泰式炒飯

6月9日 (月)   晴れ!
香港は、端午の節句の振り替え休日

夕刻
夕刻 posted by (C)bonbon

あー、やっと晴れた。一昨日の朝は、「地獄のBGMもかくや・・・」と思うくらい不気味な雷鳴が大きくとどろいていた香港ですが、今日は晴れ。いぇーい!ドラゴンボートの人たち、頑張ってください。

風邪はなんとなく治った感じ。まだ体力がない感じがするうえ、四六時中眠いですが、具合の悪さは消えたのでようござんした。まだまだ油断大敵ですけれどもね。
さて、本日は皆様に美味しい情報をお伝えしましょう。
ご存知のとおり、5月22日から10日間微笑休暇をいただいたのですが、わたくしは今回、タイ式炒飯に開眼いたしました。

タイ式炒飯 目玉焼きのせ
<カオ・パッド>

写真のとおり、一見普通の炒飯。食べてみても普通の炒飯なのですが、ここにあるものをかけることでぐっと美味しさが増し、微笑みの風が吹き荒れるんでござーますの。(写真はクリックで拡大できます)
あ、因みに、目玉焼きはトッピングです。「目玉焼きのっけてね」と頼むことでのってきます。そのまんまでも美味しいですが、目玉焼きがあった方がより美味しいです。インドネシアのナシゴレンみたいなものですね。

さて、そのあるものとはなんなんでしょうか。
わたくしは心優しいので、ひっぱらずに教えてあげましょう。上の写真にもちょびっと写ってます。

魚醤唐辛子
<ナンプラー&チリ>

これです、これ。あの好き嫌いの分かれそうな微妙な香りを放つナンプラーに、唐辛子の刻んだものが入ってます。
これをね、全体にかけて、さらにライムをしぼって、ざくざく混ぜて食べる。こうすると、普通の炒飯(味付けは塩、コショウ、味の素と思われ)が大変身するんですの。んもー、美味しいの美味しくないのって!( ゚Д゚)ウマー!!

あんまり気に入ったので、10日間で3回も食べました。殿に、「また炒飯食べてんの?!」と驚かれるほど。
今までナンプラーを我が台所に迎えることはしていなかったけれど、普通に食べても美味しい炒飯がさらにこんなに美味しくなるなら考えてもいいわ。
私はナンプラーはあまり得意としないほうなんですが、これは全く問題なし。むしろ大歓迎。ナンプラーがついていなかったら、
   「ええー、ナンプラーないの?」p(`ε´q)ブーブー
と、文句の一つも言ってしまいそう。でもね、それくらい美味しいんざますのよ、オクサマ!

ナンプラーばかり強調してますが、どうかライムも忘れずに。あるとないとじゃ大違いです。
因みに、こっちの方ではレモンとライムの境界線があやふやっぽくて、英語の通じる場所で「レモン」と言っても、ライムが運ばれてくることがよくあります。
うちの殿はレモンがなければ紅茶は飲まないというこだわりをお持ちですが、これでライム・ティーに開眼。今では家でもライムを入れて飲んでいることがあります。


タイの屋台図鑑タイの屋台図鑑
(2002/02)
岡本 麻里

商品詳細を見る

炒飯に入れる肉は、豚、鶏、牛から選べるのが普通なんですが、私は毎回豚でお願いしていました。

こちらの本によると、炒飯はタイ語で「カオ・パッド」。そのあとに入れて欲しいお肉を足します。豚肉は「ムー」なので、「カオ・パッド・ムー」。私が食べたものはさらに目玉焼きがのっかっているので、「カオ・パッド・ムー・カイダーオ」となるそうです。
因みにこちらの本、とっても面白いです。屋台での注文の仕方指南もあります。タイ料理に興味のある方(食べるの、作るのなど)にはオススメ!

カオパッドムーカイダーオ
ข้าวผัดหมูไข่ดาว
ごはん炒める豚肉目玉焼き

構造としては、このようになっている様子。ふーむ。面白い語順ですね。
私の場合、ホテルで食べていたので英語で注文していましたけれど。屋台などで食べる機会があれば、これを思い出したいと思います。
上の表の真ん中の欄はタイ文字なんですが、ちゃんと表示されてるかしら?私のPCだと問題ないんだけれど・・・。

と、このようなわけでありまして、タイ式炒飯は美味しい!のであります。
一つ疑問が残っているのですが、お皿の上に載ってくる生のネギ。みじん切りではなく、けっこう長いネギです。これはどうやっていただくべきだったのでしょう。つまんでかじりながら食べるのか?よく分からないのでノータッチで済ませましたが、ご存知の方がいらしたらぜひご教示ください。

Comment

タイの文字、きちんと表示されていますよ。
ちなみに鶏肉だったら何になりますか?
カオパッド(?)カイダーオ
  • 2008/06/09 17:05
  • joona
  • URL
  • Edit
■joonaさん
あ、表示されてますか。よかった♪

鶏肉は「ガイ」です。広東語と同じ。
(タイ語には、広東語と似た発音の単語がけっこうあります)
ただ、タイ語もまた「声調」のある言語なので、
「ガイ」をどういう調子で言うと通じるのか、
その辺までは私もよく分かりませぬ。
そんなわけで、私のカオ・パッド・ムー・カイダーオも、
このまま棒読みにしても通じない可能性大です。
英語で注文できて良かった・・・。
  • 2008/06/09 17:12
  • bonbon
  • URL
  • Edit
私はべたにパイナップルに入ったチャーハン?が好きです☆写真のナンプラーなどなどをかけるだけで、すごくおいしくなるのですね??それは発見です!あーでも日本だとおいしくて安いタイ料理はないのかしらん。

夕日に椰子の木はロマンティックですね!
■jadoreletheさん
おおう!私は、料理に果物が入っているのが理解できない人間です。
サラダのリンゴ、酢豚のパイナップルはんたぁ~い!
パイナップル炒飯もありましたが、そんな理由で素通りしました。(笑
きっと、その炒飯もナンプラーで美味しくなることでしょう。
ライムも大事です。これがあるとないとじゃ、また大違いなんですよ。
そうだわ。その辺の加筆をしておこう。
東京なら、新大久保のあたりがエスニックが多いです。
お値段も、まあまあ安め。
大久保と新大久保の間のにある「百人町」はもうないかな?
>>>検索中>>>
あ、ありました。
http://www.yataimura.jp/
以前よりもきれいになっちゃって面白さ半減ですが、
けっこう楽しい場所ですよ。

プーケット、夕焼けがとってもきれいでした。
  • 2008/06/09 17:31
  • bonbon
  • URL
  • Edit
私のパソコンでもタイの文字ちゃんと見えてますよ。
なるほど。炒飯に目玉焼きのっけ。うまそ~~(*^_^*)
息子が炒飯ラブ♪なので、ぜひトライしてきます★
  • 2008/06/09 20:23
  • みーこまま
  • URL
  • Edit
■みーこままさん
タイ文字見えてますか。よかった。
炒飯は、コリアンダーがなくて安心して食べられる一品でした。
(わたくし、コリアンダーがダメなのです)
ライムとナンプラー、お忘れなく!
  • 2008/06/10 08:58
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。