手を合わせますか?

  • Day:2005.03.10 18:09
  • Cat:本堂
3月10日 (木)   曇り

大手小町ってご存知ですか?特にそこの掲示板、「発言小町」ってご存知?女性では知っていらっしゃる方が多いと思いますけれど、まあいろんなお題があって、いろんな意見があって、読み始めると「止められない止まらない」状態に陥って気がつくと外が暗かったりするんです。いろいろな人の常識・非常識論が熱く戦わされる、ある意味大変勉強になる掲示板です。また、圧倒的に女性が多いことや、「小町節」というような言葉遣い(一見丁寧なんだけれどどうも不自然だったり)が多く、独特の世界です(それとも日本の主婦って一般的にはこういう感じなの?)。今日もそこを読んでいたのですが、今日は外が暗くなる前に止めることに成功しました。
今日気になったお題はこちら。 『「いただきます」する時、両手を合わせるの?

どうですか、皆さんします?私はしません。東京23区生まれの23区育ちですが、家でそう教わったこともないし、親戚にもそうしている人はいなかったし、保育園でも学童クラブでも小学校(以上、全て区立)でもやったことありません。友達の家に遊びに行ったりすると、たまにそういうことをしている人がいたけれど、飽くまで少数派でした。「いただきます」「ごちそうさま」の意味(お百姓さんはじめ、これらのものが食卓に上がるまでの過程に携わった人たち、料理してくれた人、さらに料理された動植物の命に対しての感謝の心を込める)は教えられたし、それに同意していますが、手は合わせないなぁ。たまにふざけて(特に日本人は挨拶のたびに手を合わせると思って疑わない外国人の前で)やることはあっても。因みに頭は下げます。外国人に説明する時にはその意味を説明して、中には手を合わせる人もいるという風に言います。
だから、これが「当たり前」とか「そうするもの」とか「日本の習慣」とか、それは「無作法」「本当に日本人?」なんて言われるとちょっとなぁ・・・と思うんだけれど。

中華圏ではない習慣だけれど、韓国語には「いただきます」「ごちそうさま」にあたる言葉がありますね(その心が同じかどうかは不明)。このへんの微妙な文化の違いは面白いけれど、東南アジアはどうなのかしら。フィリピンはカトリック教徒が多いから、食前の祈りがあったとしても、それは欧米と同じで今日も食べるものを与えてくれた神様に対する感謝の祈りだろうから、日本の「いただきます」とはちょっと違う気がする。タイは仏教国だけれどどうかしら。イスラム教国は、やっぱりアラーが絶対唯一の神様だから、食前の祈りがあったとしてもそれはアラーに対するものだろうなぁ。インドはどうだ?ヒンドゥーにはいろいろな神様がいるけれども。各国の原住民族はどうだ?

こうやって考えると、やっぱり自然と宗教に関わってくるから面白いと思いませんか。発言小町では「宗教的行為ではない」という人が結構いるけれど、人間をその他の動物と違う生き物にしている「文明的」な行動の裏には、大体いつも宗教があるんじゃないのかしら。食事をとることは本能だけれど、そこにこういう作法が生まれるし、性欲も本能だけれど、「正常位」っていうその他哺乳類にはあまり見かけられない体位が生まれるし。歴史と宗教と文化って切り離せないものですな。

で、どうです?皆さん、手を合わせますか?
ところで、発言小町には熱い常識非常識討論以外にも
キャンディの仕事はどうなるの?
ゴキブリの生命力ってそんなにすさまじいのでしょうか?
なんていう、ほのぼのとしたものも多数あります。

Comment

両親も東京生まれ東京育ち無宗教。

手を合わせないなぁ。頭は軽く下げます。手を合わせる人を見ても別に変だとも思わないけれど。会社でそうやって食べる人もそういえばいたね。宗教というよりはマナーでしょうね。
(どちらが正しいのかはわからないけれど)

でもお箸を手に挟みながら合掌するのはどうかなぁ・・・と思う。それこそはしたないのでは?

「いただきます」って命をいただく・・・の?矢張りそこは食事をいただきます、のいただきますだと思ってたよ。

学校では・・・記憶が確かなら、小学校で手を膝の上にって言われていたような。合掌は教わってないわねぇ。

大手小町は読み始めると長いねぇ・・・。疲れた。確かに日本語変だし。「魂胆はありません」って・・・誰も何か企んでるとは思ってないのに、とかね。
あらら、けりの小学校では給食係さんが
「合掌、いたぁだきまぁ~す」
と号令をかけていましたよ。

・・・いなかだからかなぁ??
大阪生まれの大阪育ち、
ご飯の前には、家では必ず、両手を合わせて「いただきます。」「ごちそうさまでした。」と言っていました。が学校では、と思い出そうとしましたが、とてつもなく古い話で、思い出せませんでした。
今でも、私は、ご飯のまえに、「いただきます。」「ごちそうさまでした。」と、両手を合わせていますが、子供達は、手を合わせていないような。
子供だけクリスチャンなんで、ご飯の前に1人で頭を下げて、何かお祈りはしていますが。
(マックでも、どこでも、しています。)
手を合わすように、教えなかった事に、今頃気がつきました。遅すぎる!
子供は、親を見ては、育ってなかった。
  • 2005/03/11 10:44
  • ゆり
  • URL
■檸檬ちゃん、
しないよねぇ。日本各地の人間が集まっていた学校でも見なかったよねぇ(そういうことはしない家庭の子供が集まる学校だったのか?)。
マナーかなぁ。ただの習慣の差?
>「いただきます」って命をいただく・・・の?
私はそう教わったのよ。食物はもともと命でしょう、と。人間に対してはこれらの食物に感謝しますの意味なんだけれど、食物そのものに対しては、命を頂戴します、って二つの意味があるんだと。

■けりさん、
けりさんも合わせる派ね。
多分、都会とか田舎とか、地域性のあるものでもないような気がするのです。年代も関係ないみたいだし。やっぱり習慣の差なのかしらねぇ。

■ゆりさん、
先日は、新しい麺屋さんを教えていただいて、どうもありがとうございます。
ゆりさんも合わせる派かぁ。お子さんは、どうだろう。香港での生活の方が長いんでしたっけ?だとしたら、周りにそうする人の数が圧倒的に少ないのが影響したのかもしれませんね。

【まとめ】(たった3人の意見で?)
日本人の7人に4人くらいが手を合わせる。
え~、…分数を小数に直すには、分子÷分母?ホント?(算数やり直し)
4÷7=0.5714285・・・なので、
日本の約60パーセントの人が手を合わせる。
  • 2005/03/11 18:09
  • bonbon
  • URL
  • Edit
4人目入れて(笑)

京都生まれの無宗教。

頂きますとご馳走さまの合掌、します。
今でも、過去も&外でも・・・。
あ、でもその時々の雰囲気で、今は外ではしない場合も多数。

でもって、家の中でダンナ殿が頂きますとご馳走さまに手を合わせないと『手を合わせなさい!』と説教してます。
因みにお百姓さんと動植物の命の説明もしたことあります(笑)
ついでに、作り手への感謝の気持ちもね(笑)
多分、これってウチの実家もだけれど、
ダンナ殿の実家も手を合わせる習慣なので、
さほど気にしたことありませんでした。
でも勿論、それ(手を合わせること)が常識とも思いませんが…。
あくまでウチは『する』というレベルですな(笑)
お久しぶりです♪
こちら九州女ですが、しますよ~。
「いただきます」&「ごちそうさまでした」の合掌。
親がうるさかったし小学校の給食時間にも
当然のようにやらされていたような記憶が・・・。
子供の頃からやっていたのであまり深く考えたことありませんでしたが「お百姓さんに感謝する」って教わったような。。。これまた曖昧だわ。

旦那はもちろん外人なのでしませんし旦那の親戚関連には不思議がられますけど
今でもやってますねぇ。。。合掌は省略するときもありますがね、もうただの癖かなぁ。
東京生まれ育ち、両輪ともに江戸っ子でやんす。
親に手を合わせて「いただきます」をするようにうるさく言われたことはないなあ。

親に電話した時に聞いてみたら、やはり親には言われなかったと思う・・・との答えの後、学校でやらされた言ってました。

手を合わせ、親指と人差し指の間に箸を載せ、「箸取らば天地御世の御恵み(あめつちみよのおんめぐみ)・・・この後が記憶があやふや・・・兵隊さんありがとうございます。いただきます」と言ってたそうですわ。戦争中ですからね。

検索したら、『箸取らば天地御代の御めぐみ父母や主人の恩を味はへ』という句が、出典安達『先哲教訓集』として新渡戸稲造の全集にも紹介されているようです。これがオリジナルかな。

で、この和歌の下の句が「君と親との御恩味わへ」というのも見つけたのだ。つまりまあ戦時中で天皇崇拝のときだから、神道の精神で子供に言わせ始めたのでしょうねぇ。

話は逸れましたが、今の私自身はけっこう手を合わせることあるし、ひざに手を置いて頭を軽く下げることもあるな。きっちり決まっていません。

息子は学校で「手を合わせましょ、いただきますっ!」とやってるようだ。インターナショナルスクールなのに。

書いてるうちに長くなっちゃった。ごめんにょ。
サンプル数が増えたっ!(喜

■がー子ちゃん、
それはさ、学校でもやってました?周りの人もみんなやってた?
とりあえず、がー子ちゃんと旦那さまのおうちは合わせる派ね。

■chicさん、
九州のchicさんも合わせる派。さらに、学校でもやっていた、と。
ところで、全然関係ありませんが、九州っていうと温泉地区ですか?雪の露天風呂に入りたいなぁ。

■ちょいさん、(長文コメント大歓迎です)
てやんでい!江戸っ子ですね。ちょいさんの親戚も、ずっと江戸っ子なんですよね。まあ、電話で質問までしていただいて恐縮です。家庭での習慣ではなく、学校でということ、興味深いです。戦時中の天皇崇拝・「神道」の関係…なるほど。
ところでちょいさんご自身は、合わせたり合わせなかったり、と。ただ家でそう躾けられた覚えはないのですね。ふむ。

息子さんの学校は、それが「日本らしい」と考えてのことでしょうかね。


【まとめ】 (また?)
東京では合わせない傾向にある。(ただし、東京に移住したばかりの家庭はこの限りではない、はず)
しかし、戦争中の教育という興味深い症例も出されたことから、この行為が国家神道に結びつく可能性もあり、このことに対する反発心から戦後子供をそう躾けなかった家庭も中にはあるものと推測する。天皇が政治の頂点にあった帝国時代の名残か。それ以前よりの慣習が帝国政府に利用されただけという可能性も否めない。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2005/03/19 02:05
検索していたらここの記事にたどり着きました。
私は今まで、幼い頃からずっと手をあわせてから物を食べてきているので
すごく驚きました^▽^
(ちなみに愛媛県です)
合わせない地域もあるんですね!
  • 2009/09/06 15:46
  • ゆか
  • URL
  • Edit
■ゆかさん、歓迎光臨☆
bonbon堂へようこそ~!

そうですね、手を合わせないという家庭も少なくないと思います。
地域性もあるかもしれませんが、
結局は、各家庭ごとの習慣の差なんじゃないかと思います。
  • 2009/09/08 17:41
  • bonbon
  • URL
  • Edit
韓国のいただきます、ごちそうさまは
たくさん食べます、たくさん食べましたの意かな。
日本のいただきますって意味が深くてやはり独特の文句だとおもいます。
インドは食前、食後に特に決まった言葉はありませんが神さまに捧げるお祈りみたいのはあるようです。
  • 2009/09/15 14:04
  • キン子
  • URL
■キン子ちゃん
つぁるもっけすむにだー!(いただきます)
つぁるもごっそよ。(ごちそうさま)
・・・だっけ?
キリスト教なんかでもご飯の前は確か神様に感謝するお祈りだよね?
感謝する対象に差はあれど、日本の「いただきます」も、
お祈りが非常に短くなったもの・・・とも考えられるかな。
  • 2009/09/15 14:21
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。