素敵なお買い物

  • Day:2008.09.11 17:52
  • Cat:本堂
9月11日 (木)   晴れ

金城のタケちゃん
<タケやん>

昨日は、お友達に連れられてちょっと遠出。
旧KCR(現MTR)西鉄に乗って、終点へ。それから軽鉄に乗って、タクシーに乗って、到着したのは国際十字路会(Cross Road Intl.)という団体の経営する、フェアトレードの雑貨を扱うお店。

あ、本当はね、もうちょっとシンプルに行ける場所です。

どういう団体なのかがイマイチ解らないんですが、んー、キリスト教系?
この施設、敷地としてはかなり大きいので、一体何があるのかと道路わきの地図を見ていたら、さっきまでお掃除をしていた黒人の兄ちゃんが声をかけてきました。道に迷ったと思ったようです。この施設で働いている人なら、少しは質問に答えてくれるかしら・・・と思い、質問してみましたが、やっぱりよく解らん。
私が理解した範囲では、恐らくキリスト教系(宗派はいろいろっぽい)の団体が集まったもの?
こういうことしてるのって、キリスト教系が多いよねーってのと、名前の「十字路」ってのが、十字架の「十字」と、世界をつなぐ交差点という意味での「十字路」とかけてあんのかなーと思いまして。でも、本当のところどうなんだかはよく解りません。
昨日の午後は、白人と黒人をいっぱい見かけました。

ま、いずれにせよここで売られているものはフェアトレード製品。食品はコーヒー、紅茶、チョコレートがちょろっと置いてあるくらいで、あとは全部雑貨でした。フェアトレードの食品を置いてあるお店は、例えば360とか、私が以前行った旺角のお店とかいろいろありますけれど、雑貨の種類がここまで多いのは見たことがありません。
フェアトレードのものって決して安くはないので、どれもそれなりのお値段なんですが、素敵なものがたくさんありました。

インド首飾り
<インド製首飾り>

私はお財布と相談しながら、カードケース(イスラエル製)と、とっても素敵な首飾り(インド製)を買いました。どっちもかなり気に入っての購入なので、大満足であります。

ただ私ね、いつも思うんですけれどもね、こういうフェアトレードのものって実用的なものが少ないんですよね。一見実用的なカバンとか財布とかなどといったものも、デザインがイマイチで使いにくい。あと、飾り棚に飾るような小さな置物系(装飾性はあるけれど、実用性はない)が多い。Tシャツなども、あんまりイケてない感じ。とっても残念に思います。
気に入ったものを買って、それが結果的にさらに私たちよりも困っている人々を助けることにつながるのなら、お互いに幸せですけれども、ちょっとアレだけれどこれが助けになるなら・・・という「ここで買い物することが慈善」というやや妥協した姿勢でのお買い物は、個人的には避けたい。だって、私はそんなにお金持ちじゃないもの。
この辺、もうちょっと考えてもらえたらなーと思います。

あと、ちょっとしたジレンマに陥るのが、「エコなのかどうか」という部分。これらの商品は海外から送られてくるものですから、その過程でCO2の排出なんかがね・・・アレなんですよ。それは、生産者のためにはなっても環境保護という観点からするとどうなの?とね、考えてしまいます。
片手落ちというか、本末転倒というか、なんかもう少しなんとかならないものなのか。
以前も書きましたけれど、生産地からあっちこっちに行けばそれだけ輸送費がかかって、それが最終的に私たちが払う値段に響くわけです。
例えば、フィリピン産のブラウンシュガー。パッケージを見るとイタリア語。ってことは、このお砂糖はきっと、フィリピンからイタリアを経て香港に入っている可能性が大きいです。フィリピンから直接来ればほんのちょっとの距離なのに。イタリア経由になる分輸送費がかさみ、その分小売価格も上がり、さらには無駄なCO2の排出まで増えると。
なんというか、せっかく良いことしているのに、もったいないなーとね。そう思うわけです。

フェアトレード活動団体の皆さん、頑張れ~!

Comment

ふ、深い・・・ ふでばこ買って「ええことしたわ~」って喜んでた自分がアホにみえる(-_-; いや、周りからは前からみえてるんだろうけれども(-_-;
いつかは「フェアトレード」なんて言葉がなくなるほど世界がフェアな時代がくればいいのにねぇ。
  • 2008/09/11 21:25
  • sue
  • URL
  • Edit
■sueちゃん
あら、そんな!
私は、ほら、えらそうなことを言うのは大得意なんですよ。
しかも私は基本的にケチなんです。(笑
それに、本当に気に入ったものがあって買うのなら、
それは普通のお買い物と変わらなくなりますし、
そもそもこういうのは個人的な価値観の差ですもの。
消費者が満足なら、それで問題なし。

本当に、これが当たり前になると良いね~。
  • 2008/09/11 21:38
  • bonbon
  • URL
  • Edit
たけやん(笑)。私はかれ一筋です☆ははは

わかりますわかります。ようやく、フェアトレードも浸透してきて、昔よりはデザイン性に注目されてきたといっても、まだまだ。慈善というより、ビジネスとしてなりたてば、フェアトレードなんて当たり前になるのに、と思います。でも、ファッション雑誌にはエコは取り上げられても、フェアトレードは見ないですよ。

なるべく、ローカルなものに頼って、輸入せざるを得ないもの(コーヒー豆とか?)はフェアトレードになればいいですよね~。
  • 2008/09/12 09:36
  • j'adorelethe
  • URL
  • Edit
■j'adoreletheさん
このタケやんね、エンポリオ・アルマーニのお店にいたんですよ。
アルマーニってタケやんと契約してんのね~。へぇ~。・・・と
思いながらシャッターを切りました。

ああ、そうです。ビジネスとして成り立つようになれば、
もうちょっといろいろな状況が変わるのかもしれません。
なんて言うか、こういうことに興味のない人にも手が出るような、
食指が動くようなそういう製品がないとね、もったいないですね。
あら、エコはあってもフェアトレードはないんですか。>服飾誌
広報も必要なんでしょうね。がんばれ~!

欧州ではフェアトレード製品がスーパーに並んでいたりもします。
日本や香港も、早くそうなると良いのにな。
  • 2008/09/12 10:47
  • bonbon
  • URL
  • Edit
フェアトレード物。確かに雑貨はいまいちの物が多いですよねえ。食品よりも雑貨の方が付加価値つけやすいと思うんですけれど。

でもっ!
ネックレス素敵~すてき~!!!
全体画像見たいです。
  • 2008/09/12 11:20
  • shell
  • URL
  • Edit
トレードするの?
■shellさん
ですよねぇ。
有名なデザイナーがそれこそ慈善活動で何かをデザインするとか
指導するとか、そういうことがあっても良いはず。
使い勝手が悪いと、普通の消費者は買いませんからねぇ。

ネックレス、素敵でしょう。うふ♪
全体像は、某所でご確認くださいませ。

■もも代さん
私じゃないけどね、トレードしている人たちがいるんですよ。
  • 2008/09/12 21:39
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。