FCC

  • Day:2009.01.06 11:56
  • Cat:本堂
1月6日 (火)   晴れ

夜 風景 油麻地
<果物卸市場>

大きめカップさんたちにはよくある話ですが、私も御多分に漏れずカタコリータです。
おブラジャのデザインによっても、肩がこるものをそうじゃないものもあるような気がします。私の場合、ストラップをホルターネックにするとえらく肩がこります。ま、当たり前だろうけれども。
それで、ホルターネックじゃなかったんですけれど、昨日は何故だかすっごく肩がこってました。
肩こりの原因には、体型や下着だけじゃなくて、気候とか、姿勢とか、目の疲れとかいろいろあると思うんですが、昨日のはなんだったんだろ。昨日は首のこりもひどかったので、寝方が悪かったのかしら。
私は髪の量が豊富で重いので、疲れているときなどは髪形が肩や首のこりの原因になっているっぽいこともあります。ポニーテールやシニヨンが特にそうです。因みに、昨日はポニーテールでした。

さらにジャスコでいろいろ買い物して、5kg以上はあろうかという買い物袋を肩から提げたりしたので、よけいひどくなりました。
お風呂であたたまってみましたが、まだ痛い。やっぱりサウナに入るべきだったのかしら。
結局、タイガーバームの温湿布を首から肩にかけて「人」の字型に貼り付けて寝ることにしました。ちょっとは楽になった・・・気がします。

首に「人」型の湿布を貼ると全く若々しさがなくなりますが、いつまでもこうしているわけにはいきません。なぜなら、今日は中環のFCCで人に会う約束があるから。

FCCとは外国人記者クラブ(Foreign Correspondents' Club)のことです。中環の坂の上、Fringe Clubの隣というか後ろというか前というか・・・という位置にあります。私自身は会員ではないのでときどき行くくらいですが、中はとっても雰囲気が良く、スタッフも大方は気持ちの良い人ばかりです。
あ、本をただせば本当に外国人記者のクラブだったので名前が「記者クラブ」なんてなってますが、今は普通の会員制クラブ。お金を払えば会員になれます。

それほどドレスアップしないと行けないような場所ではありませんが、素敵な場所なので、わたくしのヘナチョコ普段着で行くのはちょっと躊躇されます。日本人の基準で普通~ちょっとおめかしくらいの服装で問題ありません。ただ、私の香港での普段着ではちょっと・・・えーっと、カジュアルすぎ?お気楽すぎ?力抜けすぎ?

そういうわけで、今日はちょっとおめかししないといけないのですが、ここで問題なるのが靴です。

今日は殿と一緒に行くんですが、彼と一緒だと、FCCへ行くのに心臓破りの階段を上らないといけません。ちょうどFCCの横って言うか裏にある階段なんですが、これがすごい急勾配!日ごろ空前の運動不足である私は、この階段を上りきったところでもうフラフラ。星が飛ぶことさえあります。
ここを迂回することももちろんできますが、この階段を上がるのが距離的には一番短いため、私が迂回を促しても殿は頑として譲りません。

この階段を上るのは、まあどんな靴でも大体問題ありませんが、問題は下り。急勾配な上、段の幅が狭いので、ヒールだと難しいのです。編み上げブーツはこうかなと思ったけれど、ブーツは足首の動きが制限されるので、もっと大変です。かといって、運動靴では服装とのバランスが取れない。

困ったわぁ。

あまり高さのないヒールで行くことにしましょうかね。・・・となると、さて何を着たら良いものやら・・・。
Ah! I've got nothing to wear!!・・・と、ギッチギチに洋服の詰まったクローゼットの前で嘆くのが正しい乙女と言えるでしょう。

Comment

Oh! then you dont really have to wear anything but the high heels!・・・と、精一杯の笑顔でささやくのが正しい中年おやでぃと言えるでしょう。

うんっ よくできました (`∞´)b
  • 2009/01/06 13:29
  • hiro
  • URL
  • Edit
■hiroさん
さすがはhiroさん、新年に相応しく含蓄のあるお言葉・・・。(涙
それじゃ、殿はけっこう正しい中年おやでぃだということが
分かりました。
  • 2009/01/06 14:14
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。