野菜市場の謎

  • Day:2008.05.07 10:49
  • Cat:厨房
5月7日 (水)   曇り

工事中
工事中 posted by (C)bonbon

今朝は7時に起きて(いつもよりやや早め)、殿がいつものように朝風呂には入らずに身支度を整え始めたので、私も急いで朝食のしたく(・・・と言っても、コーンフレークなどを出して、お茶を淹れるだけ)をしようと思ったら、「あ、今日は朝ごはんいらないよ」と殿。どうやら朝食会議(パワー・ブレックファスト?これって死語?)があるようです。
朝食会議ってのは、残業手当・・・と言うか、時間外労働手当ては出ないものなんでしょうか?
例えば、9時-17時で働いている人が朝食会議に出るとすると、7時半とか8時から働く(会議に参加する)ことになります。これって、時間外労働でしょ?・・・と、ある日殿に訊いてみたら、「ああ、なるほどね。確かにそうなんだけれど、僕は残業手当とかそういう保障はないからなぁ~」だって。あら、そうですか。
そうか、管理職って一般的に残業手当が出ないものなんでしたっけ?外資(殿が働くのは欧州某国に本社を置く会社)もそうなのか~。

前置きがちょいと長くなりましたが、それとは全然関係のない本題です。

私はお野菜の美味しさに感激して、ここのところほぼ毎週「有機野菜販売会」に繰り出しております。野菜も美味しいし、生産者から直接買うというのもなかなか楽しいものです。
販売会に並んでいるのは、大体いつも同じようなお野菜です(冬になったらもう少し違うものが並ぶでしょうが)。
  ・サツマイモ
  ・大根(葉っぱつき、細くて短い)
  ・ニンジン(葉っぱあり、なし、細くて短い)
  ・ジャガイモ(小さいのが多い)
  ・かぼちゃ(皮の黄色いかぼちゃ)
  ・レタス各種(生菜、その他サラダ用レタス数種)
  ・チョイサム・・・と思われるもの
  ・キャベツ
  ・瓜(何の瓜だかは分かりません)
  ・キュウリ(太くて長い)
  ・トマト(普通の大きさの、ミニトマト)
  ・ナス(白いのもある)
  ・ラディッシュ
  ・生姜
これらがよく見る顔ぶれ。時々見かけるのは下記の方たち。
  ・四季豆さん(インゲンの太いの)
  ・ニラさん
  ・ブロッコリさん

ま、日常的に使う野菜が大体あります。玉ねぎなんかもあるとよいのですが、玉ねぎって寒い地方の野菜でしたっけ?
あと、ネギも欲しいなー、ネギ。私はネギがないと人生が寂しくなっちゃうくらいネギが好きです。やっぱりネギがないとね。ラーメンも、蕎麦もうどんも、冷奴も納豆も・・・その他もろもろ、とにかく味気ないじゃないのさ?白いネギでも緑のネギでもいいの。とにかくネギ。
あとはニンニクもあるといいですネェ。ニンニクも、私の人生のマストアイテム。古代エジプトで栽培されていたっていう記録があるようだから、香港の気候でも育てられるんじゃないのかしら。それとも、古代エジプトって寒かったのかな。あ、エジプトは寒暖の差が激しいんでしたっけ。
それからね、ニラもいいけれど、黄ニラがほしい。私は黄ニラが好きでネェ。普通の(緑の)ニラよりも傷みやすいんですけれど、味で言ったら私は黄ニラの方が好き。ニラができるんだから、黄ニラだってできるはずよネェ?
それと、カブ。カブがあったらいいなぁ~。葉っぱまで元気なやつなんか、特にいいねぇ。しかしあれか。カブも温暖な香港では栽培しにくいのかしら。

あ、そうそう。私の好きな野菜の話じゃないんですよね。今日は、その野菜販売会の謎。
何が謎なのかというと、実は上に挙げたレギュラー・メンバーたち以外にも、ほぼ毎回見かける野菜。ほぼ毎回見かけるんだけれど、中華料理ではなかなか見かけない野菜です。つまり、どこに需要があって彼らがレギュラーになっているのかがよく分からないのです。

それは、紫キャベツ、ビート、フェンネルの御三家。(ときどき紫玉ねぎもあり)
一般的な中華料理で、紫色のものはナスくらいでしょ?紫キャベツとか、ビートとか、中華に入っているのを見たことがありません。フェンネルも然り。(気づかないでいるだけ?)
中華じゃなくたって、3つともそう頻繁に使う野菜ではないと思うのですけれども・・・。
私にとって、紫キャベツといえばサラダにパラパラッと入っているくらいの野菜だし、ビートはサラダかボルシチしか思い浮かびませんし、フェンネルなんか野菜としての食べ方すら分かりません。

キャベツとビートの紫コンビは、買っている人もあまり見かけません。本当に、どうしてそこにあるのかが謎です。香港では、意外と消費量の多い野菜なんでしょうか。
フェンネルは、大埔の販売会へ行ったときに、買い物袋いっぱいに買い込んでいるおばちゃんを目撃しましたので、家庭によっては需要があるのかも。まあ、それにしてもあれだけの量をどう消費するのかが分かりませんが。それとも、飲食業か何かを営んでいらっしゃる方だったのかしら。

紫キャベツは、出来心で一玉買ってみたのですが、やっぱり使えなーい。うちではキャベツの千切りというものを食べませんし、スープにするにも他のものが紫色に染まると思うと使いにくい。結局はドイツ料理のザウワー・クラウト(酸っぱいキャベツ)みたいな味のものを大量に作って、冷凍しちゃいました。

本当にネェ。どうしてこの御三家がレギュラーなのか、不思議でなりません。

Comment

某所で、義妹も(趣味)で野菜を育てていることを書きましたが、
時々分け前をもらう中に、やはり紫キャベツとビートがありました。
bonちゃんと同じく、紫キャベツは千切りでサラダにする以外にどうしていいかわかりませんでした。煮ても焼いても普通のキャベツのように甘味が
出なかったし、すべてが紫色になってしまうし。

ビートなどというのは、私は初めて扱う野菜で、
単に紫色の大根!?という感覚しかなく、義母もスープにするといいと
言うので、いつも飲む中華っぽいスープにしたら、大変なことに!
色は悪いし、一緒に入れた肉やらお揚げが変な色に。(そのその、スープとは洋風のスープだったのか?)味も、なんだか独特のにおいがして、
見た目も悪いし、旦那なんて飲むのを拒否しましたからね。

この二つは、街市でもみかけます。ほんと、どんな使い方しているのでしょう?
フェンネルは見たことがないし、食べたこともないかも?

  • 2008/05/07 12:29
  • Hachi
  • URL
  • Edit
紫キャベツは、わたしも出来心で買いました(あるいは有機野菜パックに入っていた場合も)が、サラダにちょこっとだけ入れた後は あとは全部ピクルスにしちゃいました。ハムやソーセージの付け合わせにつかうの。
  • 2008/05/07 23:24
  • うらら
  • URL
  • Edit
■Hachiさん
義妹さんも、育ててらっしゃるのね!
なんでなんでしょう?物珍しさから?香港人て、新物好きだし・・・。
香港の気候でも育てやすいの野菜なのかなぁ?
ビートは、大根というよりは・・・カブ?形もカブだし。
それとも、Hachiさんは大根みたいな形をした紫のものをもらったのかな?
紫キャベツも、ビートも、お酢を少し加えるとパァーっと鮮やかな色になりますよ。
あとね、茹でるかなんかして柔らかくしたのを細かく刻んでサラダにします。
(自分でやったことはない)
独特の味がしますよね。
私はけっこう好きですが、自分でやろうと思うほど好きでもないなぁ。(笑
でも、今度もらったときの参考にしてください。
きれいな赤い茹で汁は、染色に使えないのかな・・・と思ってます。
お酢を加えてグツグツ煮込んだら、きれいな色に染まるんじゃないか・・・と。
フェンネルもネェ。あんまり中華料理で食べてる覚えがないですよネェ。
街市でもたまに見かけますが、有機野菜販売会ではほぼ毎回見ます。
ほーんと、謎。

■うららさん
ピクルスにすると、色がきれいでしょうね~!
香港の人たちは、本当にどうやって調理してるんでしょうネェ?
  • 2008/05/08 08:53
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。