飲茶@夜上海

  • Day:2008.10.30 11:25
  • Cat:食房
10月30日 (木)   晴れ

夜景 尖沙咀 プロムナード
<プロムナード2階>

食べ物の話題が続いております。

手元にあった夜上海(尖沙咀店)のランチ20%割引券を消費するため、素敵奥様連盟に声をかけて飲茶を食べました。
連盟と言っても、いろいろと(友達が少ないとか、友達の数が限られているとか、友達の輪が小さいとか・・・いろいろ)事情があって、4人で集まっただけですけれども。
いや、もっと呼ぼうと思えば呼べたと思う。思うんだけれど、まあ皆さんお忙しいしですね、人数が多くなるとテーブルも大きくなってしまうので、皆でお喋りというよりも、隣近所の人とのお喋りに始終してしまうわけですよ。せっかく一緒に食事をするんだから、こうね、intimate(親密な、親しい、懇意な、親しみやすい、くつろげる・・・)なそういうアレがいいじゃないですか。ねぇ?

料理 燻卵料理 蝦餃
料理 担担麺料理 小龍包

で、こんなものを食べたわけです。左上から時計回りに、燻製卵(どうやら人気メニューらしい)、蝦餃、小龍包、担担麺。(写真はそれぞれ拡大できます)

でもね、飲茶といいましても、夜上海の飲茶メニューはそれほど多くはなくて、広東點心・上海點心とカテゴライズされたものがそれぞれ10種類くらいでしょうか。あとは、普通のおかず系のメニューがあります。お値段は、おおよそのものが50~70ドルくらい。高級レストランと思っていましたが、意外とお安い。
この日はこれ以外に蒜泥白肉、青瓜拌粉皮、四季豆、紅油炒手、咖喱鹹水角と、最初からテーブルに載っていた白菜のお漬物(甘酢)を食べて、満腹になりました。お会計は、20%割引で一人95ドル。大食の男性などがいなかったからこの値段ですんだんだとは思いますが、ランチなら思ったよりは気軽に利用できるかも。

どれも非常においしゅうございました。
小龍包にはすりおろしたようなショウガが入ったお酢がついてきましたが、このショウガをすりおろしでもOKとするか千切りを好むかは意見の別れるところだと思います。因みに、わたくしは千切り派です。

しかし「さすが!」と思ったのは、テーブルの上に塩や黒酢といった調味料のほかにごま油があって、さらには「XO醤」までが載っていたこと。このXO醤がまた美味しいんだなぁ。・・・しかし、わたくし恥ずかしながらXO醤を食べたのはこれが初めてでして、他のレストランなどのものとは比べようもありません。いずれにせよ、ここのは美味しかったです。
XO醤は、一瓶100ドルで売られてました。これも思ったよりも安いわ。因みにラー油(と思われるもの)は40ドルでした。

サービスはとても良くて、気持ち良く食事ができました。最初からテーブルに置いてあるレンゲは、女性の口にも入りやすい大きさ(小ささ)。〆の担担麺についてきたレンゲはそれよりは大きく、麺を食べるの(香港では、お箸で持ち上げた麺をレンゲで受けて口に運ぶのが一般的)とスープを飲むのに適した大きさでした。肌理(きめ)細やかな心遣い!
ただ、この小さい方のレンゲは、「小龍包は一口で食べる会」の熱心な会員であるわたくしが小龍包を載せて口に運ぶにはやや小さく(載せられるけれども、安定性と安全性にやや欠けると判断しました)、私は小龍包にはスープ用のスプーンを利用しました。
担担麺は、2つを4人で分けるように注文しましたら、最初から小さいお碗に分けてきてくれました。これも、その辺の麺屋さんでは無理な注文です。(比較する対象が間違ってるけれど)

美味しく、楽しく食事した後は、bonbon亭に移ってデザートを食べました。
この日のデザートは、リンゴの白ワインゼリーというようなもの。この数日前に赤ワインで同じものを作ったときには雑な作り方をしたためにきちんと固まらず、ズルズルと呑むことになりましたが、今回はもう少し丁寧にしたのでちょうど良い加減に固まりました。あー、良かった。友達を呼んで失敗デザートを出すわけにはいきませんからね。


最近、外出&美味しいものを食べる機会が増えてます。ほとんどは私が企画しているものではないので、非常に受動的な食欲の秋。
  1、先週の土曜日は「ちゅら」で殿の同僚と夕食のあとハーゲンダッツでデザート。
  2、明日の夜は殿関連のディナーでイタリアン。
  3、土曜日の夜は殿と共通の友人たちと食べきれないこと確実のBBQ。
  4、その翌週土曜日は、微笑期間中なのでバンコクでなんか食べてることでしょう。(と言っても、バンコクでは大戸屋かSubwayサンドイッチかまたは適当な洋食くらいしか食べませんけれど。タイ料理は食べない)
  5、その翌土曜日はまた殿関連のお出かけ(でも、ここではそんなに食べないと思われ)。
  6、残る二つの土曜日(11月の土曜日)のどちらかで、ビュッフェにも行かないといけない。

どうりでジーパンがきつくなるわけだわ・・・。

Comment

いいなー、「夜上海」の飲茶。
私も一度だけ行ったことあるけど(晩ご飯)、
すごぉ~く上品で、すごぉ~くおいしかった。
(会社関係だったの)
でね、やっぱりXO醤がおいしかったので買って帰りました。
結局使い切れなかったけど、ずいぶん長い間、
冷蔵庫にありましたw

今度、ぜひ飲茶に行きます(´∀`)ノ 
  • 2008/10/30 14:14
  • がぅ
  • URL
■がぅさん
夜はまた雰囲気が違って良さそうですね~。
あのXO醤は本当に美味しい!
飲茶、がぅさんも一緒に行けたらいいのにな。
お休み取る?(笑
  • 2008/10/30 14:53
  • bonbon
  • URL
  • Edit
いいなー、「夜上海」の飲茶。
僕も自分へのご褒美に一度だけ夜に行ったことあるけど(夜上海だからやっぱり夜行かないと!と思ったの) 暗くてすぐに眠くなった以外はとても上品でおいしかった。

今度、ぜひ会社関係で飲茶に行きます(`∞´)ノ 
  • 2008/10/30 16:13
  • hiro
  • URL
  • Edit
香港島側の夜上海に行ったことがあります。
スッゴイおおきい小龍包(せいろに一つしか入っていない)にストローをさして飲むもの、みたことありますか?
季節ものなのか周りの人がみんなそれを頼んでいました。
たくさん注文したあとに気がついたので私は食べてみなかったのですが、今でも何であのとき食べ切れなくてもいいから注文しなかったのだろうと時々思い出します。
あれ以来、行ってもいないし・・・・

bonbonさんは機会があれば是非食べてみて下さい。
  • 2008/10/30 17:03
  • joona
  • URL
  • Edit
■hiroさん
私はぜひ夜に行ってみたいです。やっぱ夜いかないとね。
昼上海じゃ雰囲気出ないしぃ~。
でも眠くなるほど照明暗いのはやだなー。(笑

■joonaさん
それって、太古城の中にある南翔小龍包とかナントカの
あれと同じものでしょうか?
アレは確かカニ関係で、海鮮と付き合わない私とは
縁のないものと認識してますが、
夜上海のは普通の小龍包(豚肉の)なんだろうか。
先日の夜上海のメニューには、それらしきものはありませんでした。
やはり季節モノなのかしら。
  • 2008/10/31 12:07
  • bonbon
  • URL
  • Edit
bonbonさんへ
南翔小龍包のあれっていうのはせいろに一つだけ肉まん大の小龍包がのっているのでしょうか?
中身までみていなかったので何ともいえませんが、もしかしたら中身が蟹の可能性がありますね。
お値段も高かった気がしますし。(だから追加オーダーしなかったのを覚えています)

あれは飲むだけで食べないものなのでしょうか。
熱い汁をストローで飲むのもかなり難儀な気がします。
  • 2008/10/31 12:50
  • joona
  • URL
■joonaさん
お店の名前、南翔饅頭店でした。
そうそう、それです。
名前がカニ関係だったと記憶しております。
Openriceによれば、「蟹黃灌湯包」とかなんとか。
太古城のはもう閉店しちゃったんですね。
飲み物・・・なんでしょうね、きっと。
ハッ!Σ(゚Д゚ )
ドリンクメニューにあったのか!?(んなわけない
皮が分厚すぎて美味しくない!と、どこかで読んだ覚えがあります。
  • 2008/10/31 13:29
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。