台風NURI

9月1日 (月)   晴れ

T氏
<T氏>

飼い主様、肖像権の問題などがありましたら、遠慮なく言って下さい。写真を差し替えます。

あっという間に九月です。光陰矢のごとしとはまさにこのこと。もう8か月も過ごしちゃったの?本当に?
狐につままれたような気持ちで9月の朝を迎えております。

カリブ海に発生したハリケーン・グスタフがアメリカのミシシッピー河口周辺地域を目指しているとのことで、避難勧告(命令?)が出されてます。どこも台風は大変ですわ。
香港もつい最近、台風NURIが通り過ぎていきました。
今回は直撃ということで、台風シグナルも珍しく9まで出たんですけれど、香港では常であるように、その台風シグナルの発令について市民から不満の声が上がっているようです。

私にはよく分かりませんけれども、なんかね、シグナル発令のタイミングがどうだったとか、こうだったとか、発令予報(○日の○時ごろにはシグナル○が発令されるでしょう・・・という予報が出ます)があーだこーだと、文句を言っている人が結構いるようです。

わたくし毎回不思議に思うんですけれども、どうして文句を言うんでしょう?
今回は、天文台の所長さんも自身の日記に「どうして文句を言われねばならないのか」と記してます。(8月26日の日記)

このブログでは何度か紹介してきましたが、香港では台風の風速に応じて台風シグナルというものが発令されます。シグナルは1<3<8<9<10という順に大きくなっていき、中でもシグナル8は特別な意味があります。

なぜかと言いますと、シグナル8が発令されると、
 ・お役所関係は休業
 ・証券取引所も休業
 ・交通機関もほぼ停止(タクシー、一部のバス、地下鉄は動いてます)
 ・教育機関はお休み
 ・会社も基本的にはお休み
というようなことになり、都市機能がストップすると言いましょうか、とにかくそんなことになるからです。飛行機も、やっぱり風が強いと危険ですから、キャンセルされる便が多く出ます。

このシグナルが発令されるメカニズムは、基本的には風速。香港のあちこちに、合計8箇所の台風風速観測スポットがありまして、そのうち4つ以上のスポットで風速が○○に達したらシグナル3。△△に達したらシグナル8と、そのようになってます。
が、実際にはもうちょっと複雑らしく、所長さんの日記を読むと、市民の安全を確保するための警告的な意味合いも含まれていて、ちょっと引用させていただくと、

On another matter, we issued the number 9 signal to warn people of the passage of the eye and to alert them to sudden changes in wind direction and speed.
<bonbonによるテキトーな訳>
市民に台風の目の通過を知らせ、突然の風向きと風速の変化を警告するためにシグナル9を発令した。

ということもあるようです。

これを読むと、シグナル発令のタイミングによっては、市民生活に著しく影響が出る可能性も否めないと、こういうことなんでしょうね。だから、そのためにも天文台では様々な視点から熟考に熟考を重ねてシグナルを発令してらっしゃるんでしょう。

大体ね、この方たちはその他の多くの市民とは違って、台風中だって働いてるわけですね。台風前から台風通過後まで、台風と真正面から向き合って働いているわけですよ。そんなありがたい人たちに対してどうして文句を言うんでしょう?

確かに今回の台風は、シグナル8や9のわりには、都市部ではあまり実感がありませんでした。でもそれは今回の台風の進路が幸いしただけで(詳しい進路は所長さんの日記で見られます)、大きさや威力からして、進路が西にずれていたなら99年にシグナル10が発令された台風YORKと同じように被害をもたらしたことであろうと、こう所長さんはおっしゃってます。

シグナル8が出なければ出ないで文句を言い、出たら出たでまた文句を言う。香港人というのは、本当に何に対しても文句を言っていますので、文化とか、市民性とか、そんな風に表現しても良いかもしれませんが、私は毎回天文台の人たちに同情します。

良かれと思っていろいろと力を尽くしてくれている人に対して、文句言うのは止めようよ・・・と、自分の日ごろの行いも含め、反省させられます。


もう面倒くさいから、警告的な意味のあるシグナル発令は止めて、風速に応じた発令のみにとどめたらどうかしら?それでも発令予報は出せるし、あとは「おまいら、常識で考えろよ」と、自分の身は自分で守れ、オレはもう知らねぇ!って突き放してみたらどうでしょうね?そうしたら文句を言われたって、「だって、風速が○○km/hでしたからね!」って言い返せるじゃありませんか。

天文台の所長日記にリンクの張ってあるこのブログの記事は難しくて私には理解できませんが(努力もしてませんが)、最後にNURIの台風の目の写真が出ています。あらー、きれい!

Comment

この文章が天文台所長のお目にとまることを期待します。
  • 2008/09/01 15:07
  • sue
  • URL
やっぱ我が王子は、かわゆいっ♥

ほんとにねぇ~。
日本に比べたらどんだけ住みやすいかっ!
でもそうやって文句をいう香港人だから、この住みやすい町が出来上がってるんだよね…
私も、十分天文台の職員さんはやってくれてると思います。

因みに台風でも働いてるのは、職員さんと同じく我が夫も同じ(苦笑
営業先も休みなのに、営業マンは仕事に行かねばならぬ…しかも、台風によって怪我をしたら自己責任。
恐ろしい会社よのぉ~。
日系企業で台風でも出勤っていう会社、5年前に比べたら圧倒的に減った気がします。
近頃聞かないの、周りで台風時に出勤してるご主人達。
なので余計に我が家が異常に思える今日この頃です。
  • 2008/09/01 16:02
  • sona
  • URL
  • Edit
今日は防災の日ですね。
NHKで防災訓練の様子を伝えていました。
日本は地震も多いし台風の被害も地域によっては深刻だし、
災害に対してまじめに取り組んでいますよね。
香港のシグナルによって一斉にお休みになるというシステムは
すばらしいと思いますが、市民の受け止め方はなんだか
「休めるか否か」に重点が置かれているような気がします。

あれっ?福田やめちゃったの?
今朝防災訓練していたはずなのに・・・
  • 2008/09/01 22:18
  • joona
  • URL
■sueさん
でも、日本語だからなぁ・・・。
あ、また文句言われてる・・・とか勘違いされて、落ち込まれたら困る。(笑

■sonaちゃん
全体的にいえば住みやすい所だよねぇ~。
そうだね。みんなの理想が高いから(笑)、こんなに住みやすくなったんだね。
台風中の出勤、水上・地上の移動は危険だよね。
何かあったら、会社はどう責任を取るつもりでいるんでしょうかね。
まったくもう!ヾ(*`Д´*)ノ"

■joonaさん
日本は天災大国というか、経験豊かですよね。
火災・地震の避難訓練の経験は、役立てることのないよう祈りはしますが、
万が一の場合は役立つような気もします。
社会に対しての不満をおおっぴらに表現できるというのは
非常に幸福なことですけれど、
自分勝手で根拠のない非難は自由の範疇を超えてます。
感謝も忘れちゃいけませんね。

福田さん、辞めちゃいましたよ。気楽なもんねぇ~。
  • 2008/09/02 09:20
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。