さらば!2008年

12月31日 (水)   曇り   寒いねぇ~

切手
<微笑国から届きました>

やぁやぁ、みなさん。ごきげんよう。今日で2008年も終わりです。早いもんだわねぇ~。

うちは毎年、大晦日は外食なので、昨日の夜ごはんを晦日の蕎麦にしました。ま、日本にいても年越し蕎麦なんか滅多に食べませんけれど。
海外在住でも、日本人の(特に主婦の)皆様は、おせち料理の仕込みに忙しくしていらっしゃるようですが、私はおせち料理にちっとも魅力を感じない人間のため、これもなし。日本でも、兄弟の誰もお節が好きじゃないので、母がおせち料理を作っていたのは私たちが小さい頃だけで、成長してからは、お正月っぽい食べ物はお雑煮のみ。他の人はもちろんお餅も食べてましたが、私は餅が嫌いなので、お雑煮だけ美味しくありがたくいただきます。

餅を食べないとなると、「ええー!それじゃ、お雑煮が寂しくない?汁だけ飲むの?」なんて訊かれることがあるんですけれどもね、うちのお雑煮はいろいろ入っているもんですから、お餅なんかがなくたってきちんと成立するんですの。

何が入っているかというと、
 ・ニンジン
 ・大根
 ・小松菜
 ・鶏肉
 ・八つ頭(里芋)
ですのよ。因みに、スープは出汁と醤油と塩です。


ね?これだけでも充分でしょ?
「餅なしじゃ、飲むのは汁だけ?」なんて質問をする人の家のお雑煮は、きっとあんまり具の入っていないものなんでしょうな。

お雑煮ってのは、本当に地方色豊かなもののようで、「お国自慢のお雑煮図鑑 2008~09年」を見てみると、本当にいろいろとあることがよく分かります。

これによれば、うちのお雑煮は昔ながらの江戸風に近いものですね。江戸っ子の祖母から母が受け継いだお雑煮なので、それも当然といえるでしょう。
父方の祖父母宅のお雑煮というものをよく覚えていませんが、あちらもここ数代は東京(山の手方面だけれど)なので、大して変わらないものが入っていると思います。小さい頃あちらでお雑煮を食べて違和感を持った覚えもないですし。

おせち料理はいろいろと手間がかかるので仕方がないとしても、お雑煮っていうのはどうしてお正月にしか登場しないんでしょうね。そんなに手間のかかる料理とも思えませんが。
香港で作ろうと思うと、大根・ニンジン・鶏肉は安く手に入りますが、小松菜は高級品なので、なんというか特別なときのお料理という位置にもなりそうです。まさに、お正月料理に相応しい一品。でも、日本だったらどれも季節を問わずに普通に手に入るのにねー?どうして普段は作らないんでしょう?
私はお雑煮が好きなので一度母に訊いてみたことがありますが、「そうねー。お正月じゃないとお雑煮作ろう!っていう気分にならないからかな」なんていう、非常に中途半端な答えで、ちっとも納得できませんでした。どうしてお雑煮を作ろうという気にならないのか、そこんところをもうちょっと分析してほしかったのにな。


料理 カブ 漬物
<赤カブの漬物>

ところで、有機野菜市場で赤カブを買ったので、半分はスープに入れ、残りの半分は漬物にしてみることにしました。漬け汁が全然足りてないじゃないか!と思われる方もいるかもしれませんが、私が参考にしたレシピによれば、カブからだんだんと水分が出るので問題ないはずなんだそうです。是非、そう願いたい。
紅白でめでたいし、お正月にこじつけられないこともないかも・・・なんて思ったんですが、最低でも5日くらいはつけておかないとできないらしいので、食べられる頃には三が日が明けてます。ま、アレだ。松の内は明けてないからいっか。
おせちに興味はないんですが、やっぱり正月にはなんだかめでたいものを食べたくなるものなのです。日本人だからでしょうか。


こんなことを書いていたら、やっぱりお雑煮も食べたくなってきました。つくろっかな・・・。


bonbon堂を読んでくださった皆さん、友人の皆さん、その他この一年の間に私に少しでも関わってくだすった皆さん、どうもありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

Comment

さよなら△また来て□。うちのお雑煮もBonBon嬢宅と同じようなものでした。金沢でも同じようなものでした。そしてお餅は□でした。

  • 2008/12/31 12:02
  • 馬迷
  • URL
  • Edit
かろうじて3番目のカテゴリーに入れていただけそうなので、こちらこそ今年半年お世話になりました。この約半年、皆様のおかげでいろんな経験をさせていただきS字フックを授与されるまでに香港経験値を高めることができました。
そしてその集大成といっても過言ではない今年度最後の初体験、私、本日、生まれて初めて「お節料理」を作成しております。香港経験値というよりも人生経験値が上がってる気分です。
今まで毎年お店に食べに行ってた年越しそばも用意致しました。

では、bonbonさんもどうぞ良いお年をお迎えくださいませ。来年も何卒よろしくお願い申し上げます。
  • 2008/12/31 15:38
  • 写真を撮らない写真部部員
  • URL
  • Edit
私も今年はこちらで、
bonbonさんらしい文章&写真を楽しませて頂きました。
どうもありがとう!
来年もどうぞよろしく。
楽しい年越しを!
  • 2008/12/31 17:55
  • shell
  • URL
  • Edit
■馬迷さん
地域や家によっていろいろで、
同じ名前なのに全く違ったものになるという点が
とても面白く思われます。
お餅は、西日本が丸いんでしたっけね。

■写真部部員さん
なに言ってるんですか。カテゴリー2に入りましてよ。
いろいろとお付き合いいただき、またお世話になりました。
来年もまた、どうぞよろしく。期待してますよ。
御節は美味しくできたかなぁ~?

■shellさん
楽しんでいただけたとは光栄です。
お引越し、大変そうですが、くじけずに頑張って!(笑
こちらこそ、来年もまたどうぞよろしくお願いします。
  • 2008/12/31 18:37
  • bonbon
  • URL
  • Edit
今年もいろいろお世話になりました。
bonちゃんには毎年お世話になりっぱなしですね
来年もお願いいたします(゚∀゚)イヒ
  • 2008/12/31 20:50
  • うらら
  • URL
  • Edit
今年一年、こちらを楽しませて頂きました

我が家のお雑煮にはbonbonさんちのものに、かまぼこ(紅白)がプラスされていました。
もちろん、四角い焼き餅をいれます。これを焼くのが私の役目で、家族みんなに何個食べるか聞いて回ったことを思い出しました。

わたしもお雑煮もお餅は得意ではありません。
磯辺の方がおいしいな。

bonbonさん、良いお年をお迎え下さい。
  • 2008/12/31 23:39
  • joona
  • URL
  • Edit
■うららさん
こちらこそ、大変お世話になりっぱなしでした。
また今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

■joonaさん
私こそ、joonaさんのブログの更新を楽しみにしていました。
ああー、かまぼこ。そうですね。
確かに、入っているのも見かけます。
私は、餅は焼いても煮ても好きになれませんが、
やっぱりお餅の焼ける香りがすると、お正月という気になります。
  • 2009/01/01 17:44
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。