載っていました。予想以上にいろいろな材料があって驚きましたが(牛乳、生クリーム、エバミルク、コンデンスミルク・・・と、乳製品だけで4種類!)、これなら作れそうだし、殿にも喜んでいただけそうです。
うむ。それじゃ、そのうち作ってみようかな。

ところで、今朝この本の中のある料理の材料を黙読しているとき、「Tomato」とあるのを頭の中で「とま~トゥ」と英国風の発音で読んでいた自分に驚きました。
英国風発音を心がけてしばらくになりますが、中・高の英語教育で受けた(ものすごい不真面目でしたが・・・檸檬ちゃんは知っている)米語が刷り込まれていて、黙読中もどうしても「とめぃとぅ」と発音してしまっていたのです。ま、喋るときにも同じように「とま~トゥ」と発音できないと仕方がないんですが。
「とま~トゥ」に気をとられて、似てるようで違う「Potato」を「ぽた~トゥ」と発音しないように気をつけなくっちゃ。

Comment

キャッキャッ!!! ←意味不明
  • 2008/04/17 13:26
  • hiro
  • URL
■hiroさん
何に喜んでいらっしゃるのかしら・・・。
hiroさんだから、CKの写真か、それとも
食いしん坊hiroさんは、マンゴーアイスかな?
ところで、hiroさんはTomatoをどっちで発音なさいます?
  • 2008/04/17 14:29
  • bonbon
  • URL
  • Edit
昨日、九龍の海の方から優雅にティーなぞ飲みながらこの広告を見ていたんですが、幕がかかったような、あるいは半分塗りつぶされたように見受けられました。
レディー二人で初夏のティータイムで「この前、元電通マンの友人が言ってたけど、アレ、日本だったら"出すぎ"でアウトらしいわよ」などと「わいせつの疑いのある広告談義」に花が咲きました
  • 2008/04/17 15:21
  • うらら
  • URL
  • Edit
■うららさん
例のエディの画像が出回った頃に、SCMPの投書欄で
「それじゃ、セントラルのCKの巨大広告はどうなんだ?
 パンツ一丁の男性の写真、あれはワイセツじゃないのか?」
というのをいくつか読んで、なるほどねぇと思った次第。
やっぱり日本だとダメなんですね~。きびしいなぁ。
  • 2008/04/17 15:38
  • bonbon
  • URL
  • Edit
♪ I say Tomato
♪ You say Tomayto
♪ I say Potato
♪ You say Potatah
  • 2008/04/17 18:06
  • hiro
  • URL
ちょっとちょっとぉ、その本カラー写真たっぷりなのになんだかお安くありません?サイズが小さいのかしら??

前回の訪問で本屋に行かれなかったので、次回はリベンジを果たさないと!あ、でも時々、日本のアマゾンで買った方が安いことがあるので要注意なんだけど。

インド料理は、ネットで検索して、日本風にアレンジした“なんちゃって”レシピで作ってます。スパイスが少なくて済むんだもん。
■ちょいさん
はい。お察しのとおり小さい本です。
縦15cmくらいかな?
手元で読むにも、キッチンに持ち込むにもちょうど良いサイズかと。

ほーんと、スパイスが多いこと!
それぞれの下準備も大変なんですが、インド人に聞いたら
主婦は時間のあるときにまとめてやっておくから
日々やる作業ではないんですと。そりゃそうですわね。
同時に、これらはみんな基本的なスパイスで、
大体が家にあるものなのね・・・と、食文化の違いに驚きました。
  • 2008/04/18 14:50
  • bonbon
  • URL
  • Edit
■hiroさん
お返事飛ばしちゃいました。ごめんなさい。

これはどんなメロディーの歌なんですか?
思わずビートルズの曲が浮かんじゃったけれど。
  • 2008/04/18 20:48
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Shall we dance?という映画(古い白黒映画のほうね)のなかで歌われた Let's call the whole thing offって歌だよん

http://www.youtube.com/watch?v=zZ3fjQa5Hls
  • 2008/04/18 22:15
  • hiro
  • URL
■hiroさん
ありがとう!
で、hiroさんは結局「とま~トゥ」なの?
  • 2008/04/23 12:16
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。