インディー&ペネロペ

  • Day:2008.06.12 13:25
  • Cat:書房
6月12日 (木)   曇り

瞑想するぷる氏
瞑想するぷる氏 posted by (C)bonbon

私のせいじゃないけれど、お詫び

先週あたりから、コメントを投稿すると「コメント投稿ありがとうございました」というページに飛ばされるようになったと思います。
非常にうっとうしいのですが、FC2の仕様でこのようになってしまい、私にはどうしようもありません。
FC2にはスパムコメント防止のためのコメント確認画面という機能もあるんですが(コメント投稿ボタンを押すと、確認画面に飛び、そこでもう一度投稿ボタンを押さないとコメントの投稿が完了しない)、二度手間になるのが面倒で、私のブログでは機能させていません。
それなのに、こんな「ありがとう画面」が出るようになってしまい、私自身も非常に不愉快に思っております。
FC2ユーザーの掲示板ではこれに対する苦情が出ていますが、FC2がそれをどう判断するかは分かりません。コメント確認画面と同じように、この画面の表示・非表示をユーザーが設定できるようになって欲しいものです。
そのようなわけで、管理人の私としても非常に不本意ながら、コメントを投稿していただいている皆様にはご不便をおかけいたしております。申し訳ありません。



風邪は治ったようなんですけれど、どうも鼻水が出ます。くしゃみもね。ヘェ~ックショイっと♪
ファンデーションを塗っているときに鼻水が出ると困ります。鼻かむとファンデーションが取れちゃうし、でもズルズルやってるのは汚いし。
あ、そうそう。このズルズルやるのですが、つまりズズッと鼻をすするあれ。あれは私の知る限り、欧・米では一般的にマナー違反です。日本だと公衆の前で鼻をかむ方がマナー違反・・・というか、躊躇されますが、欧米だとその反対。ズルズルという音がものすごく汚らしい音に聞こえる上、場合によっては麻薬中毒者のようでもあると、フランス人に言われたことがあります。すするくらいなら、チーン!(またはブビー!)っと一発、鼻をかむ方が好ましいそうです。「失礼しました」と一言付け加えてね。
私も今ではすっかりこちらに慣れてしまって、日本でも堂々と鼻をかんでしまいます。風邪の流行る時期に帰国すると、あちこちから「ズズッ」「ズズズッ・・・」と延々聞こえるのはこの上ない苦痛となりました。
と言うわけで、ご旅行などの際にはどうぞお気をつけください。

映画を2本見ました。


インディインディー・ジョーンズ4
Kingdom of Crystal Skull


何年振りになるのでしょう。なんで今さら・・・?と思わないでもなかったけれど、殿が観にいきたいとおっしゃるので一緒に観ました。

面白かったぁ!ヽ(´∀`)ノ
まあね、けなそうと思えばけなせますよ。
かなり早い段階からあの「チャララッチャ~ チャララ~」というインディ・ジョーンズの音楽が流れ、前作までを観ている世代の懐かしい!という感情をあおるあたりは面白くなかったし、ハリソンフォードの役作りに、彼の父親役のショーン・コネリーの影が色濃く見えるあたりも、なんて言うか、やっぱり「懐かしさ」を売り物にしている(つまり新しさがない)感じがしたし、相変わらずソビエトは敵だしね。
それでも、やっぱり映像はすごい。お金かかってるんでしょうなぁ~!やっぱりスピルバーグだなぁ~!と思わずにはいられない。
鼻につく「懐かしさ」も、時には面白さにつながるところもあるし、続き物と考えればそこを取り払ってしまうのにも無理があるしね。

しかしまあ、そこまでだったと思います。それ以上でもそれ以下でもない。
お話として一番面白かったのは、第3作。斬新さが素晴らしかったのは第一作。今回のこれは、映画館で観る価値は充分にありますが、逆にDVDやテレビ放映を待つ価値は、巨大画面をお持ちでない限りは、ないでしょう。

今回のインディ・ジョーンズで注目は、やはりなんと言ってもケイト・ブランシェット。ロシア訛りが見事!
新たな魅力というか、今後も彼女がこういう役をやるかはわかりませんが、とっても新鮮でした。もともと好きな女優さんですけれど、ますます好きになりました。

*   *   *   *   *


ペネロペPenelope

昨日観ました。
子供向けの映画だけれど、期待したとおり面白かったです。

実を言えば、映画というよりは、どうにも抗えない魅力のジェームス・マカヴォイ(ものすごーく好み)を観にいったんですけれど、クリスティーナ・リッチも好きなのです。
リッチさんは、アダムス・ファミリーが印象的なんだけれど、それよりも前のMermaidsも良かったですね。
ジェイミーはやっぱりかっこ良かった。ああー、素敵。私がこの人を初めて見たのは「Becoming Jane」で、一目ぼれでしたが、「The Last King of Scotland」にも出演なすってたのね。あの映画は観ていないので知りませんでした。そのあと「つぐない」で再会したわけなんですが、あれ良かったわぁ~。
しかし彼、Wikipediaによると結婚してるのね。残念だ。非常に残念だ・・・。

Simon Woodsという俳優さん(ペネロペのお見合い相手役)も良かった。彼もタイプだわ。お母さん役のキャサリーン・オハラもとっても良かったです。

俳優陣の評価ではなく、映画の評価はというと、三ツ星くらいでしょうか。お話自体はわりと単純ですが、メッセージ性はあるし、思春期の子供は楽しめると思います。この手の映画が好きな大人(私のような)も楽しめます。しかし、そのメッセージを最後の最後にセリフとして言わせてしまうのはどうかと思いました。それじゃ、映画作った意味ないじゃん・・・?

衣装もとっても良かったです。ペネロペの着ているものは特に可愛くて、目の保養になりました。

ちょっと気になったのは、舞台はどうやらイギリスなんですが、登場人物のほとんどがイギリスっぽくない英語を喋っているところ。(最初の数分を見逃したのですが、映画の中の町並みや、車が右ハンドルだったところからイギリスだと予想しております) イギリス英語を喋るのは、Simon Woodsとその家族、最後に登場する子供たちくらいで、あとはみんな普通にアメリカ英語だったような気がします。ジェイミーも英国アクセントではなくて、ちと残念。


*   *   *   *   *


Sex and The Cityは、どうでしょう。どなたかご覧になった?映画館まで行って観る価値あり?
そのうちHBOでやるだろうと踏んでいるんですけれど。あ、その前に、檸檬ちゃんにもらったDVDセットでドラマの方を観なくちゃいけないか。(SATCはそれほど観ていなかったんだけれど、面白いと言うし、DVDくれると言うので、ありがたくいただきました)

Comment

へー、そんなことが。 >ありがとう画面

コメント確認画面に飛ばされるのを受け入れているアテクシのブログでは、ありがとう画面には飛ばないよん。

この時期引く風邪は長引きがちだから、お大事にねー。
■ちょいさん
それがですね、1サーバーから順番にやっているので、
3サーバー(blog3)の私のところは早い段階で適用されちゃったんですが、
そのうちちょいさんのところの73サーバーも適用されると思います。
掲示板の方に確認画面利用者からの報告があったんですが、
そうすると、三度手間になるようです。
(まず確認画面に飛び、さらにありがとう画面に飛ぶ)

くしゃみは止まったんだけれど、まだ鼻水が出ます。
でも薬を飲むほどでもないので鼻かんでまーす。
・・・と思ったら、くしゃみが出た。
誰か私の噂でも・・・?
  • 2008/06/13 08:37
  • bonbon
  • URL
  • Edit
レストラン情報ありがとうございました!ライムですねーメモメモ。

ペネロピ、香港のポスターにショックを受けています・・・日本はこんな感じhttp://www.cinemaark.co.jp/cinema/peneropi.jpg

ジェームス・マカヴォイ、よかったんですね・・・私はこれも見逃しました。しくしく。クリスティーナ・リッチも好きですよ~。アダムスファミリーは強烈でしたよね。女優としてどんどん成長していってます:)昔、マコーレ・カルキン(ホームアローンの)に、出演作に幅を広げないと将来難しいだろう、みたいなことを「いいとも」に出たときに言ってたような。すごいです。
■j'adoreletheさん
あのレストラン面白いところですけん、ぜひ行ってみてくださぁ~い!
ペネロピ、日本だとこんなイメージで営業してるんですね!
うぅ~む・・・。私もちょっとショック。(笑
こういういの面白いですよね。
日本での映画のプロモーションって独特な感じがします。
(あ、香港もちょっと独特ですが)
同じ映画でも、売り込むポイントというか、見方が違う感じ。
それによって映画全体の印象も変わりかねませんし、
Good job!と思うこともあるけれど、
大体が「えぇ~・・・!」Σ(゚д゚lll)と軽く失望です。
まあ、つまりは現代の日本人のものの見方・価値観と
深く関わるんでしょうけれどもね。
やっぱり日本人て独特なんですね。

リッチさん、好い感じに成長してますよね。
カルキン君については、まさにドンピシャ。
彼、潰れちゃった感じですものネェ。
子役って難しいんでしょうね。
今の子役だとダコタ・ファニングさんに注目してます。
マイペースに成長を続けて欲しいものです。
  • 2008/06/15 17:13
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。