某所のミケさん

1月29日 (木)   晴れ

猫 ねこ ネコ ミケ
<わたし、ミケです>

お正月の三が日中はえらく寒かった香港ですが、初四(旧暦で、毎月最初の10日間は初○となるようであります)の今日はやや寒さが緩みました。来週も、暖かなようです。好き(よき)かな。

ところで、先日行ったネコ村にいたこのミケ子さん。人懐っこいくせに、背中を撫でるとかむという、むずかしいお人柄でした。

猫 ねこ ネコ ミケ
<その黒いの、美味しいのかしら?>

カメラのレンズに向かって突進してくるミケ子さん。ちょっと止まってポーズでもとってくれると嬉しいんですがね、動きっぱなしでちっともピントが合いません。それに近づきすぎでもピントが合いませんのよ。それじゃちょっと離れて・・・と思うと、また近寄ってくるし。ミケ子、じっとしててぇー!

彼女の定位置は、どうやらこのお宅前らしいんですが、ここで飼われてるんじゃないみたいなのね。撮影中にこのおうちのおばあさんが帰っていらしたんだけれど、ミケ子を「あら、いるのね」って風に見ただけで、話しかけるでもなく、撫でるでもなく。
それでもじっとこの家の前にたたずんでいるってことは、ミケ子にとってはやっぱりそれなりのアガリがあるからなんでしょう。ご飯もらってるのかな?それとも、おばあさんの反応が薄かっただけで、やっぱりここで飼われているのかしら?

隈取がちょっと迫力ですが、前述のとおり人懐っこい性格。ただ、背中・・・腰の辺り?をなでると、かみます。ま、かむといっても歯を立てるほどではないので、怪我はしませんが。

可愛がられているのか、けっこう人間が好きなようで、この日は、私がこの子の姿を見る前から(この子は多分、匂いとか、足音か気配くらいしか感じていなかったと思う)「に゛ゃ~、に゛ゃ~・・・」と鳴いてました。
身体も小柄だし人懐っこいし、可愛いんですが、すごいダミ声。目が覚めるようなだみ声です。


猫 ねこ ネコ ミケ
<ごろーん♪>

何が楽しかったのか、突然ゴロゴロしだしたミケ子さん。きゃわいいっ!このあとまたスタッと立ち上がって、突進してきましたけれど。お腹が空いていたんでしょうかしら?ゴロゴロ芸を見せたので、褒美に餌をくれと、そういうアピールだったのかな?

ところで、この村にいた猫は、耳カットされていない方が多かったように思います。増えるぞぉ~と思っていたら、案の定、親子連れ目撃。子猫は可愛いですけれど(写真は後日)、野良が増えるのはあんまり好ましくないんじゃなかろうか。それとも飼い猫?

もうひとつ気になるのが、こうやって写真を撮りに行ったときなんかに餌を与えて良いものかどうかという点です。
私としては餌をやりたい。猫好きだから。
でも、そこに住んでいる人たちにとってはどうなんでしょうか。猫が苦手な人もいるだろうし、野良猫が住み着いちゃって迷惑してる人も中にはいないとも限らないし。だって、植え込みとかトイレにされちゃうと臭いですからね。ほら、あのー、「ハトに餌を与えないでください」ってのと同じようなね、そういうアレなのかな?と思わないでもないというわけです。
あと、餌はOKにしても、その餌をどこでやるかってのも気をつけないといけないのかな・・・?とか。餌をもらえる場所って覚えちゃうと、そこに集まるようになるだろうから、そうするとやっぱり、やたらな場所でやるとその付近の家の人たちに迷惑がかかることにならないだろうか・・・なんてね、思うわけです。
ま、こうやって猫がたくさん住み着いているような場所では、きっと誰かしら餌をあげているのだろうから、そんなに気にすることはないのかもしれませんけれども。ラマ島のネコなんか、みんな餌をもらってるみたいで、けっこう栄養状態の良さそうな身体つきしてますしねぇ。

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。