お菓子に挑戦

  • Day:2008.10.10 12:02
  • Cat:厨房
10月10日 (金)   晴れ

夜景 オリンピック
<五輪>

アメリカで始まった金融危機のお陰で、世界中が大変なことになってます。アメリカってのは本当にさ、困った存在ですよ。この大混乱の中、大統領選挙まで控えてるんだから、アメリカ国民には本当によーく考えてもらいたいわ。よーく考えて票を投じてほしいわ。頼んだよ、アメリカ人!

さて、今日は買ったばかりのケンちゃん(オーブントースター)でタルトなんか焼いてみようかなと思ってますの。んふ。

これが参考レシピ。
Cpicon 簡単美味しい!☆りんごヨーグルトタルト☆ by みるくとここあともも

タルトを焼くなんていいながら、タルト部分は既製のものですけれども。Keeblerの「Ready Crust」ってやつです。
以前、心の友である檸檬のお嬢さんが、レアチーズケーキみたいに焼かなくていいやつを作るときにこれを使っていたんですが、焼くレシピでも平気なのかしら・・・。ま、溶けるってこたぁないと思いますけれど。

タルト台の大きさが、ケンちゃんに入るギリギリのサイズ。なんだか奥の壁とドアにあたっている気がするけれど、大丈夫かな~?頑張れ、ケンちゃん。


<焼き始めて15分経過>
加減がよく分からないので、とりあえず天板は下段、ヒーターは両火にセット。
おお、なんだか焼けてきたぞ。生地の表面が乾いた感じになって、縁には焦げた色がついてきました。部屋中に、お菓子を焼いているときの甘ぁ~い香りが充満してとっても幸せ。
40分焼くとのことなので、単純に考えればケンちゃんのタイマー最長30分+追加10分なんだけれど、温度の加減がよく分からないので(レシピでは180度。ケンちゃんはそれよりも熱いと思われ)、様子を見ながらやるしかありません。
最終的には表面にこんがり色がつくほうが美味しそうなので、天板を上に移動して5分くらい上火で焼くと良いと思うんだけれど、さてどうなるかな。

<さらに10分経過>
むむ!どうやらヒーターの位置の関係で焼きむらが出来ている模様。ぐるっと90度回転させてみた。
このまま焼き続けると上が真っ黒コゲになりそうな感じもするので、ここで上のヒーターを切って下火のみにしてみた。これが吉と出るか凶と出るか。
ようするに中が生焼けになってさえいなければいいんだし、あんまり細かいことは気にしないことにしよう。(テキトーな性格発揮)

<残りあと5分>
む!タルト生地がずいぶん黒くなってるわ。食べられないくらい焦げてんのかしら・・・。
まあいいや。とりあえず中身が食べられれば良しってことにしよう。初めてだし。

チーン♪

焼けました!・・・いや、正確には、30分経ちました。
表面にはいい感じで色がついているけれども、もうちょっと濃いほうが好いのかなぁ?
それじゃ、天板を上に移動して、上火で5分弱やってみよう。油断して丸焦げにしないようにしなくちゃ。(よくやるので)

チーン♪

んむ。ま、こんなもんかな。
竹串を挿してみたらまだちょっとくっついてくるので、上段の下火であと10分やってみよ。

・・・あら?そういえば私、クッキーは何度も焼いたことがあるけれど、ケーキみたいなものを焼くのってこれが初めてかも。ロールケーキを作ろうと思ってスポンジを焼いたら膨らまなかったという記憶はある。でも、ケーキを焼いた覚えってないなぁ。じゃ、トースターの癖以前に、いろいろな加減がよく分からなくても当然か。

チーン♪
あ、さっきより黒い。

料理 リンゴタルト
<りんごヨーグルトタルトらしきもの>

竹串テストには、まだ少しくっついてくるけれど、これ以上焼くと黒焦げになりそうだからもういいや。
ちゃんと焼けたんだろうか・・・。許容範囲内だろうか・・・。

<食べてみた>
うん。ちょっと甘みが足らない気もするけれど、まあいいか?一応、中まできちんと焼けてはいたようだし。
タルトも、焦げたところは硬くてアレだったけれど、それ以外は合格。
次回は、お砂糖をもうちょっと増やして、ヒーターは下火メインでいこうと思う。


問題は殿だ。今日のデザートにはこれを出すつもりだけれど、さて彼はなんて言うでしょうね?文句言わずに食べるかなー?

Comment

お皿とフォークを用意して待ってまーす♥
  • 2008/10/10 18:31
  • がー子
  • URL
■がーこちゃん
がーこちゃん、なんかレシピ分けてくださいな。
待ってまぁ~す♪
  • 2008/10/10 18:38
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。