読み解く

  • Day:2008.10.09 17:25
  • Cat:本堂
10月9日 (木)   晴れ

海下湾
<海底観察@海下湾>

ある文章なり詩なりと向き合って、その作品がいわんとするところを一生懸命考える。
何度も何度も繰り返し読んで、かけらを拾い集める。
一生懸命考えたら、集まったたくさんのかけらを言葉にしてみる。
言葉にすることでまた理解が深まる。

私の中にある私にしかないものを、他者にもわかる言葉にするという作業は、多分翻訳なんかと似ているんだと思うけれど、言葉を選んだり、その過程でまたさらにひらめいたり、とても刺激的。
それは、例えば餃子の皮を作っているとき、最初はボロボロでまとまりのない生地をこね続けるとだんだんまとまってくるような感じ。ハンバーグなんかのタネを作るときの、だんだんと弾力が出てまとまってくるああいう感じがする。

快感。

Comment

餃子とは違うと思うけどなーーー笑。
でも。快感なのは間違いないと思う!!!
私であの快感だから、bonちゃんは脳から流れるね、間違いないね!!!
ありがとう!
なんか、人生で一個確実に楽しみが増えた気がする!!!
いろいろと教わってる。感謝!
  • 2008/10/09 19:51
  • ちいたん
  • URL
  • Edit
■ちいたん
いや、餃子なんだって。(笑
昨日の夜、中島らものエッセイを読んでいたら、いい表現があった。
「アイデアのしっぽ」
アイデアのしっぽのようなものが視界を通り過ぎたので、
そいつをグイッと掴んで、ズルズル引き寄せる
・・・というような表現だったんだけれど、そのとおり!本当にそういう感じね。
ま、餃子でもあるんだが。(笑
  • 2008/10/10 15:07
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。